Wコラム インタビュー

【個別インタビュー~後編】「SF9」、ボーカルラインとラッパーラインの魅力大放出! 「これからもお互いに良いコラボをしていきたい」

9人でのグループインタビューが終わり、続いてボーカルライン5人とラッパーライン4人に分かれてのインタビューへ。「ボーカルラインの皆さんはそのまま残って、ラッパーラインの皆さんは撮影準備に入ってください」とお願いすると、ラップ担当のヨンビンが「あ~、ボーカルチームからですね。僕はメインボーカルです(笑)」と席を立たず、茶目っ気たっぷりな姿も。
まずは、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、テヤンによるボーカルラインの座談会からスタート。

【画像】「SF9」、個別インタビュー~後編


―「SF9」のリーダーはヨンビンさんですが、ボーカルラインの中ではどなたがリーダー的な存在になりますか? 
インソン:ジェユンさんです。ボーカルの練習をするときとか、ボーカルメンバー同士で打ち合わせをするとき、ジェユンさんが実用音楽科出身なので、音楽的な理解度が一番高いんです。ハーモニー、音程、リズムとかの話になると、リードしてくれるので、ボーカルラインではリーダーだと言えると思います。
ロユン:そうですね。
テヤン:ジェユンさんが一番! 
ジェユン:ありがとうございます~。

―「SF9」のボーカルラインはこんなところが素晴らしい、という長所を教えてください。
ジェユン:それぞれ得意なジャンルが違うんです。だから、何かに偏っているのではなく、いろんなジャンルを網羅できることですね。ダンスといったらテヤン、バラードといったら僕、ロウン、インソン。ダウォンは「BIGBANG」スタイル(笑)。
ダウォン:R&B、ヒップホップです。特にSOL先輩のファンですが、「BIGBANG」先輩たちみんな好きです。
ロウン:(インソンに)兄貴はトロット(韓国演歌)。
インソン:そうですね、トロット。
ダウォン:僕は演歌。
ジェユン:それぐらい、幅広い才能を持っているので、それが長所だと思います。そして、聴く音楽もみんな違うから、音楽的にすごく役立っていると思います。
ロウン:あと、ボーカルメンバーはみんな声がとてもいいですね。よくある声ではなく、それぞれにカラーがあるんで、ソロでもハモリでも、それぞれの良さが出ていると思います。みんな聴きやすい声だから、僕たちボーカルラインだけでユニット活動をしてもいいと思います。
ジェユン:それすごく良さそう! 特に、ダウォンはハモりが上手です。
ロウン:高音に特化したメンバーもいるし。テヤンはリズムと、声が良くて、僕は万能です(笑)。すみません、冗談です。
インソン:ロウンはビジュアル! 
ロウン:僕はみんなに救われています。
テヤン:そんなことないですよ! 
ダウォン:何でもできます! 

―こういう掛け合いも息ぴったりで、チームワークはバッチリですね。
ロウン:ハイ、結束が固いです。

―そんなボーカルラインから、ラッパーラインにお願いしたいことはありますか? 
ロウン:ラッパーラインのメンバーは、曲を作っているんですが、ラップばかり書いていないで、僕たちにも曲をください。感性的なバラードを一緒に作ろうということをお願いしたいです。
インソン:個人的にはラッパーラインのメンバーも、ボーカルに欲を出してほしいです。
ロウン:お~。

―パートをとられる心配はありませんか? 
ロウン:とられない自信はあります! 
インソン:ジュホさんにはとられないと思います(笑)。
ダウォン:いままで通り、お互い頑張って、応援しながら、やっていけたらいいなと思います。

―今回のアルバムで、特にボーカルが引き立つ曲としておすすめを挙げるならどの曲ですか? 
ジェユン:1曲あるよね。
ロウン:「空白」。
インソン:それぞれに合うパートをもらった曲なので、聴いてみると、僕たちボーカルラインの魅力を感じられると思います。
テヤン:「空白」を初めて聴いたとき、曲自体いいなと思いました。レコーディングも集中してできたし、僕もメンバーたちも、まだ自分の声のカラーをいろいろと探っている段階で、そういうのを意識しながらレコーディングをしたので、僕たちの声とか、感情を上手く伝えられて

