Wコラム インタビュー

【会見レポ】ドラマ「愛の迷宮-トンネル-」主演 チェ・ジニョク、初のドラマファンミーティングを記念し来日記者会見開催

6月2日(土)東京・よみうりホールにて、チェ・ジニョク スペシャルデイ「愛の迷宮-トンネル-」ドラマ ファンミーティングイベントを開催。同日、ドラマファンミーティング開催を記念し、チェ・ジニョクの来日記者会見が行われた。

【画像】「愛の迷宮-トンネル-」ドラマファンミーティング開催記念会見

 除隊後約3年ぶりの復帰主演作となったドラマ「愛の迷宮-トンネル-」で、アジア中でブームを巻き起こし、“韓流トップスター”としての人気、実力を見せたチェ・ジニョク。

 日本で初のドラマファンミーティングでは、ドラマの魅力も感じられる工夫を凝らした演出に加え、歌やトークでファンを楽しませた。
記者会見には、DVDSETの会場購入者の中から抽選で当たった200名のファンも招待され、ファンが見守る中イベントの感想や今後の活動について語った。

 MC古家正亨の呼び込みにより、ジャケット姿のチェ・ジニョクが登場すると、「こんにちは。僕は『愛の迷宮-トンネル-』でパク・グァンホ役を演じましたチェ・ジニョクです。お会いできてうれしいです」とあいさつ。早速質疑応答に入った。


Q.ドラマファンミーティングを終えていかがでしたか? 

ドラマファンミーティングは初めての経験でした。「愛の迷宮-トンネル-」のプロモーションという意味もありますし、同時にファンのみなさんにお会いできる場でありますので、真心を込めて頑張りました。


Q.ドラマのヒットを受けてどう感じましたか? 

監督をはじめ、スタッフ、出演した俳優みんなが苦労し、本当に悩んで作りあげたドラマでもあります。そのおかげで結果が良いものになりましたし、視聴率も良かったと思いますので、僕にとっては感謝している、ありがたい作品です。


Q.これまで演じてきた都会的なスマートなキャラクターと、今回のように男らしい情に深いキャラクターだったら、どちらが自分に近いと思いますか? 

両方ともです(笑)。実際僕のことを冷たそうに見えるという方もたくさんいるが、実は茶目っ気もたくさんあるんです。グァンホは不正を見ると耐えられないキャラクターなのですが、その辺りが僕と似ています。


Q.ドラマでは、お見合いで一目惚れした人を一途に愛する役でしたが、自身は一目惚れするタイプですか? 

若かった頃は一目惚れをすることもありましたが、ある時から性格や、お互いどんなところ
が合うのか見るようになりました。相性がとても大事だと思います。


Q.ドラマでは30年後にタイムスリップしたが、10年後、20年後はどんなジニョンさんになってると思いますか? 

とても心の温かく、優しい夫であり父親になりたいです。


Q.最近、多くの韓国のヒットドラマが日本でリメイクされているが、日本でリメイクされることについてどうお考えですか? また日本リメイクされるとしたら、グァンホ役はどんな俳優に演じて欲しいですか? 

リメイクされたら本当にうれしいです。個人的に好きな俳優さんは、木村拓哉さん、堤真一さんなどがいらっしゃいますが、この役でしたら堤真一さんがすごく似合いそうな気がします。


Q.ドラマファンミーティングでファンと触れ合ってみていかがでしたか? 

日本の方にとって外国の人である僕を好きになってくれて、僕はドラマのプロモーションのために日本に来て、大勢の方が見に来てくださいました。少し体力的にキツイところもありますが、本当に心から感謝しています。こんな風に愛されるということは滅多にないことだと思います。


Q.もし自分の前に過去から来た人が現れたら、自分だったら素直に喜ぶと思いますか? それとも疑うと思いますか? 

僕だったら多分信じられないと思います。ドラマの台本でもあまりにも現実性のない表現だったら変えて、改めて準備して作っていきました。


Q.もし時空を超えられるとしたら、過去と未来どちらに行きたいですか? 

韓国のインタビューでもそうした質問を受けましたが、未来に行きたいです。残念だったと思う部分をもう一度探すために過去に行きたい気持ちもあるんですけど、未来に対して気になっているところのほうが多いので、選ぶとしたら未来に行きたいです。


Q.最後に今後の活動計画も含めて、日本のファンにメッセージをお願いします。

「愛の迷宮-トンネル-」は、誰が見てもわかりやすい刑事もので、みなさんの好奇心を刺激するような内容も込められていますし、タイムスリップという要素も入っています。そしてグァンホの愛する妻への思いも込められてるメロドラマも加味され、現実性も反映しながら作られた作品です。スタッフや俳優が一生懸命努力して、悩んでたくさんのものを詰め込んで作られたドラマですので、その点をみなさんにも感じ取ってもらえると信じています。そうして頑張って作った作品ですので、韓国でも視聴の方から愛されましたし、僕も誠意を持って演技をしました。スタッフや、俳優みんなの努力が報われた作品だと思います。見ていただけると、十分に楽しんでいただけると思います。今まで東京だけでファンミーティングをしてきましたが、地方の方にも会いたいと思い、日本でも本格的に僕の方から会いに行こうと思って、12月に大阪でのファンミーティングを計画しています。新しいドラマ「魔性の喜び」は、撮影の真っ最中なんですが、どの国の方が見ても楽しめるロマンチックコメディになる予定です。役柄は、昨日起こったことを忘れてしまうようなシンデレラ記憶障害を患っている財閥の役で、今は人気が落ちてしまった元トップ歌手の女性との恋の物語もあります。とても明るくて愉快な作品で、日本のみなさんにも気に入ってもらえるのではないかと思います。今日は来てくださって本当にありがとうございます。これからもみなさんの期待に応えられるような俳優になります。


 誠意のこもった言葉で日本のファンへメッセージを送り、フォトセッションではさわやかな笑顔を浮かべた。最後は集まったファンへ手を振りあいさつするのはもちろん、ステージから降り報道陣の近くまで行きあいさつをしたりと、礼儀正しく心遣いのある姿で、さらなる魅力を感じさせた。

2018/06/04 19:23入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.