Wコラム インタビュー

【イベントレポ】「SF9」、ファンクラブ会員限定のプレミアム無料イベント開催! キュートな着ぐるみ姿でセクシーダンスも披露!

イケメンダンスボーイズグループ「SF9」が、1月19日(金)Zeppダイバーシティ東京にて、公式ファンクラブ「FANTASY JAPAN」の発足を記念したプレミアムイベント「SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY~The Beginning of Fantasy World~」を開催。FANTASYを無料招待し、盛りだくさんの内容で、フロアを隙間なく埋め尽くしたファンを楽しませた。

【画像】「SF9 OFFICIAL FANCLUB LAUNCHING PARTY~The Beginning of Fantasy World~」

 イベントに先駆け、1stアルバム「Sensational Feeling Nine」のリリースを記念して行われたダンスコンテストの優勝チームと、よしもと若手芸人で結成された、「SF9」のカバーダンスユニット『SY9』(センセーショナルよしもとナイン)がオープニングアクトを務め、会場を盛り上げた。

 オープニング映像が流れ、いよいよイベントがスタートすると、登場した「SF9」は息ぴったりのキレキレのダンスで一気に目を引きつけた後、華やかなパフォーマンスの最新曲「僕の太陽~O Sole Mio~」を披露。ファンも熱狂的な応援で後押しし、凄まじい熱気に包まれる中、幕を開けた。

 メンバー全員で「To Be Sensation!  こんばんは『SF9』です~」と声をそろえ、自己紹介をした後、1人ずつあいさつしていくメンバーたち。「僕たちもこの日を心待ちにしていました。皆さんも待っていましたか? そして、僕髪切りました(笑)。どうですか? 」(インソン)、「すごく熱いですね。そうでしょ? こんなにたくさんの方が来てくれて、皆さんとこんなに近い距離で会えて、すごくうれしいです」(テヤン)とファンとの再会を喜んだ。

 「皆さん、きょう本当にありがとうございます。きょうは『FANTASY』 と『SF9』だけの時間です。皆さん、一緒に“Fantasy Worldおめでとう”と言ってみよう! せーの! 」(チャニ)と合図し、「Fantasy Worldおめでとう」と会場が一体に。
「ことしはもっと『FANTASY』の皆さんと会える機会をたくさん作りたいので、応援よろしくお願いします」(ダウォン)、「もうすぐ新しい曲で活動するので、期待してください! 」(フィヨン)、「ことしはいっぱい皆さんに会いたいです。ぜひ、僕たち『SF9』に会いに来てください」(ジェユン)とうれしい知らせも。

 そして、「皆さん、きょうは一緒に楽しむ準備はできていますか? 」(ジュホ)とコールアンドレスポンスで、再び客席の熱量が上がり、「それでは! 次の曲! 」(ロウン)といこうとしたら、インソンが「O Sole Mio」とボケをかまし、「もう1度」とそれに乗るメンバーたち。わちゃわちゃした楽しい掛け合いに、会場からも笑いが起きた。

 改めて仕切り直し、ここからはパワフルなアーバンダンス曲「Roar ―Japanese ver.―」、水車ダンスで始まる「K.O. ―Japanese ver.―」、切ないラブソング「Easy Love ―Japanese ver.―」を3曲連続で熱唱。どの曲もファンにはお馴染みの人気ナンバー。ファンは、メンバーたちがスタンバイをする、そのフォーメーションだけで何の曲か分かるため、毎回曲の音が出る前に「キャー! 」と大歓声。また、「Easy Love」はジャケットを使ったダンスがポイントだが、すでに汗だくのメンバーたちは、羽織っていたドレープの衣装を脱いでいたため、“ジャケットプレイ”はできなかったものの、それがまた新鮮でもあった。

 メンバーたちが着替えに行っている間、スクリーンには、ジャンケンで勝った人から好きな着ぐるみを選び、その着ぐるみを着て、写真撮影をする様子が流れた後、実際にその格好をしたメンバーたちがステージに登場! ヨンビンはシマウマ、インソンはカンガルー、ジェユンはゾウ、ダウォンはカメレオン、ジュホはサル、ロウンは羊、テヤンはオオカミ、フィヨンはカエル、チャニはコアラで、1人ずつその動物になりきって、愛嬌たっぷりにあいさつし、ファンを萌えさせた。

 司会の古家正亨の進行で、まずはトークコーナーから。「SF9タイムショック」と題し、メンバーたちが30秒以内に5つの質問に答えるというもの。1人ずつ挑戦し、それぞれ個性あふれる回答やお互いの暴露合戦で、メンバーたちの仲の良さや、それぞれの素顔を垣間見ることができた。

