Wコラム インタビュー

【公演レポ】「N.Flying」、5人体制になって初のワンマンライブ「N.Flying 1st ONE MAN LIVE IN JAPAN ―THE REAL―」開催

コメント

2018/03/08 20:17配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

「FTISLAND」や「CNBLUE」が所属するFNC ENTERTAINMENTの次世代を担うグループとして期待が寄せられている5人組バンド「N.Flying」。

 2013年に日本でインディーズデビューし、先輩バンドのオープニングアクトを務めるなど、数多くの場数を踏みながらバンドとしての実力を確実にあげていった。そして2015年に満を持して韓国デビュー、2016年に日本メジャーデビューを果たす。2017年にはオーディション番組「PRODUCE101 season2」に出演したユ・フェスンを新メンバーとして迎え、新生「N.Flying」として新たなスタートを切った。

 3月3日(土)に「N.Flying 1st ONE MAN LIVE IN JAPAN ―THE REAL―」を東京・TSUTAYA O-EASTで開催した。

 グループカラーの赤いライトに照らされたステージに5人が颯爽と登場。ボーカルのスンヒョプとフェスンが手を合わせ、気合いを入れてからライブがスタート。オープニングは韓国2ndアルバムに収録されている「R U Ready? 」、「Say Goodbye」、さらに韓国デビュー曲の日本語バージョン「ギガマッキョ(JP ver.)」の3曲を、若さあふれるエネルギッシュなステージで魅せた。

 「僕たちの初ワンマンライブにようこそ! 僕たちは今日を待っていました! たくさん来てくださってありがとうございます! 」と、スンヒョプがファン1人1人の顔を見ながらあいさつ。「こんばんはー! 僕、今1番後ろで見ていて、今日このステージを最高の! 1番! 絶対素敵なステージを作りたいと思いました!! 皆さん、今日よろしくね」と、片足でピョンと跳ねて愛嬌炸裂なドラマー・ジェヒョン。
新メンバーのフェスンは「『N.Flying』のかわいいボーカル・フェスンです! 僕は音楽が大好きで、歌うことも大好きで、皆さんのことも大好きでーす! 今日は最後までよろしくお願いします! 」と、末っ子らしくかわ

いさをアピールした。

 続いて、ことし1月にリリースしたばかりの3rdミニアルバム「THE HOTTEST:N.Flying」からタイトル曲「Hot Potato」を含む3曲の新曲を立て続けに披露。「今回の新しいアルバムは、皆さんが素晴らしく応援してくれたので幸せに活動ができました。本当にありがとうございます」と、ギターのチャ・フンがアルバム活動を振り返った。タイトル曲「Hot Potato」にちなんで「江原道(カンウォンド)の特産物ジャガイモの広報大使がしたい! 」と、口にしていたメンバーたちの夢が現実のものとなり、メンバーにとっても思い出深い1曲となったようだ。

 ここからはインディーズバンドとして2013年に日本でリリースした懐かしい楽曲を、フェスンも一緒に新しいバージョンで初めてファンの前で歌った。「FTISLAND」や「CNBLUE」のオープニングアクトでまだ緊張しながら演奏していた頃を思い出すとともに「N.Flying」の成長を肌で感じられるとあって、ファンとしても感慨深いステージとなった。

 さらに、3月5日入隊の事務所の先輩「CNBLUE」のボーカル・ヨンファを想ってのステージも用意されていた。「次は、僕らが大好きな『CNBLUE』先輩の曲です。今年あまり会えなくなってしまうので悲しくて僕たちが準備しました。皆さんも一緒に歌ってください」と、「Between us」、「Coffee shop」、「I‘m sorry」の人気ナンバーを「N.Flying」流に

アレンジして披露した。

 「今日は本当に楽しかったです。この瞬間のために『N.Flying』は韓国でたくさん練習しました。1日12時間ぐらいアンサンブルをしました。『N.Flying』にとって今日のステージが本当に大切でした。これからも皆さんと一緒にいきたいです。もっと成長します。ありがとうございます」と、ベースのグァンジンは今日のためにたゆまない努力をしてきたことを打ち明けた。メンバーそれぞれが今日の感想を伝えているとき、他のメンバーがステージに座ってまるでテレビを見ているかのような構図になり、ファンからも笑いが漏れた。

 スンヒョプは「僕たちは音楽が好きで、ライブが好きでたまらないグループです。僕たちの居場所はここ、ステージです。そのステージの前にはいつも皆さんがいるから僕たちは心強いです。今日、大切な思い出を作ってくれて本当にありがとうございます。これからももっといいステージを準備して皆さんに会いに来ますので待っていてください」と、今後の音楽活動にも意欲的な姿勢をみせた。

 日本メジャーデビューシングル「Knock Knock(JP ver.)」や、フェスン加入後に初めてリリースした「The Real」など、最後までアクセル全開で会場を盛り上げ、ライブ本編は終了。
アンコールでは、今回のライブTシャツを着て再登場。「Don‘t Forget This」や「Endeless Summer」などを歌い、スンヒョプもフェスンもペットボトルの水を頭からかぶり、メンバー全員のテンションも最高潮に。

 最後はジェヒョンお気に入りの片足あげて「よろしくね」ポーズをメンバー全員で行うなど、会場に集まった誰もが笑顔になる素敵な時間となった。






この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.