Wコラム インタビュー

【イベントレポ】ヒョナ(元4Minute)、ステージではセクシーカリスマ、ゲームでは少女のような笑顔のギャップでファンを魅了して2度目のファンミーティング大盛況

セクシーアイコンのヒョナが、大好評を得た昨年10月の1stファンミーティングに続き、「HYUNA‘S PARTY!  In JAPAN ~2nd Story~」を4月6日東京、4月8日大阪にて開催。

 新緑もまぶしい4月6日(金)、東京・マイナビBLITZ赤坂にて開催された東京公演は、約半年ぶりにヒョナに会うため、会場には多くのファンが集結した。

【画像】「HYUNA‘S PARTY!  In JAPAN ~2nd Story~」を開催したヒョナ

 Introが流れ、スクリーンに映るヒョナの姿にも、黄色い歓声が上がるなど、ファンのワクワク感が伝わってくる。ファンミーティングは、ダンサーを従え、彼女のキューティー&セクシーな魅力満載の「BABE」からスタート。黒のポロシャツにチェックのミニスカートのスクールルックが、曲の雰囲気にぴったりだ。

 曲が終わると、無邪気な笑顔で、「お元気でしたか? 」と、やや舌っ足らずな日本語を話すヒョナのかわいさに、オープニングからファンはノックアウト! 

 セカンドファンミーティングが決まった時の気持ちを聞かれると、「当然、期待して楽しみにしていました。こんなにぎっしり皆さんが来てくださるとは、予想もしていなかったので、『本当にありがとうございます』って気持ちです」と、ヒョナ自身も、楽しみにしていたことが言葉と表情からうかがえる。

 「約束したことを、すぐに叶えることができて、うれしいです」と、半年ぶりの再会をファンと共に喜んだ。

 年末は、「Lip & Hip」の活動やフランスでの写真集の撮影で忙しかったというヒョナだが、「一番一生懸命やったのは、このファンミーティングのための準備です」と明かし、再びファンを喜ばせた。

 ライブパフォーマンスに移る前に「皆さんと一緒に歌いたいと思っている曲です。よろしくお願いします」とキュートな声でお願いするヒョナ。「RED」のサビの部分でマイクを客席に向けると、ファンはペンライトを振りながら歌い、楽しい時間を共有して会場が一体に。

 かっこ良さが際立つ「Roll Deep」で、さらに会場をヒートアップさせたあとは、ゲームコーナーへ。
抽選で選ばれたファンとヒョナが、ダンスの映像を見て、ダンス対決をするゲームだと発表されると。プロとダンス対決をするの?! と会場は騒然。しかし、ヒョナも振り付けを覚えるのが、苦手と謙遜し、ファンを気遣う一幕も。

 選ばれてステージに上がったファン4人は、近距離のヒョナとダンスを踊る前の緊張感で、ガチガチ。
まずは、マルマルモリモリのダンスで、対決。ダンスを完ぺきに覚えていたファンを、ヒョナが見ながら踊るという場面に会場からは、笑いと、賞賛の拍手が起こった。ヒョナは「すごいー。振付師だったんじゃないですか? 」と感心した様子を見せた。

 次の、ヒョナを孫のようだと話す男性ファンは、妖怪体操の課題。
盆踊り以外踊ったことがないというファンは、一回見ただけでは、ちょっと手足が、動く程度。「もう一回だけ見ましょうか」とヒョナの優しい心遣いで、もう一度見てから対決するが、ヒョナも「努力したけど、ダメだったみたいです」と会場を和ませ、その恥ずかしがる姿は、ステージでのカリスマ溢れる姿とは一変し、可愛らしい。その後「恋するフォーチュンクッキー」「Follow Me」と、ダンスのレベルもアップするとファンも、ヒョナもタジタジで、見守るファンは、温かな眼差しで見つめていた。

 ゲームを楽しんだあとは、「Morning Glory」をかわいい振り付けと共に披露し、会場を魅了。
ステージに、主人公の姿がなくなると、スクリーンには前回のファンミーティングや、その時の舞台裏での様子が映り、ファンは、食い入るように見つめる。

 タンクトップにジーンズで再登場したヒョナは、「Dance Brake」を妖艶に披露すると、会場からは黄色い歓声が上がった。
「前回と同じステージを見せるのは嫌で、新しいステージを準備してきました。次回も、違ったステージを準備してきます」と、早くも次回への期待感を高めるヒョナ。

 二つ目のゲームは、ヒョナとMCの古家正亨が投げるボールを選ばれた4人のファンが虫取り網でキャッチ、その獲得数で競うというゲーム。
ヒョナのボールは5点、MC古家のは1点という、得点差もあり、ファンはヒョナとアイコンタクトを取りながら、仲睦まじくゲームが進んでいった。結局、ヒョナのボール5個とMC古家のボール1個を獲得したファンが1位になり、ファンは「ヒョナがうまく投げてくれたので取りやすかったです」とコメントし、ヒョナも「ケミが良かったですね~」と一緒に喜んだ。

 ゲームを楽しんだあとは、「Change」のリフレインとビートがくせになる「CHANGE」、「HOW'S THIS? 」の2曲で、会場を盛り上げ、公演も終盤へ。
「あっという間におわってしまいます」のヒョナの言葉に、会場も名残惜しそう。前回のファンミーティングで残念だったことがあるというヒョナ。

 「イベント中は、携帯出せないですよね? SNSにファンが載せてくれた私の写真をたくさん見たかったのに…」とヒョナからの提案で突然のフォトタイムが設けられた。会場は、ベストショットを撮ろうとスマートフォンを片手に、「ヒョナ~」と呼びかける声や「かわいい~」の声が飛び交った。

 記念の全体写真も撮ったあと「SNSにアップしてくれたら、私がイイネ! を押したいと思います」のファンを思う言葉に、会場からは、うれしい悲鳴が上がった。
さらに「全員のところにいこうとしたら、今日の夜は、眠れないかもね~」とお茶目な言葉でファンの心をくすぐった。

 今後の予定について「皆さんが待っているであろうnewアルバムで、新しい姿、かっこいい姿を見せるために、準備しています」とヒョナの口から発表されると、会場から歓喜の声が上がった。

 「こんなにたくさんの方々と過ごすことができて、良かったです。また皆さんと会えるように、一生懸命、一生懸命走りながら、頑張りたいと思います」と、さらに日本語で「みなさん、ありがとうございます」と最後のメッセージを伝えた。

 感謝の気持ちを込めて、昨年12月デビュー10周年を記念して、ファンへのサプライズ・プレゼントとして制作した「Lip & Hip」のパフォーマンスへ。

 パワフルなヒップホップサウンドに「Lip」と「Hip」が繰り返されるサビが、ファンの耳を引きつけ、セクシーキュートなヒップダンスで、ヒョナの魅力爆発! 
最後に頭の上で大きなハートを作り、ファンに愛を伝え、ステージをあとにした。


 ファンの再登場を促す声に、早々にステージに戻るヒョナ。ボールや、汗を拭いたタオルを客席に投げながら「Bobble Pop! 」をパフォーマンスし、最後の時間を楽しんだ。
公演終了後は、来場者全員をハイタッチで見送り、最高の時間を締めくくった。

 セクシーなカリスマ性溢れるダンスパフォーマンスと、MCでの少女のように、はにかむ笑顔のギャップ、そんなファン思いのヒョナに、ファンでなくとも、魅了されるのはまちがいない。ヒョナの益々の活躍に期待が高まる。

2018/04/12 18:59入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.