 共通質問として、「好きな女性の仕草」と「仲の良いメンバー」があり、特に「仲の良いメンバー」では、ヨンビン→インソン、インソン→チャニ、ジェユン→テヤン、ダウォン→インソン、ロウン→全員、ジュホ→ロウンと続いたが、テヤンが客席を指して「やっぱり君」と答えたため、メンバーたちからブーイングが起こる一幕も。そして、フィヨン→チャニ、チャニの番では、ロウンが猛アピールするものフィヨンと答え、親友のフィヨンとチャニは厚い友情を示した。また、1月17日に誕生日を迎えたばかりのチャニに対し、メンバーとファンはバースデーソングを歌って祝福した。

 続いて、2択アンケートのコーナーへ。お題はその場でファンから募り、ファンと交流しながらのコーナーとなった。「生まれ変わっても男or女」という質問では、「最近、髪を伸ばしていて、可愛いとよく言われるので」というダウォンと、「生まれ変わったら、メンバーと付き合いたい」というテヤンだけが女性を選択。ロウンの提案で、テヤンが付き合いたい人をバックハグすることになり、「最近魅力があるメンバー。一緒に映画を見ようと約束しています」とジェユンを選んだ。

 「セクシーダンスが得意なのは僕or僕じゃない」という質問では、「僕」と答えたのが末っ子ラインのテヤン、フィヨン、チャニ。ダンスが得意なテヤンとチャニは分かるが、フィヨンはなぜ? という雰囲気の中、ダンスバトルに。テヤンとチャニがカッコよく決めた後、最後にやはりフィヨンが大爆笑をかっさらった。さらに、弟たちの答えを見て、遠慮したというヨンビンも踊ることになり、大人のセクシーダンスで会場をわかせた。
最後は、9人が3チームに分かれて対戦するゲームコーナー。チーム分けはヨンビン、ダウォン、チャニのヨンウォニ(永遠に)チーム。インソン、ロウン、テヤンのお尻パンパンチーム。ジェユン、ジュホ、フィヨンの心ドキドキチーム。客席も3つに分け、お尻パンパンチームはメンバーたちが「お尻」と言ったら、ファンが「パンパン」と手拍子する掛け声を作り、心ドキドキチームもメンバーたちが「心」と言ったら、ファンが「ドキドキ」と言う掛け声が出来たが、ヨンウォニチームだけは上手くまとまらないまま、最初の高速ジェスチャーゲームに。

 1チームがジェスチャーをし、残り2チームが、それが何かを答える形式で展開。“高速で卓球する”といった“高速○○”問題で、徐々に難易度もアップ。メンバーたちが必死にジェスチャーする姿が面白く、ファンは笑いっぱなしだった。

 次のゲームは、全員参加の座り相撲対決。床に座って、手を腿の裏に挟み、移動しながら相手を倒すというシンプルなゲームで、メンバーたちが無言でバトルをするシュールな展開だったため、思わず古家も「地味ですね~(笑)」を連発。「これ盛り上がっているの? 」と心配しているうちにバトル終了。お尻パンパンチームの勝利となった。

 最後のゲームは障害物競争。1人目はパン食い競争、2人目は足つぼマットの上で縄跳び10回、3人目はお尻で風船割り。心ドキドキチームが勝利となり、最終的に心ドキドキチームが優勝し、コンビニ商品の詰め合わせがプレゼントされた。ちなみに、最下位のヨンウォニチームには、自分の名前をお尻で書く尻文字の罰ゲームが。とはいえ、着ぐるみを着ているので、むしろ可愛らしさ全開で、ファンも大喜びだった。

 大興奮のトーク&ゲームコーナーを終えたメンバーたちは、映像を挟み、イベント最後はライブで締めくくり。アクロバティックなパフォーマンスが圧巻の「Jungle Game ―Japanese ver.―」、日本デビュー曲「Fanfare ―Japanese ver.―」を全力のパフォーマンスで魅せ、最後まで目の離せない充実したステージを終えた。

 そして、客席の両サイド、センターであいさつをし、「本当に楽しかったです」(ヨンビン)、「ことしもよろしくお願いします」(ロウン)、「ことしも頑張るので、これからもずっと応援してください」(テヤン)と伝え、ステージを去るのが名残惜しそうなメンバーたちは、ヨンビンの提案で客席をバックに写真を撮って、また一つ思い出を残した。

 カッコよさからキュートさ、面白さまで、ファンとの交流を通して、それぞれの魅了を余すところなくたっぷり見せた「SF9」。また次の活動でどんな姿を見せてくれるのか、ますます楽しみだ。

2018/01/22 19:51入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.