Wコラム インタビュー

【イベントレポ】新世代K-POPソロアーティストSamuel(サムエル)、日本デビュー記念フリーライブで圧巻のパフォーマンス初披露! 16段ケーキで日本デビューと誕生日もお祝い!

Mnetのオーディション番組「プロデュース101シーズン2」に出演し、その類い稀なる才能に注目が集まり、昨年8月に韓国でソロデビューを果たしたSamuel(サムエル)が、2月7日(水)に1stシングル「SIXTEEN―Japanese Ver.―」で待望の日本デビュー! 

【画像】Samuel(サムエル)、日本デビュー記念フリーライブ

【動画】Samuel[サムエル]、日本デビュー記念フリーライブ開催!

 Samuelは、11歳のときSEVENTEENの練習生として活動。13歳のときにはHIP HOPユニット「1PUNCH」として活動するなど経験を積み、弱冠16歳ながら、韓国では“パフォーマンスはクリス・ブラウン、音楽性はジャスティン・ビーバー”とも言われている世界標準のダンスパフォーマンスで注目を浴びている。
同日、東京・お台場ヴィーナスフォート教会広場にて、日本デビュー記念フリーライブを開催し、その世界標準のパフォーマンスを日本で初披露! 集まったファン約1000人を魅了した。

 中央の扉が開き、Samuelがステージに登場すると、この日を待っていたファンから大きな歓声が! ダンサーと共に、日本デビュー曲「SIXTEEN―Japanese Ver.―」で、キュートさとセクシーさを放つSamuelのパフォーマンスに、ファンの大きな掛け声も加わり、熱狂の中でイベントがスタートした。

 歌い終え、一礼をしたSamuelは「こんにちは。Samuelです。日本で正式デビューができてうれしいです今日は楽しい時間にしたいです。ありがとうございます」とあいさつし、古家正亨のMCでトークコーナーに。日本で初めてパフォーマンスを生披露したSamuel。「こんなにステキな方たちを前に、ステージに立てたので、本当にうれしいです。無事にステージを終えられそうです」と日本のファンとの対面をうれしそうにした。

 「SIXTEEN」はすでに韓国でも注目を集めた曲だが、「『SIXTEEN』という曲はすごくカッコよくて、16歳、SIXTEENらしく、純粋で爽やかさ、そしてエネルギーを感じられる曲です」とその魅力を紹介。
今回、初めて日本語で歌ったが、「日本語を教えてくださった先生に本当に感謝しています。先生がいなかったら、上手くできただろうか、と思うぐらい、先生には感謝してもしつくせないです。そして、ビックリしたのが、レコーディングした曲を聴いてみて、すごくソフトで、言葉遣いも可愛いし、スムーズにできたなと思いました」とレコーディングを振り返った。

 また、サビでは「Sweet 16」と繰り返しながら、指で16を表す “SIXTEEN ポーズ”をするのが印象的だが、実際にSamuelが解説しながらやって見せ、ファンからは「最高! 」「可愛い〜」という声が上がった。

 カップリングの「123(One Two Three)」はオールドスクールスタイルのヒップホップナンバー。PVは渋谷で撮影をしている。Samuelは「その日は暑くて、汗をダラダラ流しながら撮影をしたんですが、その甲斐あって、よく撮れたと思うので、満足しています」と撮影エピソードを明かしながら、笑顔を見せた。

 すでに、日本には何度か来ているというSamuel。「日本に来るときの楽しみは? 」と聞かれ、「初めて来たとき、一番行ってみたかったのがドン・キホーテだったんですが、行ってみたらすごく楽しかったです。次に行きたいのが、東京ディズニーランドなんですが、まだ行けていないので、行ってみたいです」と答えると、ファンから「一緒に行こう! 」と熱烈な誘いが。「機会があれば、皆さん一緒に行きたいですね」と返し、優しさも見せた。

 再びデビューシングルの話に戻り、通常盤のみ収録されている「With U」の話題に。チョンハがフィーチャリングしている曲だが、「愛の曲で、僕にとっては恥ずかしい部分もあったんですが、その恥ずかしさを隠し通せたのは、やはりステージでのパフォーマンスがあったからでした。カッコよく、歌詞に合うようにダンスで表現できたと思います」と照れながら語る場面も。

 とはいえ、「With U」は、パフォーマンスはもちろん、Samuelの歌の魅力も感じられる曲。古家が「ちょっと歌ってもらえませんか? 」とお願いすると、「じゃあ、ワンフレーズだけ」とアカペラを披露。甘い声を響かせ、ファンの心をとろけさせた。すると、「もし必要ならもっと歌いますけど」とサービス精神旺盛なSamuel。今度はもう少し長くアカペラを披露し、ファンから歓喜の悲鳴が上がった。

 ここで、この日は記念すべき日本デビュー日だが、1月17日に16歳の誕生日を迎えたばかりのSamuelが、「SIXTEEN」でデビューという特別な日ということで、みんなでお祝いしようと、サプライズ企画が。ステージには、“日本デビューおめでとう”と書かれた“16”段もあるスペシャルケーキが運ばれてきた。

 ファンは「Happy Birthday to You〜」とバースデーソングを大合唱し、誕生日と日本デビューを祝福。16段ケーキを見たSamuelは「最高〜! 」と喜びを表現した。そして、ケーキの隣でポーズを取りながら、客席をバックに記念写真を撮影し、ファンとの思い出を残した。

 そして、再びステージの準備のため、ケーキが片づけられ、その様子を見ていた古家が何気なく「後で、控え室でこのケーキ、全部食べていいですからね」と言うと、Samuelは「えっ、1人で? 」と素になって真顔で驚く可愛いらしい一面を見せた。

 次に披露するのは、ことしの誕生日にファンへのサプライズで公開した新曲「Winter Night」。「ここにいらっしゃる愛らしい皆さんに届けたい曲です」と曲紹介し、ステージを右へ左へと動きながら手を振ったり、愛嬌を見せたりしたSamuelは歌い終えると、日本語で「愛してる」とニッコリし、ファンを胸キュンさせた。

 さらに、日本語を習い始めたばかりで、まだ勉強中だというSamuelだが、「今日はありがとうございました」と日本語で話し始め。「これから…、日本の活動も…、頑張りますので、応援…、お願いします」と言葉に詰まりながらも、日本語で一生懸命メッセージを伝えようとする姿に、ファンも胸を打たれ、感動的な雰囲気に包まれた。

 最後はまたダンサーと共に、韓国語歌唱の「SIXTEEN―Original Ver.―」を披露し、イベントを締めくくった。この後、会場でのデビューシングル「SIXTEEN―Japanese Ver.―」購入者を対象とした“日本デビューごあいさつ会”も実施し、ファンと触れ合ったSamuel。デビューをファンと一緒にお祝いする貴重なデビューイベントを大盛況のうちに終え、2月10日(土)には大阪、11日(日)には東京でも、購入者対象のリリースイベントを開催した。

 トークをしているときは初々しく、はにかんだり照れたり16歳の少年らしさを漂わせていたが、ライブパフォーマンスになると、堂々とした佇まいで、しなやかな身体から繰り広げられる圧倒的なステージを見せたSamuel。今後どんなアーティストに成長していくのか、ますます期待が高まる。


2018/02/20 19:17入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.