いると思います。

―ボーカルとして今後さらに成長していきたい部分や、挑戦してみたいことは何ですか? 
ロウン:僕は演技も勉強しているんですが、最終目標はミュージカルに出演することです。
インソン:本当に? 
ロウン:以前、「ノートルダム・ド・パリ」というミュージカルを見たんですが、すごくカッコよかったんです。でも、そのときはまだ演技の勉強をしていなかったし、ミュージカルというと遠い存在に感じていました。でも、演技の勉強を始めて、やってみたいと思ったことの一つがミュージカル。それで、いろんな作品を見たんですが、すごくステキで魅力的だなと。ボーカルも演技ももっと頑張って、いつか機会があったら、ぜひミュージカルに出演してみたいです。
インソン:僕はいろんなジャンルの曲を歌いこなせるように、声をしっかり作っていくのが目標です。最近、細かい部分にこだわったスタイルの曲が流行しているんです。感性を刺激するような。そういう声のトーンを作るため、もっと深い感性を持つ男になります! 
ジェユン:韓国語曲の日本語バージョンではなく、日本オリジナル曲を出したいというのが一番ですね。そういう曲を出せたらいいし、いつか自分たちが作曲した日本オリジナル曲を出すのが目標です。
テヤン:ダンスとボーカルを一緒に見せることが目標です。グループでのステージはもちろん、ソロでもいいステージをお見せすることができるように、それを目指していまは練習に励んでいます。
ダウォン:まだまだダンス、歌をたくさん見せられていない気がするので、もっと練習をして、自分の魅力をお見せしたいです。

続いて、ヨンビン、ジュホ、フィヨン、チャニによるラッパーラインの座談会へ。
―「SF9」のラッパーラインはこんなところが素晴らしい、という長所を教えてください。
チャニ:魅力にあふれています。そして、(ヨンビンを見て)イケメンだし、(あごの下でピストルポーズをして)イケメンだし、(フィヨンを見て)イケメンだし、(ジュホを見て)……イケメンです(笑)。ビジュアルメンバーが集まっていると思います! 

―ヨンビンさんとチャニさんは顔が似ていますよね。
チャニ:でも、僕が先にデビューしたんで、ヨンビン兄が僕に似ているということで。ハハハ。
ジュホ:やっぱり、僕たちラッパーラインのメンバーは、みんな声色が違って、特徴があるんで、聴いた方が僕たちの声を楽しめるということが長所ではないかと思います。
フィヨン:同じラップをしているんですが、それぞれ好きなスタイルが違うから、ラップに味があると思います。好きなビートの感じも違うし、ラップメイキングをするとき、先に歌詞を構想するメンバーもいるし、フロウを構成するメンバーもいるし。それぞれ違うから、虹餅(五色餅)のような、いろんな魅力が重なり合っていると思います。
ヨンビン:ラッパーラインの魅力は、みんな自分に自信を持っていることです。ラップというのは、自分の思いや考えを表現し、届けるものだと思うので、各自、確固たる信念を持っているんですよね。だから、自信が生まれるんだと思います。それぞれが伝えたいことを、自分が望む音楽スタイルに込めて、多くのファンの方に聴いていただける機会があったらいいなと思います。

―韓国の3rdミニアルバム「Knights of the Sun」では、1曲目の「詩;00:00」をラッパーラインの皆さんが手掛けたんですよね。
ジュホ:僕たちみんなで書いた、ラップ中心の曲ですね。今回の日本アルバムは、チームカラーを見せる曲を中心に収録したので、この曲は入っていないんですが、日本でも機会があれば、ラップ中心の曲を披露したいです。

