Wコラム インタビュー

【公演レポ】ナム・テヒョン率いる「South Club」、日本でのステージはいつも幸せ! 初の日本ツアー開催

コメント

2018/06/25 18:30配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

6月23日(土)東京・新宿ロフトにて、ナム・テヒョン率いるバンド「South Club」の初日本ツアー「South Club JAPAN 1st TOUR 2018 -夏の思い出-」が開催された。

【画像】「South Club JAPAN 1st TOUR 2018 -夏の思い出-」

 K-POPグループ「WINNER」での活動を経て、ソロとしてアーティスト活動をスタートしたナム・テヒョンが、2017年に結成したバンド「South Club」。バンドのリーダーかつ、ボーカルのナム・テヒョンは、作詞、作曲、プロデューシングに加え、ビジュアルアート、ミュージックビデオ制作にも参加し、独自の感性でクリエイターとしての才能を見せ、多くの注目を集めている。

 2018年4月に行われたヨーロッパツアーに続き、大阪・名古屋・東京を巡る待望の日本ツアーを開催。日本ツアーではナム・テヒョンが、長い間応援してくれている日本のファンに近くで感謝の気持ちを伝えたいという思いから、終演後にハイタッチ会も実施された。

 たくさんのファンが詰めかけ満員となった会場、オープニングは「See you」から始まり幕開けを知らせた。ボーダーのロングTシャツにデニムとカジュアルな装いのナム・テヒョンが登場し、「Dirty House」がスタートするとファンたちのテンションもアップ。開始早々会場は熱い盛り上がりを見せた。

 ナム・テヒョンを呼ぶファンの声に笑顔で振り返り、ギターを持つと次の「Grown Up」へ。哀愁のあるハスキーな歌声で観客を魅了した。

 「こんばんは、本当にお久しぶりですね。ご飯食べた? 」と日本語で話し出すナム・テヒョン。ライブハウスならではの近い距離と観客の熱い反応に「本当にビックリした」と感心した様子を見せた。メンバー紹介をし、最後に自らも「僕はテヒョンです! 」とお辞儀すると、「『South Club』もっと頑張ります! 」とガッツポーズで意気込みを伝えた。

 「Blues of D」で「South Club」の世界観に引き込むと、「l Got the Blues」では、大きな声で盛り上がるファンに、ナム・テヒョンも思わず「すげぇ! 」と言葉を放った。「Blues of A」では、赤いライトに照らされながら歌声を響かせるナム・テヒョンに観客は酔いしれ、ゲックはギターソロで沸かした。

 会場には多くの男性ファンも集まり、「男性ファンが1番前にいらっしゃって、本当にエネルギーがすごい! 」とパワーを感じうれしそうな表情を見せるも、「僕は女の子ファンがいいです。…冗談です(笑)」と言い会場を笑わせた。日本語でも自己紹介をしたバンドメンバーたちにナム・テヒョンは、「メンバーたちが日本語の勉強をできるようにします。次のステージでは、メンバーたちも日本語でみなさんと話せるように! 」とさらなる上達を期待させ、「本当に幸せです。みなさんがもっと楽しんで遊んでくれるので、僕たちもドキドキです」と気持ちを伝えた。
「テヒョン~」と名前を呼ぶファンの声に笑顔で応えると、「Believe U」が始まった。

 ドラマ「リッチマン」のOST「Real Love」、ドラマ「20世紀少年少女」のOST「少年少女」と続き、優しく伸びやかに歌いあげ、心を晴れやかにした。ドラマ「ブラック」のOST「Take Me Out」では、ナム・テヒョンのソロステージとなり、スポットライトに照らされながら儚くも力強い歌声を響かせ、引き込まれるように観客はじっと耳を傾けた。「OSTは僕が作った曲じゃないから、歌うのが難しいです」としながらも、バンドとはまた違ったカラーを放つナム・テヒョンの歌声に、改めて魅力を感じる時間となった。

そっと語りかけるように始まった「NO」では、最後の「アンニョン」という歌詞を「さよなら」と日本語にアレンジ。日本語で伝える言葉に一層切なさを感じさせた。

 「みなさん、楽しんでますか? 僕たちも楽しいです」と呼びかけ、「うしろ! 左! 」と会場のファンに手を振り笑顔を見せるナム・テヒョン。それから「日本サッカー勝ったじゃないですか! おめでとうございます! 」とサッカートークで盛り上がり、「今日は韓国戦があるので、一緒に応援してくれるとうれしいです! 」とギターのゲックが言うと、ナム・テヒョンは「僕たちは…We are the world〜」と歌い出し、それに続いてファンも歌い会場が一体となる場面も。

 「Who Is This Song For? 」、「I.D.S」と続き、「Hug Me」では、一緒に歌うファンの姿を優しい微笑みで見渡した。ナム・テヒョンの「みなさんの顔が見たいです」との声で会場が明るくなると、そのまま「歌いながら古い記憶が思い出されます」と、「Hug Me」について語った。「日本でのステージはいつも幸せでした。僕たちもっと頑張るので、もっと多くの地域に出向きたいと思います。北海道も行きたいし、大阪は絶対行きたいです。福岡も行きたいし、あ、沖縄も! 僕は本当にみなさんが好きです。いつもありがとうございます。もっと多くの曲や活動で応えていきたいと思います。期待してください! 」と想いを伝えた。

 「OUTCAST」では、観客もジャンプしながら最高潮の盛り上がりに達し、最後は「LIAR」を熱唱。熱いステージを披露した。
アンコールではファンからのサプライズでハートの風船とスローガンが掲げられ、広がる光景に笑顔を見せた。ナム・テヒョンは「ペゴパ(お腹すいた)。でも、みなさんの愛があるから大丈夫です! 」と愛ある言葉を挟みながら、「The Beatles」の「Yer Bluse」を歌い上げ、「本当にありがとうございました。また会いましょう」と、ラストは「Hug Me」。会場は手を振り、歌い、一体となった。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.