Wコラム インタビュー

【公演レポ】ペク・チヨン×ソン・シギョン×キム・テウが1度限りのプレミアムコンサート開催! 圧巻の歌と爆笑トーク、さらには漫談も!?

韓流ぴあ創刊11周年記念イベントの第1弾として、韓国のバラード界・OST界を代表するペク・チヨン、ソン・シギョン、キム・テウのレジェンド3人によるスーパーヴォーカリスト・ショー「OST VOCALIST SUPER SESSIONS ペク・チヨン/ソン・シギョン/キム・テウ」が2月28日(水)、東京・中野サンプラザにて昼夜2公演開催された。

【画像】「OST VOCALIST SUPER SESSIONS ペク・チヨン/ソン・シギョン/キム・テウ」開催

 ラインナップを見ただけでもゾクゾクするような、そうそうたる実力派メンバーが顔をそろえ、彼らのキーワードである“ヒットドラマOST”、“泣かせるバラード”、“魅力的なパーソナリティ”をステージで存分に披露。圧巻の歌声はもちろん、話術も達者な3人はトークでも会場を盛り上げ、埋め尽くしたファンを魅了した。

 長身のイケメン4人組バンド「1NATION」がオープニングアクトを飾り、夜公演の本編が幕を開けた。トップバッターは、「god」のメインボーカルであり、繊細かつ迫力あるボーカルでソロアーティストとしても圧倒的な存在感を放つキム・テウ。軽快なリズムでまさに気分がハイになるような、ドラマ「紳士の品格」のメインテーマ曲「High High」で登場すると、「立ってくださ〜い! 」と客席に呼び掛け、会場をノリノリの雰囲気にし、熱く楽しいオープニングを演出した。

 「こんばんは」とあいさつし、「たくさん来てくださいましたね」と大勢の観客の拍手に迎えられたキム・テウは、「OSTの一番良いところは、その曲を聴けば、ドラマのシーンが思い浮かぶということです。次の曲を聴きながら、イ・ビョンホンさんとキム・テヒさんを思い浮かべてください」と曲紹介し、「IRIS」のOST「Dreaming Dream」を熱唱。さらに、「日本の皆さんが韓国ドラマを愛し、OSTも愛してくださっているので、いつも感謝しています」と話し、「ペク・ドンス」の「Falling In Love」を切ないハスキーボイスで歌い上げた後、「ステキなドラマでした。僕もOSTを歌ったので、ドラマを見ていたんですが、ユ・スンホさんが悲しみに陥った場面で、僕の曲が流れたとき、自分がユ・スンホさんのように感じられて、すごく気分が良かったです(笑)」と振り返った。

 そして、次の曲も個人的に好きなドラマだという「個人の趣向」のOST。「バラードとアップテンポの曲、2曲のOSTに参加し、どちらも自分で歌詞を書きました。きょうはアップテンポの曲をお届けしますが、スクリーンに歌詞の字幕が出ます。歌詞を味わいながら聴いてほしいです。だからと言って、歌詞ばかり見ないでくださいね。僕も顔も見ながら(笑)。いいですか? 」と会場を和ませた後、「君という翼」を披露。観客は曲に合わせて手拍子をし、軽快で楽しい雰囲気となった。

 「ドラマを制作される方が、僕の声を求めてくださるのがありがたいことです。もちろん、僕が上手くこなせる、というのもあるんですが(笑)。これからも素晴らしいドラマや映画の曲を歌って、皆さんに近づける機会が増えたらうれしいです」と話したキム・テウは「ここからは自分のオリジナルナンバーをお届けします。僕は皆さんと1対2000でコミュニケーションを取りますが、皆さんは僕と1対1でコミュニケーションしてください」とあおり、大ヒット曲「Love Rain」へ。

