Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「CROSS GENE」セヨン、生誕祭イベントで多才ぶりを発揮! 自作曲を続々と初披露してファンを魅了

メンバーごとに誕生日を記念し、毎回趣向を凝らした生誕祭イベントを開催している「CROSS GENE」。今回は1月8日に誕生日を迎えたYONGSEOK(以下、ヨンソク)と、2月8日に誕生日を迎えたSEYOUNG(以下、セヨン)が2月12日(月・祝)、東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、生誕祭を開催。

【画像】生誕祭 第2部「セヨンと皆さんの宇宙停留所」

 冬にぴったりなバラード曲で、ファンの心を温めた1部のヨンソクに続き、2部はセヨンが「セヨンと皆さんの宇宙停留所」と題し、1部同様、バンドの生演奏をバックに、ヨンソク、セヨン、サンミンの3人のユニット「X HEARTS」(クロスハーツ)のステージはもちろん、この日のために完成させた自作曲を続々と初公開し、ソロアーティスト・セヨンの世界観をたっぷり届けた。

 オープニングは、セヨンがゴールド役を演じた「パワーレンジャー ダイノフォースブレイブ(邦題「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」)」にちなんだ演出。映像で、デビルのようなキャラクター、シルバーに扮したリーダーのシンが怒りながら、仮面をつけた手下2人に「行け! 」と指示すると、客席にその手下たちが登場! 髪の色でそれがサンミンとヨンソクだと分かり、ファンは大喜びする一方、役になりきった2人が荒々しい動きを見せていると、ステージには「お前たちを倒すことが俺の仕事だ! 」とセヨンが颯爽と現れ、「ブレイブさえあれば何でもできる! かかってこい! 」と2人とアクション対決へ。

 ところが、2人のほうが強く、「リハと違うじゃん。俺ゴールドだよ! 」と素に戻るセヨン(笑)。なんとか交渉して、2人を倒したセヨンは拳を高く突き上げ、「パワーレンジャー ダイノフォースブレイブ」の主題歌を歌い、派手な演出で幕を開けた。

 「こんにちは。『CROSS GENE』のセヨンです」とあいさつし、「セリフも完ぺきだった? 伝わった? このお芝居は僕とサンミンとヨンソクの3人で作ったんですよ」とファンの反応が気になるセヨンは、客席から「カッコよかった! 」、「最高」と声が上がると、ホッとした様子で「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 そして、イベントタイトルを「セヨンと皆さんの宇宙停留所」にしたのは、「僕はゴールドもやったし、宇宙傭兵だから。そして、皆さんは僕にとって星みたいな存在。だから、年に1回は停留所に来て休んで、いいエネルギーをもらって仕事とか、家族と楽しく過ごしてほしいと思って」と理由を説明した。

 ここで、ヨンソクとサンミンが呼び込まれ、「最初の曲、上手だった」とセヨンのマネをして歌ってみせたヨンソクが「インジュンさんが来ましたよ〜」と客席を見渡すと、2階席で見ていたグリーン役のインジュンが「ダイノフォース ブレイブイン! 」と叫ぶ一幕も。ゴールドとグリーンの思わぬ共演(!? )にファンも大興奮。

 会場が沸いたところで、「X HEARTS」のステージへ。バンドの生演奏で、「CROSS GENE」の「Black or White」をアレンジして披露した3人は、楽器の生音がより心に響き、歌っていて気持ちいいと話し、グループではラップ担当のサンミンも久しぶりに歌って新鮮だったという話も。そこから、カラオケではサンミンが10時間も歌い、実は歌が上手いという話から、セヨンとヨンソクもラップに自信があると言い出し、3人でカラオケに行くことを約束する展開に。
すると、「僕はラップの動画を撮って、サンミンは歌の動画を撮って、みなさんの“いいね”が、どっちが多いか対決。その動画はセヨンのインスタに更新します! 」とマイペースなヨンソクに、「本当に自由だね」とセヨンが笑いながら優しく受け止め、仲の良さを見せた。

 続いて、「オリョドナムジャヤ(I‘m Not a Boy, Not Yet a Man)」では、「オ ウォウウォ オオ」の部分を、「ナハゴノルジャ(俺と遊ぼう)」では、「パパピラ パパピラ パ」の部分をファンも一緒に歌って一体感を生み出し、「Amazing−Bad Lady−」ではピンク系の照明に加え、ミディアムテンポにアレンジしたことで、よりセクシーさを漂わせた。

 ユニットステージの最後は、セヨンがファンのために作ったという「X HEARTS」の新曲「Maze of love」。トロピカルハウスジャンルの洗練された曲で、「迷路の中で愛を探すという意味です。あっ、ココにあった! 」とファンをキュンとさせるセヨンに、サンミンとヨンソクが「(コメント)準備したね〜」と感心していると、「俺ゴールドだよ」とドヤ顔のセヨン。そして、「愛を探しに行こう」と曲フリをして、新曲を初披露。セヨンとヨンソクの力強い歌声に、サンミンの低音ラップが加わり、3人のカッコよさが際立っていた。