―皆さんはどういう流れで、曲作りをされるんですか? 
ジュホ:みんな集まって、どの部分を誰がやるのかを決めて、その後、その曲に合うテーマを話し合った後、それぞれが書いたものを持ち寄って、お互いに聴きながら、いい方向に修正していきます。だから、修正する回数が多いですね。「O Sole Mio」のラップも、何十回も修正したんですが、そういう過程を経てこそ、いい曲が生まれると思うので、細かく作業していきます。

―どなたがまとめ役になっているんですか? 
フィヨン:ジュホ兄がしてくれますね。「みんなで集まって話そう」と最初に集合をかけるのもそうだし、「歌詞を書いたら、僕に送って。そしたら、みんなの分を集めて送ってあげる」とか、そうやってまとめてく

れるのはジュホ兄が多いです。

―ボーカルラインにお願いしたいことはありますか? ちなみに、インソンさんはラッパーラインのメンバーにもボーカルに欲を出してほしいと言っていましたが。
チャニ:僕、歌の練習に励んでいます! 

―それから、感性的なバラードを作ってほしい、ということも言っていましたが。
フィヨン:逆に、最近はヒップホップがトレンドだから、兄貴たちにそういうジャンルの曲をたくさんしてほしいです。兄貴たちはみんな上手くやっていて、実力的なことに関しては何も言うことがないんですが、むしろ僕たちと一緒に楽しめるものができたらうれしいし、関心を向けてほしいです。
ヨンビン:いままで通り、良いコラボレーションができたらうれしいですね。お願いがあるとしたら、ダンスを……。
ジュホ:おっ、いいね~。

―ダンスを頑張ってほしいということですか? 
ヨンビン:頑張るだけではなくて、上手くなってほしいです。

―ということは、ラッパーラインのほうが、ダンスが上手いと? 
ヨンビン:ラッパーだから、リズム感がボーカルラインより、ほんの少しだけですけど、上回っているんじゃないかと(笑)。
ジュホ:(通りかかるインソンを発見し)インソンさん! ボーカル練習、頑張りますね~。
インソン:努力して! 
ジュホ:OK~。

―ラッパーとして今後さらに成長していきたい部分や、挑戦してみたいことは何ですか? 
ジュホ:「SF9」はボーイズアイドルグループですが、僕たちの曲は独特なリズム、独特な感じのラップが特徴だと思います。誰もが簡単にマネできるラップより、自分たちのカラーが色濃く出るラップを取り入れているので、これからももっと練習して、曲に盛り込みたいです。曲を聴いて、「この曲は「SF9」の曲だ」と言われるのもうれしいですが、「このスタイルはジュホだ、ヨンビンだ、フィヨンだ、チャニだ」と言われるような個性のある、誰もが聞き分けられるラッパーになるのが目標です。なので、いい曲もたくさん作りたいし、認められたいです。
フィヨン:正直、ラップは一番上手くなりたいです。僕たちと同じように夢見ている人たちのお手本になれるように頑張りたいし、そうなるにはしっかり頑張らないといけないと思っています。そして、頭より体が先に反応できるような、カッコいいラッパーになりたいです。
チャニ:いつか僕の伝えたいことを歌詞に込め、皆さんが共感できる曲を作りたいです。1曲作るというのは欲かもしれませんが、歌でもラップでも、1曲として作ってみたいです。
ヨンビン:皆さんの痛みや喜び、悲しみの感情を自分の作ったラップを通して、解消できるようないい曲を作り、たくさん愛してもらえたらうれしいです。


 インタビュー中、お互いにツッコミを入れたり、冗談を交えてユーモアたっぷりに語ったりと、仲の良さがにじみ出ていて、終始笑顔が絶えなかったメンバーたち。話を聞けば聞くほど、個性豊かで9人9様の魅力が尽きなかったが、今回の日本1stアルバム「Sensational Feeling Nine」も、聴けば聴くほど深みにハマっていくアルバムとなっている。また、ダンスグループならではの、華やかな息ぴったりのダンスパフォーマンスにも期待が高まる。

2017/12/13 22:00入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.