 観客も自然と立ち上がり、パワフルで伸びやかな歌声を会場中に響かせるキム・テウの熱いパフォーマンスに体を揺らしながら楽しんだり、マイクを向けられたときは一緒に歌ったり、会場が一体となって盛り上がった。そんなファンの大歓声に、投げキスで応えたキム・テウは「早いうちにソロコンサートもしたいです。バンド編成のライブをさせたら、僕上手いんですよ(笑)。そのときはぜひお越しください。きょうの思い出を胸の奥に刻み、いつまでも覚えていてほしいです」と最後のあいさつをし、珠玉のバラード「The words I Want to say」を大熱唱。キム・テウは圧倒的な声量の魂を震わせる歌声で会場を包み込み、心地いい余韻を残して、次につないだ。

 2人目は、言わずと知れた“バラードの女王”ペク・チヨン。育児で一時活動休止後、昨年12月より韓国全国ツアーを始動したばかりで、来日も久しぶりだが、切なくも表現力豊かな歌声、そして笑顔を絶やさず、豪快に笑う姿なども相変わらず健在で、ファンを喜ばせた。
大歓声で迎えられたペク・チヨンは、ドラマ「シークレット・ガーデン」のテーマソング「その女」と、代表曲「愛さない〜サランアネ〜」を2曲続けて披露。鳥肌モノの心を揺さぶるドラマチックな歌声で、観客を陶酔させた。

 「お久しぶりです。ペク・チヨンです」とあいさつし、「日本で何度か公演をしてきましたが、ステージ上で歌う歌手にもかかわらず、いつも皆さんが向けてくださる信頼のまなざしに、私が感動をもらっています」とファンの応援に感謝したペク・チヨン。「この前、特別な経験をしました。最初に歌った『その女』は男女間の恋愛の歌なんですが、あるきっかけでお母さんの曲として歌ったら、お母さんの歌になりました(笑)。1歩近づくと2歩離れていく娘を育てるお母さんたち、頑張ってください! 」と自分と同じ境遇のママたちを激励した。

 そして、「次は皆さんを癒やせる曲をお届けします」とし、番組では1度も歌ったことがなく、コンサートでのみ歌ってきたという「あなたの心」をスモークに包まれた神秘的な雰囲気の中で披露した。

 次の曲は「2PM」テギョンとコラボし、話題になったダンスナンバー「私の耳にキャンディ」。「この曲はパートナーが必要です。私のパートナーはおじさんです(笑)。息子が2人いて、私と十数年一緒に働いているマネジャーです」と紹介し、「子供を産んだおばさんも、息子がいるおじさんも『私の耳にキャンディ』をセクシーにお見せできます」と自信を示し、その言葉通り、ペク・チヨンとマネジャーは息ぴったりにセクシーなダンスを披露。途中で、音が途切れるハプニングもあったが、何事もなかったかのように、楽しそうにパフォーマンスを続け、会場の熱気をさらに高めた。

 ペク・チヨンと共に、素人とは思えぬ見事なダンスを披露したマネジャーが「自分が担当する歌手のダンスぐらいは踊れないと」と言うと、「よくやったね」と労うペク・チヨン。「ハプニングもありましたが、これもライブの醍醐味ですね」と笑い飛ばす余裕を見せ、観客の大きな歓声や拍手を浴びた。
そして、ドラマ「千日の約束」のOST「ここが痛い」を熱唱した後、「きょう皆さんと会えてすごく幸せでした。きょうのことを忘れないでください」と最後の曲は「IRIS」の「忘れないで」。心に訴えかけるような歌声で、会場を感動的な雰囲気にし、ステージを後にした。

 トリを飾るのは、透き通るような甘い歌声で女性ファンを虜にし、“バラード界の皇帝”と呼ばれるソン・シギョン。「シークレット・ガーデン」のOST「君は僕の春だ」で切ない歌声を響かせ、観客の温かい拍手で迎えられたソン・シギョンは、流暢な日本語であいさつし、「キム・テウさんとペク・チヨンさんは僕の自慢のアーティストです。歌上手いですよね。大好きな人たちです。僕が最後を務めることになり、プレッシャーを感じています」と本音も。そして、「ちょっとだけ告知があります」と慣れたような進行で、告知タイムに。