 1部でも発表があったが、「CROSS GENE」が4月30日に東京国際フォーラム ホールCで、単独コンサートを開催することを告知した後、サンミンとヨンソクはセヨンに「誕生日おめでとう」と祝福し、ヨンソクは「僕のミュージカルで会いましょう! またね〜」とファンに告げ、ステージを後にした。

 ここからはセヨンのソロステージ。「皆さん、1人になった。やった〜! 」と喜ぶも、「メンバーがいないとちょっと緊張しますね」とセヨン。まずは日本のカバー曲を2曲披露。星野源の「恋」では、客席で“恋ダンス”を踊るファンもいて楽しい雰囲気に。HYの「366」では、セヨンが歌いながら感極まり、曲が終わると「危ないな〜、泣きそうじゃん」ともらし、相反する姿を見せた。

 「次からは僕が作った曲を聴かせたいです」とし、会場で発売され、オンラインショップ「A!  SMART(アスマート)」でも購入できるバースデースペシャルフォトアルバム「I want it」に収録されているセヨンの自作曲2曲を初公開。まず、「ウォネ(ほしい)」はいろんな解釈ができるから、自分なりに意味を考えて聴ける曲だと説明し、この曲ではセヨンがラップも初披露。クールなセクシーさを見せ、ファンの目と耳をくぎ付けにした。

 次の「Love is true」は、愛は永遠にあると信じていることを歌詞に込めたバラード曲で、セヨンは高音がキレイな、透明感あふれる歌声を響かせ、ファンはうっとり聴き入った。セヨンは「前からいい曲を作って皆さんに聴かせたい、と言っていたのがきょうできたからうれしいです。皆さんがこんなに喜んでくれて、めっちゃ…」とまたも感極まり、「ダメダメ」と心を落ち着かせ、「皆さんのためにもっと作ります」と誓った。

 次は、セヨン発案の企画として、ファンが投稿したメッセージや言葉をもとに、セヨンが歌詞を完成させ、作曲した新曲「みんなのうた」を初披露。投稿を全部読んだというセヨンは、悲しい歌詞が多かったことにビックリし、自分だけではなく、みんなもそうなんだと思ったそうで、その話をしながら、またも感情のスイッチが入り、「あ〜、やべぇ。泣きそう」と。すぐにジャンプをして、こみあげてくるものを抑えた。

 そして、悲しい歌詞が多かったから、あえて楽しい曲にしたとし、サビでは振付も考え、ファンにレクチャーしてから歌い上げた。特に歌詞の中で、宇宙船をセヨンに例え、「青い空の下のあなたを思ったら 空の雲が宇宙船に みんなを乗せていくよ 未知の国にいくよ この手逃さないで 永遠に一緒だよ」という部分が気に入っていると話したセヨン。ファンとの絆を確認し、胸いっぱいな様子で、会場は温かい雰囲気に包まれた。

 昨年4月の「CROSS GENE」のライブ「MIRROR」のソロコーナーで披露し、好評だった自作曲の甘いバラード「秋の花」を熱唱した後は、ドラマ「魔女の城」のOST「Without You」をライブで初披露。本編最後は、「皆さんと一緒に未来を作っていきたい」と「CROSS GENE」の「Future」を。ファンは手拍子で盛り上げ、セヨンが客席にマイクを向けると大きな声で大合唱し、熱く盛り上がった。

 セヨンは「やっぱり『CROSS GENE』の曲が一番楽しい。だから、『CROSS GENE』の曲、もっとやりたいね」と感想を語り、「2月8日の誕生日、感謝の気持ちが大きかったです。SNSとか見たら、皆さんの言葉、心がいまはちゃんと分かるから、いろんなことを思い出しました。皆さんにいい曲を聴かせたいと思って作ったんですけど、よかったですか? 皆さんが僕を成長させてくれました。皆さんがいるから『CROSS GENE』は何でもできるよ。そう思いました。絶対負けないし。心にめっちゃ太い木がありますよ。それが皆さんです。その横で『CROSS GENE』が花を咲かせられると思います。だから、ずっと『CROSS GENE』を応援してください。いつも皆さんのために歌って踊っています。一緒に未来を歩いて行きましょう! ありがとうございました」と深々とおじぎをした。一生懸命日本語で伝えようとする姿や、その思いに胸を打たれ、泣いているファンの姿もあちこちに。感動の余韻を残したまま、イベントを締めくくった。

 今回のイベントで多才ぶりを発揮し、「いつか、『CROSS GENE』の曲も作りたい」と意気込み、グループ愛が強いセヨン。4月には単独コンサートも決定し、カムバックが近そうな「CROSS GENE」のメンバーとして、またどんな新たな魅力を見せてくれるのか楽しみだ。


2018/02/23 20:06入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.