Wコラム インタビュー

【会見レポ】韓国発ミュージカル「マイ・バケットリスト」制作発表会でキム・ナムホの涙にミンス&インジュンがもらい泣きの感動会見に

命の美しさと尊さを描く韓国発ヒューマン・コメディ・バディミュージカル「マイ・バケットリスト」の制作発表会が2月1日(木)、都内にて行われた。

 同作は、人生のどん底を彷徨っていた不良少年カングと余命宣告を受けた少年ヘギが偶然出会い、バケットリスト(死ぬまでに絶対にしたい100のこと)を実行する「プラシーボ・プロジェクト」を共に行いながら人生の意味に気づいていく過程を幻想的なナンバーにのせて描いた韓国オリジナルミュージカル。

【画像】ミュージカル「マイ・バケットリスト」制作発表会

 2014年に韓国の新たな演劇が生まれる場所と言われる大学路(テハンノ)で初演された後、2015年、2016年に再演、2017年に日本で初上演されたが、このたび2月20日(火)から、東京・新宿シアターモリエールにて、初の日本語公演が上演される。

 制作発表会には、カング役をトリプルキャストで演じるキム・ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス、キム・ナムホ、ヘギ役をWキャストで演じるテウン(SNUPER)とインジュンの全キャスト、パフォーマンス集団「PaniCrew」のメンバーでもあり、今回演出を手掛ける中野智行が参加。

 まずはフォトセッションから行われたが、出演者5人がカメラマンからハートポーズをリクエストされ、2人1組でハート型を作り始めたため、端にいたミンスが1人ぼっちになってしまい、戸惑っているのを他の4人が面白がってワチャワチャするなど、すでにチームワークはバッチリ。

 和気あいあいとした雰囲気で、質疑応答に入った。まずは、1人ずつあいさつ。「僕1人だけがアイドルじゃなくて、残念ですけど(笑)。本当に頑張っているキム・ナムホです」、「頑張って稽古しています。完ぺきな姿を見せていきたいなと思います。インジュンです」、「日本で初めてのミュージカルですけど、本気で頑張ります」とヨンソク。「僕も日本で初めてのミュージカルだから、いま一生懸命練習しているテウンです」、「僕も(ミュージカルは)初めてなんですけど、素晴らしい人たちとやっているんで、ぜひ皆さんも期待して見てください。頑張ります」とミンス。

 今回は全編日本語での上演となるが、最初にオファーを受けたとき、どう思ったのか。韓国語公演でカング役を演じたことのあるキム・ナムホは「思い出がすごく良くて、“絶対やります! ”と言ったけど、何で言っちゃったのか(笑)。日本語がすごく難しいです。でもこれができたら、また成長できると思っているので、ドキドキワクワク、心配もあるけど、出演を決めて良かったと思います」とし、インジュンは「うれしかったです。それに、ミンスとヨンソクとナムホさんと元々仲が良かったし、テウン君も友達の友達なので、みんな知り合いだから、こんなに良い作品を一緒にできて、すごくうれしいです。稽古場の雰囲気も良くてみんな仲良いし、いまみたいに頑張っていったら、成功できるんじゃないかと思います」と自信を見せた。

 ヨンソクは「話を聞いたとき、“もちろんやります! ”って言ったけど、台本リーディングのとき、“ず”とか“つ”の発音が難しかったです」と話し、現在稽古を頑張っているところだとか。テウンは「僕にできるかなと思いました。日本語のイントネーションがとても難しいので。でも、一生懸命練習したら、本番ではカッコいい姿を見せられると思います。頑張るので応援してください」とし、ミンスも「ミュージカルの中で1位の人(キム・ナムホ)がいるから、俺にできるかなと思ったんですけど、挑戦したい気持ちもあるし、歌も勉強しながらやりたいなと思ったし、ファンの皆さんも待っているし。頑張る姿を見せたいので、応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 稽古場の雰囲気もすごく良いようで、「この作品で会ったのに、ここまで仲良くなって、ある意味自分のグループのメンバーより仲良いところもあるし(笑)。毎日夜中2時、3時まで本読みをして台本を覚えたり、おいしいものを食べに行ったりするんですけど、仲良くならないとできないことじゃないですか。この仲の良さを本番で皆さんに見せられたらいいなと思います」とインジュン。ここで、稽古風景の映像も公開され、ダンスシーンの稽古では、キム・ナムホがみんなに教えているというエピソードも。

 また、演出の中野は「インジュン君はふざけキャラだと思っていたんですけど、稽古が終わってからも練習しているし、予定より早いスケジュールでどんどん来るから、こっちがプレッシャーになるぐらいです。そんな中ヨンソク君は、むっちゃ勉強しているのかなと思ったら、グーって。寝てんのかいって(笑)。それでも、みんな和気あいあいと遅くまでやっているんだなって。テウン君とかも遅れて入ってきたけど、事前に韓国で勉強してから来てるから、ぜんぜん遅れをとってなくて、ミンスは声がカッコいいから、いちいち質問されるときキュンとなったり。ナムホ君は、この作品をやっているから、いいアドバイザーでもあったりするので、本当に助かっています」とキャストを絶賛した。