 日本1stシングルの発売を記念し、リリース前の4月にショーケースツアーを開催することを伝え、「いままで行ったことのない地域にも行きますので、楽しみにしていてください。仙台とか広島とか北海道まで行くので、太りますね(笑)」と早くもおいしいものを食べる気満々のソン・シギョン。4月からEテレ「テレビでハングル講座」にレギュラー出演することも明かし、「歌手としてじゃなくて、ただの韓国人として出ます(笑)。気を遣って、発音を頑張ります」と意気込んだ。

 さらに、LINE LIVEでは、ラジオ形式で進行するレギュラー番組の放送が決定。「うれしいんですけど、まだ日本語が足りないので、最初はみっともない姿を見せることになります」と話すソン・シギョンに、客席から「ケンチャナヨ(=大丈夫だよ)」という声が飛ぶと、「僕はケンチャナじゃないんです」と返し、会場は大爆笑。ソン・シギョンは「小学生を育てるような気持ちで見てください」とファンにお願いした。

 饒舌トークはまだまだ止まらない。前日LINE LIVEの生配信が終わった後、ツイッターのフォロワー数が60人増えたとし、「きょうも1部が終わってから40人増えたんです。ありえないことです」とうれしそうなソン・シギョン。韓国ではSNSをやっていないが、日本で公式ツイッターを開設することになり始めたと明かし、「正直、つまらないと思っていたし、なぜみんなが執着しているのかと思っていたんですが、毎朝目覚めると、それからチェックしています」とすっかりハマったようで、「友達にも宣伝してください(笑)」としっかりPRした。

 そして、あるお客さんからもらったという綾小路きみまろの本を取り出し、「毒舌のツッコミばかりで、僕のファンの皆さんには使えないですよね? でも、面白いから紹介したいです」とその本に書かれたネタを使って、綾小路きみまろ風に漫談を披露。ソン・シギョンの一言一言に客席はドカンドカンと大ウケで、会場は爆笑の渦に包まれた。

 そんな雰囲気の後では、歌いづらいと話すソン・シギョンだが、曲のイントロが流れると、すっとその世界観に入り、「星から来たあなた」のOST「君のすべての瞬間」、「雲が描いた月明かり」のOST「やさしくさよなら」を感情豊かな表現力で歌い上げた。

 「やさしくさよなら」は、日本1stアルバム「DRAMA」に日本語バージョンが収録されており、日本語バージョンに慣れているから、思わず日本語の歌詞が出そうになったとし、日本語バージョンをワンフレーズ歌い、「日本語のほうが自然に聞こえます(笑)」とソン・シギョン。さらに、「DRAMA」の収録曲の中から、MISIAの「Everything」と小田和正の「さよならは 言わない」を心を込めて歌った後、昨年のツアー中に見たという小田和正が贈る恒例ライブ番組「クリスマスの約束」に出演してみたいという願望も明かした。

 本編最後の曲はデビュー曲。「そのとき僕は21歳でした」と話し始めたソン・シギョンは、綾小路きみまろ風に、「あれから18年! いまは節々が痛い中年になりましたけど、まだ心はそのときのままです。体はそのときのままではありません」と自虐ネタで最後まで笑いを取り、曲の説明をした後、「歌う瞬間だけは、21歳の男に戻って歌います」と「僕に来る道」を熱唱。アンコール曲「二人」まで、観客の耳と心を惹きつける歌声で、プレミアムコンサートを締めくくった。

 最後はステージに3人が登場。キム・テウは「すごく楽しかったです。皆さんがとてもステキな反応をしてくださったおかげで、僕のほうが力をもらい、頑張って楽しくできたと思います」と言えば、ペク・チヨンも「飛行機に乗るときから楽しみにして来たんですが、皆さんに会ったら、私の期待をはるかに超える楽しさでした」とファンに感謝。ソン・シギョンは「楽しい時間でしたし、最初にも言いましたが、僕の自慢のアーティストさんたちです。心強かったです。最高のバラード歌手です」と誇らしそうにし、豪華アーティスト3人によるステージは大盛況のうちに幕を閉じた。

2018/03/06 22:30入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.