Wコラム インタビュー

【イベントレポ】期待の実力派新人「TARGET」、スペシャルコンサート東京公演でファン魅了! 個性あふれるユニットステージではメンバーの肉体美もチラリ

次世代K-POPアイドルとして注目される7人組ボーイズグループ「TARGET」が、4月30日(月・祝)の札幌公演よりスタートした3都市を回る「WE ARE TARGET SPECIAL CONCERT」の東京公演を5月3日(木・祝)、豊洲PITにて開催した。

【画像】「WE ARE TARGET SPECIAL CONCERT」

 「TARGET」はリーダーのスルチャン、ジアイ、ゼス、ヒョン、ロイ、バウン、ウジンの7人で構成され、昨年12月「熱い思い」に日本デビューをした後、今年1月に 「Awake」にて韓国デビュー果たし、キュートで爽やかなルックスとシンクロダンス、オール日本語での軽快なトークで、着実にファン層を広げている。

 18時に開演した東京公演2部は、「TARGET」の韓国デビュー曲「Awake」でスタート。同曲は、ジアイとウジンがラップメイキングに参加し、彼らの持ち味である華やかなダンスパフォーマンスが際立つヒップホップダンスナンバー。1曲目からエネルギッシュに、キレキレのダンスパフォーマンスを見せるメンバーたちの姿に、ファンからは大歓声が上がり、一気に会場の熱気が高まった。

 でも、まだまだ物足りないメンバーたちは、全員であいさつした後、「皆さん、僕たち『TARGET』にもっと元気ちょうだい〜! 」と煽り、会場のテンションをさらにアップ! 自己紹介をした後も、ギャグを見せたり、ファンへの愛を叫んだりするなど元気よく盛り上げ、バウンはひょっこりはんの「ナイスひょっこり〜」を繰り出し、オープニングトークから楽しさ満載。

 さらに、フォトタイムが設けられ、メンバーたちは客席に向け、指ハートやピースサインなどさまざまなポーズを取って、ファンにスペシャルな時間をプレゼントした。

 その後も7人で披露した曲の他、それぞれの個性を生かしたユニットステージも圧巻だった。まず、スルチャン&ヒョンは甘い声で切ないバラード曲を熱唱。表現力豊かに歌い上げ、ファンをうっとりさせた。

 そんな2人とは対照的に、ジアイ&ゼス&バウンの3人はヒップホップナンバーをメドレーで披露し、ファンキーでノリノリな雰囲気を演出。会場はクラブにいるような一体感が生まれ、3人はその勢いで客席に降り、会場を回りながら、ファンと近い距離で接しさらに会場を熱狂させた。

2018/05/07 23:42入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.