 そんなキャストが集結した本作の魅力について、インジュンは「希望を与えるので、みんなが共感できる作品じゃないかなと思います。この作品は、通し稽古を続けて2回やっても、疲れたり、眠くなったりすることもなく、新しい気分になります」と最後まで集中して見られると話し、韓国公演を見たというミンスは「日本公演は少しだけ違うので、それも面白いです。友達の話だから、友達と過ごした思い出を振り返れるステキな作品だと思います」とアピールした。

 作品にちなみ、「友達との印象的な思い出は? 」という質問では、インジュンが、プライベートで一番可愛がっている後輩のヨンソクと、初めて一緒に仕事をするのが感慨深いと明かし、ミンスは社会人になって最初の友達というと元「BEE SHUFFLE」のメンバーたちで、彼らから「“ミュージカルを見に行くから”と言われ、やっぱり俺の仲間はお前らだなって思って。すごくうれしかったです」と絆を感じるエピソードを披露した。

 さらに、SNSでの宣伝応援をする「マイバケオフィシャル応援団」からの質問も。「皆さんのバケットリストを教えてください」と聞かれた5人は、「アメリカで役者をやってみたい。世界を見てみたいです」(ミンス)、「ことし運転免許を取りたいです」(テウン)、「キャンピングカーを運転しながら世界旅行をしたいです」(ヨンソク)、「うちの会社が持っている日本のマンションを買いたいです(笑)。3年以内に実現したいです」(インジュン)、「お母さんと10回以上旅行すること。それから、日本でミュージカル『キンキーブーツ』をやりたいなと思って、頑張っています」(キム・ナムホ)と答えた。

 「お互いにココがすごい、というところは? 」という質問では、4人がキム・ナムホのすごさを挙げた。「兄貴(キム・ナムホ)が稽古をしているのを見て、“やっぱり俳優は違うな”って。涙が出るぐらいに感動しました。それで、日本語はあんまり上手くなくてもいい、ミュージカルは感情を届けるものだっていうことを兄貴から感じました」(ミンス)、「ナムホさんの目の中に、いろんな感情が入っているのを見て、もっと集中して練習しています。ナムホさんの演技がとても好きです」(テウン)、「みんな色がありますが、ナムホさんは力、最初から最後まで全力で演じ切る力があります。“やっぱり先輩だなぁ”と思いました」(ヨンソク)、「俳優さんが1人いて、引っ張ってくれるっていうのが大事で、芝居のできる人を見ながら、見習うことがたくさんあるので、自分たちがもっと努力するようになっているのはナムホ先輩のおかげじゃないかなと思います。ナムホ先輩は日本語の悩みがあると思うんですけど、心配しなくてもいいぐらいちゃんとできているし、韓国で15年ミュージカルで芝居をしているんですけど、ここまで新人のように頑張っている人を見たら、もっと頑張らなきゃいけないなって思わされます」(インジュン)と話し、最初は示し合せたんじゃないかと笑っていたキム・ナムホが後輩たちの言葉にいつしか涙を流し、それにミンスとインジュンももらい泣き……。「泣いてんじゃねーよ! 兄貴が泣くから、俺も泣いたじゃん! 」と照れ笑いするミンスだが、目頭を熱くし、感動的な雰囲気に包まれた。

 そんな中、キム・ナムホは「韓国でやったら、もっと簡単にできるのに、なぜ日本で若い人たちとこんなことをしているのかなと毎日考えましたが、こんなに真面目に頑張っている人たちを見たことがない」と4人の頑張りを称え、「いま彼らを見て、むしろ私が頑張っています。本当にこのチームに会えて良かったから、全員の頑張った姿を応援してください」と力を込めた。

 そして、本作のメインナンバーとなる「マイ・バケットリスト」を5人で熱唱。感情をのせた歌声を響かせ、作品への期待をさらに高めた。

 最後に、「一生懸命準備していますので、応援よろしくお願いします。頑張ります! 」(テウン)、「本気でやります。期待してください」(ヨンソク)、「悲しい作品ですけど、元気をもらって帰れると思います。『マイ・バケットリスト』を見て、元気をもらって頑張りましょう」(キム・ナムホ)、「みんな頑張っています。僕たちの情熱を作品で見せたいなと思うし、皆さんをガッカリさせないように全力で頑張っていきたいなと思います」(インジュン)、「本番で見せます! 頑張ります」(ミンス)とメッセージを残し、制作発表会を締めくくった。

 韓国公演とは違う、日本語公演ならではの演出が散りばめられた作品になっているとのことなので、すでに見たことのある人も、初めて見る人も楽しめる作品になるだろう。抜群のチームワークを誇る「マイ・バケットリスト」日本語公演は2月20日に開幕する。

2018/02/08 20:05入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.