Wコラム インタビュー

【イベントレポ】HOON(from U-KISS)、2ndソロシングル「Anniversary」発売記念イベントで語る「ファンとの記念日”KISSme DAY”を作りたい」

HOON(from U-KISS)が、1月23日(火)東京・タワーレコード渋谷店にて、「Anniversary」発売記念イベントを開催した。

 2017年2月に「雪桜」でソロデビューし、今回第2弾となるシングル「Anniversary」をリリースしたHOON。タイトル曲「Anniversary」では、ファンへの永遠の愛を力強くも甘い歌声で表現し、カップリング曲「Rain」は本人が作曲した切ないバラード曲となっている。

【画像】HOON(from U-KISS)、2ndソロシングル「Anniversary」発売記念イベント開催

 ニューシングル発売を楽しみにしたファンたちが集まる中、ベージュのコートを羽織り、冬らしい装いのHOONが登場。笑顔で手を振り、ファンにあいさつした。

 初めてのソロ活動では、緊張やプレッシャーを感じたと言うHOONは、「『KISSme』(=「U-KISS」のファン)と『U-KISS』が応援してくれているし、2回目は落ち着いてやりたいと思いますが、それはできないです」とファンの顔がよく見えるほど近い距離に緊張した様子。しかし、「目を見ながら気持ちを伝えて歌うことができるから、すごくうれしい」と気持ちを伝えた。

 新曲「Anniversary」について、「今、『KISSme』と『U-KISS』にとって大事な時期だと思ってます。いろんな別れをしてるじゃないですか? だから、落ち込んでいる『KISSme』、『U-KISS』のために、幸せな気持ちでみなさんを祝福するために作った曲です」と紹介。MVのお気に入りのシーンには、最初の花火のシーンをあげ、「機械を使ったのではなく、スタッフのみなさんが直接手で着けて、火が消える前に、早めに演技しました」と撮影時のエピソードも明かした。

 また、自身が作曲した「Rain」は、たくさん悩みながら何度も変えて、2週間で完成した曲だという。

 「Anniversary」のタイトルにちなみ、「新しいアニバーサリーを作るなら、どんな記念日を作りたい? 」とMCから問われると、「“『KISSme』DAY”を作りたい! 」とし、パーティー会場のような場所で、『U-KISS』がステージを披露したり、反対に『U-KISS』が客席に座り、ファンのステージを見てみたいと楽しそうに語っ

た。

 記念日といえば、1月にメンバーのKiSeopとJunが誕生日を迎えたが、HOONはバースデーメッセージを送り祝ったとのこと。Junには日付が変わってすぐに電話をし、1番にお祝いをしたとし、KiSeopの時は誕生日当日生放送番組に出演していたため放送終了後すぐにメッセージを送ったというが、1番ではなかったと話した。悲しがっていたというKiSeopだったが、なんとKiSeopがHOONに会いに来ているとMCから知らされると、ファンからは驚きの声があがった。

 大歓声の中KiSeopが登場すると、HOONも驚きの表情を見せながら「なぜ来ました? 」と質問。
KiSeopは「HOONさんが2ndソロシングルを出すから応援するために来ました! それにファンのみなさんに会いたかったので」と答え、HOONとファンを喜ばせた。

 KiSeopはHOONの新曲について「本当に良い曲だし、バラードの時のHOONさんの声が特に本当に好きです」と称賛。また、「ことし最初の『U-KISS』としてソロの活動、頑張って! 」とエールを送った。
KiSeopの言葉に笑顔を見せたHOONは、ハグをし感謝

を表した。

 HOONは、「2018年最初の活動だから、『U-KISS』として、HOONとして、歌で想いを伝えたいと思います! 」とソロ活動への意気込みを口にすると、歌のステージに移った。

 タイトル曲「Anniversary」では、感情の込もった歌声でファンを魅了し、続いて「雪桜」を熱唱。最後に切ない声で「Rain」を歌い上げると、ファンからは大きな拍手と声援が送られた。

 HOONは「幸せな時間をありがとうございました! 」と感謝の気持ちを伝え、笑顔でステージを後にした。

2018/01/29 22:18入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.