Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「CROSS GENE」ヨンソク、生誕祭イベント開催! バンド生演奏でバラード熱唱

コメント

2018/02/23 19:20配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

メンバーごとに誕生日を記念し、毎回趣向を凝らした生誕祭イベントを開催している「CROSS GENE」。今回は1月8日に誕生日を迎えたYONGSEOK(以下、ヨンソク)と、2月8日に誕生日を迎えたSEYOUNG(以下、セヨン)が2月12日(月・祝)、東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、生誕祭を開催。バンドの生演奏をバックにソロライブと、ヨンソク、セヨン、サンミンの3人のユニット「X HEARTS(クロスハーツ)」のライブという構成で、それぞれが感性を刺激する歌声を存分に発揮し、ファンを魅了した。

【画像】生誕祭 第1部「ヨンソクの冬の王国~あなたはプリンセス~」

 1部は「ヨンソクの冬の王国~あなたはプリンセス~」。ロールプレイングゲームのようなオープニング映像で、ピーチ姫に扮したセヨン、白雪姫に扮したサンミンが映し出され、「ヨンソク王子にぴったりな姫は? 」というフリがあった後、ウイッグを付け、ドレスを身にまとい、「アナと雪の女王」のエルサになりきったヨンソクが「Let It Go~ありのままで~」を歌いながら、ステージに登場! まさかの女装からのスタートに会場は大爆笑に。曲の途中ではウイッグとドレスを脱ぎ、ジャケットを羽織る早着替えも見せ、オープニングからファンを楽しませた。

 「皆さん、お久しぶりです。元気でしたか? 」とあいさつしたヨンソク。「さっきの映像見ましたか? ピーチ姫、白雪姫、どっちが可愛いですか? 」と客席に聞き、「ピーチ姫」という声が挙がると、「え~、ヨンソクだよ。ヨン姫が可愛いでしょ」と茶目っ気たっぷりに返すなど、MCでは「CROSS GENE」の末っ子らしく、人懐っこくて天真爛漫な姿を見せたが、ここからのライブでは、バラードのカバー曲をしっとり熱唱。バンド演奏の迫力と相まって、ヨンソクの艶やかな歌声がより心に響き、ファンをうっとりさせていく。

 「冬だから皆さんの心を温めてあげたい」と中島美嘉の「雪の華」を、「冬が終わったら春が来るから」とコブクロの曲の中で一番好きだという「蕾」を歌ったヨンソク。「蕾」の最後の歌詞「優しく開く笑顔のような 蕾を探してる 空に」の部分が好きだと話し、「僕いまずっと日本にいるから、日本語が少しレベルアップしました。昔は歌詞の意味、発音が簡単な日本の曲を聴いていましたが、最近は難しい歌詞、発音の曲をよく聴きます。皆さんからもらう手紙におすすめ曲が書いてあるので、またライブでやりたいです。ロックとかダンス曲とか何でもできますよ! 」と自信を見せた。

 そして、「CROSS GENE」メンバーを選ぶオーディションで歌ったというThe Rayの「チョンソ(掃除)」を歌い終えたヨンソクは、客席にどうだったかを聞き、「合格」、「OK」という声が返ってくると「マジ? ありがとうございます! 」とうれしそう。「会社が僕の歌に感動して、“ヨンソク、明日から練習室に来て”って言って、今の『CROSS GENE』のヨンソクになりました」とメンバーに決まったエピソードも明かした。

 続いて、キム・ボムスの「チナカンダ(過ぎ去る)」、お姉さんの結婚式で歌ったというMaktubのプロポーズ曲「Merry Me」を優しく甘い声で歌い上げ、最後に「大好きです」と言ってファンを胸キュンさせたが、「Merry Me」ではヨンソクの遊び心が発動。客席の左エリアにはペンライトを横に、右エリアにはペンライトを縦に揺らすよう促し、不思議な光景が。「(ペンライトを縦に揺らすのを)初めて見た。バラード曲なのに(笑)」と自分でやらせておいて面白がり、「スペシャルなバラード曲でした」と満足そうに微笑んだ。

 「そろそろ『CROSS GENE』の曲、聴きたいでしょ? メンバー必要ですよね」というヨンソクの合図で、会場全員が「X HEARTS! 」と声を揃えると、エルサのウイッグを着けたセヨン、パープルヘアのサンミンが登場! 髪いじりをしていると、セヨンがヨンソクに「(会うのが)久しぶりだね~。なんかちょっとヤンキーっぽいね」と。ミュージカル「マイ・バケットリスト」で不良少年カング役を演じるので、普段も役に入っていて、その感じが出るのだとか。

 ヨンソクは、「最初はストーリーが分からなかった(笑)。セリフが全部日本語だから。これできるかなって本当に心配しました。皆さんの前で失敗したら、“ヨンソク、そんなもんなの? ”って思われるから。だから、1週間ぐらい他の出演者と毎日朝4、5時まで台本を読んで、一所懸命覚えました」と明かし、セリフの「ざけんじゃねーよ! 」を言うと、「それ元々のヨンソクじゃないの? (笑)」とセヨンからのツッコミが。
ヨンソクがミュージカルで共演するインジュンとは、セヨンも「パワーレンジャー ダイノフォースブレイブ(邦題「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」)」で共演しており、ヨンソクが客席に向かって「インジュンさん、来ましたか? 」と呼び掛けるも、いないことが分かると、「ざけんじゃねーよ! 」と言い放ち、会場を笑いに包んだ。

