Wコラム インタビュー

【イベントレポ】韓国ミュージカル俳優キム・ジュンヒョン&LEO(VIXX)、「韓流ぴあPresents K-Musical Cinema MATAHARI Special ~上映会&トークイベント~」開催

EMKミュージカルカンパニーが15億円の制作費を投じて作った韓国オリジナルミュージカル「マタ・ハリ」は、第一次大戦時、仏独の2重スパイ容疑にかけられ波乱の人生を送った美女マタ・ハリを描いた作品。第5回イェグリンミュージカルアワードで最高作品賞を含む3冠を達成し、2016年の初演、2017年の再演あわせて累計約20万人も動員した大作。今回は初演・再演で共演したラドゥ大佐役のキム・ジュンヒョンとアルマン役のLEO(VIXX)を迎え、6月23日(日)、東京・メルパルクホール東京にて「韓流ぴあPresents K-Musical Cinema MATAHARI Special ~上映会&トークイベント~」が開催された。

 キム・ジュンヒョンは元劇団四季にして、現在は韓国ミュージカル界を支える重鎮。魅惑的かつ色気がほとばしる中低音ヴォイスは常に舞台を圧倒することで有名で、その実力はここ日本でのソロコンサートでも実証されている。一方、K-POP界を代表するボーイズグループ「VIXX」のメインボーカリストとして活躍するLEOは、耽美的なヴィジュアルと、繊細かつエモーショナルな歌唱力が他のアーティストとは一線を画す存在で、近年の大型ミュージカル出演に繋がっている。

 まずは2017年上演時の収録映像を約2時間30分上映。俳優陣の気迫ある演技は見るものを圧倒し、観客たちは作品の世界観へとのめり込んでいった。上映終了後、キム・ジュンヒョンとLEOがステージに登場し、トークイベントが行われた。


Q.本日はミュージカル「マタ・ハリ」で共演したお2人でイベントを開催するということですがいかがですか? 

キム・ジュンヒョン:LEOさんとは「マタ・ハリ」と「ザ・ラストキス~皇太子ルドルフ~」の2作品で共演しました。こういったイベントは初めてですが、愛する弟と一緒にできる機会があるのはとても幸せです。
LEO:ミュージカルイベントは初めてなので心配もありました。でも、大好きなお兄さんと一緒にできるということで力ももらえましたし、心配も少なくなりました。


Q.「マタ・ハリ」はご自身にとってどんな作品でしょうか。また、それぞれの役作りについても教えてください。

キム・ジュンヒョン:創作ミュージカルでしたので不安な部分もありましたが、みんなで力を合わせて良い作品を作ろうと臨んだ作品でした。ラドゥという役は、アルマンに対する嫉妬だけで行動しているように見えてしまうかもしれませんが、単純に嫉妬心だけではなく、国のためにという気持ちも込めて演じるように気を付けました。アルマンのことも決して嫌いなわけではなく、大事な後輩ではあるけどそうするしかなかったという正当性をみせたかったです。
LEO:このような大作に出るのは初めてだったので心配もたくさんありましたが、先輩のみなさんが色々教えてくれたので成長することができたと思います。具体的には、舞台上での歩き方を教えてもらいました。歩き方やポーズにどうしても歌手のLEOっぽさが出てしまうということで歩き方からマナーなども色々教わりました。


Q.「マタ・ハリ」は初演と再演で違いがありましたよね。演じる側のお2人はどのように感じましたか? 

キム・ジュンヒョン:初演バージョンも好きですが、再演が決まったのもうれしかったです。ちょっとした構成や細かいディテールが変わりましたが、それも演出のひとつとして従いました。初演の時よりも発展した姿を見せられるように気を付けました。
LEO:僕は役の分析に忙しかったので、そういう細かいディテール部分はお兄さんたちが整えてくれました。演出家の方が「こうしてみたらどう? 」って言ったら、僕はお兄さんたちの顔を見るんです。そしたらお兄さんたちが来てくれて「こうしたらいいよ」って教えてくれるので僕はそれに従いました。



Q.1番共感したシーンや胸に迫ったシーンはありましたか? 

キム・ジュンヒョン:最後の裁判のシーンで「ラッパの音が消えたあと~」と歌う部分はとても複雑な感情なので記憶に残っています。あとは1幕の終わりにマタ・ハリとアルマンが「戦争が終わったら何がしたい? 」と話すところで、幸せを感じているマタ・ハリと幸せになりたいけどなれないアルマンの対比が悲しくもあり美しくもあるシーンだなと思います。
LEO:僕はラドゥという役がとても悲しく響きました。最初は祖国のためにマタ・ハリに接近しますが、段々マタ・ハリのことを好きになってしまうという姿が悲しいです。


Q.お互いの第一印象はいかがでしたか? 

LEO:最初はイケメンでかっこいいと思いましたが、歌声がとても低音なので、ちょっと近寄りにくい感じがしましたが、本当は誰よりも温かくて本当に素敵な人です。
キム・ジュンヒョン:自分の本当の姿というのは仲良くならないとわからないですよね。僕自身、最初は怖がられるんですけどLEOとはもうふざけあったりできるようになりました。


Q.お2人で話すときはどんな話題で盛り上がりますか? 

LEO:昨日リハーサル後、お兄さんとスタッフさんたちとビールを飲みましたが、仕事の話ではなく日常会話を色々話しましたね。
キム・ジュンヒョン:昨日はビール1本だったので幸いです。それ以上飲んでいたら今日ここにはいなかったです(笑)


Q.お二人が考えるミュージカルの魅力を教えてください。

キム・ジュンヒョン:やはり歌ですね。ミュージカルは演技をする時間・場所が十分にあるわけではなく、その短い時間の中で演技する、そしてそこで伝えきれないことを歌で表現するわけですから、真心込めて歌うことが大事だと思います。細かい表現も必要になってきて、そのことを考えると夜眠れなくなることもありますが、そういうところもミュージカルの魅力だと思います。
LEO:僕は“他の人の人生を生きられる”ということではないかと思います。今までは死んでしまう役や父親が死んでしまう役などばかりでしたが、そういう極端な役で喜怒哀楽を伝えることが出来るということがミュージカルの魅力だと思います。


Q.ミュージカルの先輩としてジュンヒョンさんが今後LEOさんに薦めたい役はありますか? LEOさんは今後やってみたい役はありますか? 

キム・ジュンヒョン:役というよりもインパクトのあるキャラクターを演じたほうがLEOの魅力を伝えられるのではないかと思います。例えば「エリザベート」のトートや「デスノート」のLとか、そういうキャラクターが確立しているものがいいと思います。
LEO:挑戦してみたい作品はたくさんありますが、まずはお兄さんが出演した作品で観ていないものを観たいと思います。


Q.ジュンヒョンさんは新作ミュージカル、さらにドラマにも挑戦するそうですが、ドラマ出演のきっかけは? 

キム・ジュンヒョン:知人の推薦でオーディションを受けました。舞台とは違って技術的な面などで苦労もしましたが勉強になりました。


Q.LEOさんは何か新しく挑戦したいことはありますか? 

LEO:挑戦はずっと続けていきたいと思いますし、今やっていることをさらに突き詰めていきたいと思います。



 ステージを去る際、お互いの腰に手を回しながら歩いていくほど仲の良いキム・ジュンヒョンとLEO。舞台は稽古から本番まで数か月間を共にするため、お互いに絆が生まれ、より良い信頼関係を築けるのだと感じた。これから韓国ミュージカル界を担っていく2人の今後の活躍に期待したい。

2018/07/06 20:49入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.