Wコラム インタビュー

【会見レポ】「Wanna One」、JAPAN 1stファンイベントに先駆け日本初の記者会見に登壇! 新曲「BOOMERANG」の見どころは「男らしくて力強いパフォーマンス」

2018年を「Golden Age(黄金期)」と位置づけ、世界中で支持されているグローバルグループとして、“K-POP史上、歴史に残るグループ”に成長中の「Wanna One」。オリコン週間アルバムランキングで2位(4/9付)を記録した2ndミニアルバム「0+1=1(I PROMISE YOU)」の発売を記念し、4月12日(木)千葉・幕張メッセイベントホールにて、ついに日本初開催となるJAPAN 1st ファンイベントを開催し、約5000人の「Wannable」(ワナブル:「Wanna One」のファン)を熱狂させた。

【画像】「Wanna One」、JAPAN 1st ファンイベント開催記者会見

 また、イベントに先駆け、メンバーたちは日本初の合同記者会見に臨み、「0+1=1(I PROMISE YOU)」の見どころや日本の印象などについて語った。

 全員であいさつをした後、一人ずつ日本語で自己紹介をしていくメンバーたち。

「初めまして。こんにちは。ハ・ソンウンです。どうぞよろしくお願いします」
「こんにちは。パク・ジフンです」
「初めまして。私はカン・ダニエルです。よろしくお願いします」
「こんにちは。『Wanna One』です。(自分の名前を言い忘れたことに気付き)あ〜、すみません。緊張しています(笑)。イ・デフィです。よろしくお願いします」
「こんにちは。『Wanna One』のオン・ソンウです。よろしくお願いします」
「こんにちは。ユン・ジソンです。どうぞよろしくお願いします」
「初めまして。私はペ・ジンヨンです」
「こんにちは。『Wanna One』のパク・ウジンです。よろしくお願いします」
「こんにちは。キム・ジェファンです。よろしくお願いします」
「こんにちは。『Wanna One』のミンヒョンです。よろしくお願いします」
「こんにちは。『Wanna One』のライ・グァンリンです」
自分の名前を言い忘れるというイ・デフィのハプニングで、メンバーたちの緊張も一気にほぐれ、和やかな雰囲気で質疑応答がスタートした。


―改めてグループの魅力を教えてください。
パク・ジフン:個性豊かなメンバーがそろっているので、11人が集まったとき、さらに魅力的になるし、もっともっと輝いて、たくさんの魅力があると思います。

―「2017 MAMA in Japan」以来、約5か月ぶりの来日となりますが、久しぶりに日本に来た感想を教えてください。
ユン・ジソン:前回はとても寒かったので、暖かいときに来たいなと思っていたんですけど、こうしてちょうど春に来ることができて良かったです(笑)。ただ、日本で桜を見たいなと思っていたんですけど、散ってしまっていたので、それがちょっと残念です。
イ・デフィ:日本は道がとてもキレイだなと思いました。あと、コンビニに、ないものがないんです! おいしいものがたくさんあるので、この後空き時間があれば、コンビニに行って何か買ってきたいです。

―この後、日本初開催のファンイベントが控えていますが、いまの心境を教えてください。
ファン・ミンヒョン:久しぶりに日本語で話したいと思います(笑)。「Wanna One」だけでの日本でのこういうファンイベントや、日本の「Wannable」に会うのが初めてなんで、来る前からずっと楽しみにしていて、いまとてもうれしいし、皆さんにカッコいい姿をお見せするために頑張って準備したので、よろしくお願いします! 

―グループを結成して9か月になりますが、どんなときに絆を感じますか? お互いの存在を一言で表すと? 
カン・ダニエル:僕たちが一緒に過ごすようになって、たくさんの時間が過ぎたんですが、ジフンが言ったように、11人が集まったとき、シナジー効果がすごく発揮されているといつも感じます。もう1つの家族を得たような感じがするし、いまは僕にとってメンバー一人ひとりが宝石のような存在です



―「0+1=1(I PROMISE YOU)」の聴きどころや制作秘話などを教えてください。
パク・ウジン:まずはオリコン2位、ありがとうございます。次は1位をとりたいと思います! エピソードというと、タイトル曲「BOOMERANG」はパワフルで難易度の高い振付なので、練習するのがすごく大変でした。終わったら、力が抜けて歩けなくなるくらいになってしまって。みんなで合わせて踊ったときも、数人がバタッと倒れてしまうようなこともありました。
オン・ソンウ:見どころは、男らしくて力強いパフォーマンスです。僕たち普段は茶目っ気があって、わちゃわちゃしているんですが、この曲ではステージを掌握し、力強い姿をお見せできるのが見どころだと思います。

―毎日忙しいスケジュールをこなしていると思いますが、リラックス方法は何ですか? 
キム・ジェファン:ヒーリングできるのはステージだと思います。「Wannable」の前でステージを見せること自体が、僕にとって力になり、ヒーリングになります。それ以外に些細なことで言えば、食事の時間です。おいしいものを食べるのが楽しいです(笑)。
ライ・グァンリン:僕は最大限たくさん寝ることです。そうすれば、ストレスがたまらないように思います。
ペ・ジンヨン:もっといいステージをお見せするために練習したり、お母さん、お父さんに連絡をすることです。

―日本の「Wannable」にメッセージをお願いします。
ハ・ソンウン:日本の「Wannable」にたくさん会えるよう、もっと頑張ります。待っていてくれたら、うれしいです! 


 最初は緊張気味のメンバーたちだったが、質疑応答が進むにつれ、イ・デフィがコンビニの話をしていると、カン・ダニエルが親指を立てて頷いたり、誰かが答えているときに、他のメンバーがリアクションをするなど、仲睦まじい様子が見てとれた「Wanna One」。

 デビュー8か月にして、初のワールドツアー「ONE:THE WORLD」の開催が決定するなど、世界に向けて、この快進撃はまだまだ止まらない! 

2018/04/13 23:59入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.