 さらに、「CROSS GENE」のメンバーたちも見に行くという話で盛り上がっていると、ヨンソクは自分の出番が最後の日、「会社に許可をもらってないから分からないけれど」と前置きし、満席になったら、インジュンと1曲歌って、1人ずつプレゼントをあげるという公約も掲げ、「楽しみにしてください」と期待をふくらませた。

 ひとしきりトークで盛り上がった後は、「X HEARTS」のステージへ。バンド演奏で、「CROSS GENE」の「ナハゴノルジャ(俺と遊ぼう)」をミディアムテンポにアレンジし、原曲とはまた違うカッコよさを演出。3人とも伸びやかな声で、気持ち良さそうに歌い上げた。

 ここで、事前にSNSで告知していたイベント企画に。「冬のマストアイテム」を持参してください、というお題が出されていたが、ヨンソクが考えるベスト3のアイテムを持ってきた人の中から、ジャンケンで勝った人にプレゼントが贈られた。3位はタンブラーで、ヨンソクからのプレゼントはサイン入りタンブラー。2位はホッカイロで、プレゼントはホッカイロ30個+ヨンソクの写真。1位は手袋で、ヨンソクの手形色紙がプレゼントされた。

 お楽しみ企画が終わり、再び「X HEARTS」のステージでは、「CROSS GENE」の曲をアレンジして、3曲披露。「Amazing-Bad Lady-」はよりセクシーな雰囲気を漂わせたし、「オリョドナムジャヤ(I‘m Not a Boy, Not Yet a Man)」、「Black or White」も歌い終えるたびに、3人とも「やっぱり『CROSS GENE』の曲はいいね~」としみじみと感動しているのが印象的だった。

 次はサンミンとヨンソクのデュエット曲。曲の内容を2人が寸劇を見せて説明し、客席に「サビの部分で小さいハートをお願いします」と一緒に振付をするよう求め、サンミンの自作曲「チャムシマンニョ(ちょっと待って)」を披露。ヨンソクの美声にサンミンの低音ラップが加わり、息ぴったりのコラボで会場を楽しい雰囲気にした。

 もう何度もデュエットしているサンミンとヨンソク。サンミンが「次は違うメンバーとやろうかな」と言うと、「俺クビになった? 」と慌てるヨンソク。すると、サンミンは「クビじゃなくて…。ヨンソクは上手いから。上手い末っ子です」とヨンソクの実力を認め、メンバー同士の駆け引き(!? )は終了。

 2人はまたセヨンを呼び込み、今度はセヨンがファンのために作ったという「X HEARTS」の新曲「Maze of love」を初披露。曲名は最初、弾けるような気持ちを例えて「サイダー」だったが、曲を作る過程で変わり、迷路の中で愛を探すという意味を込めた「Maze of love」になったとか。トロピカルハウスジャンルの洗練された曲で、3人の雰囲気にもぴったり。ファンから「カッコいい~! 」という声があちこちから上がったが、メンバーたちは振付がなかったのが物足りなかったようで、次はサンミンが振付を作って披露したいと目を輝かせた。

 最後の1曲となったところで、「重要なお知らせコーナー! 」とコールし、「CROSS GENE」が4月30日(月・祝)東京国際フォーラム ホールCで、約1年ぶりの単独コンサートを開催することを発表! 「うれしいね~。コンサートを待っていましたよ。どんなステージがあるか期待してください! 」とヨンソク。「僕たちも『CROSS GENE』を続けるし、皆さんも僕たちのそばにいてほしいです。そして、『X HEARTS』の応援もお願いします! 」と伝えた。

 最後の曲は、「僕が一番大好き曲です。最初に手紙の話をしましたが、皆さんの手紙を見たら感動するし、皆さんの近況も分かるから、手紙をもらうのがうれしいです。だから、最後の曲に『CROSS GENE』の『手紙』を準備しました」と曲紹介し、3人で思いを込めて「手紙」を熱唱。胸を打つ歌声でファンを感動させた。

 ヨンソクは「きょうは来てくれて本当にありがとうございました。僕はライブが好きなので、僕にとって皆さんは奇跡だと思いました。皆さんがいるから僕はステージに立って歌えるし、ダンスもできるし、冗談もできるし(笑)。皆さんがいるから、僕はできると思います。皆さんは誇らしいファンです。僕がステージで死ぬまで、そばにいてください。そして、僕のミュージカルが2月20日から始まります。ぜひ見に来てください。さっき言った『CROSS GENE』の4月30日の単独コンサートもぜひ見に来てください。僕はここでバイバイです。次、セヨンのステージも期待してください。皆さん、本当に本当にありがとうございました! 」とあいさつし、手を振りながら、カングのようなワイルドな感じで、「あいしてるぜー! 」と投げキスをし、ステージを後にした。

 いつものやんちゃなヨンソクに、半分カングが混じったようなワイルドさが加わり、終始フレンドリーにファンと触れ合っていたヨンソク。ライブでは、バラード曲を中心にボーカルとしての安定した実力も見せ付け、開幕を控えたミュージカル、「CROSS GENE」の単独コンサートへの期待をますます高めた。





この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.