Wコラム インタビュー

【会見レポ】「Apeace」、8thシングル新曲「BANG!  BURN!  LOVE」初披露&記者会見で語る新曲に込めた思いとは?

東京・恵比寿の専用劇場K THEATER TOKYOを拠点にロングランの単独公演を成し遂げ、今や専用劇場を飛び出しライブ、ミュージカル、バラエティなど幅広い分野でも活躍する注目のグループ「Apeace」が、2017年12月13日にリリースする8thシングル「BANG! BURN! LOVE」に先駆け、マスコミに向けて新曲初披露&記者会見が行われた。

【画像】8thシングル「BANG!  BURN!  LOVE」初披露&記者会見

 颯爽と白いタキシードスーツに身を包み現れたメンバー11人が息ぴったりに、ニューシングル「BANG! BURN! LOVE」の収録曲2曲「BANG! BURN! LOVE」、「KIZUNA」を披露。

 バラードでしっとりと歌い上げる「KIZUNA」では、「Apeace」のこれまでの集大成とも言える魅力が思う存分に引き出された曲となっていた。

 続いてアップテンポが特徴の「BANG! BURN! LOVE」はダンスクラシックムードなファンクナンバーで、11人のキレキレのパフォーマンスと相まって盛り上げた。

 新曲披露に続き、記者会見が行われた。
一人ずつ自己紹介後、披露した新曲「KIZUNA」「BANG! BURN! LOVE」の中に込めた思いをメンバーのJ.Dとヨンウクが語ってくれた。

 「KIZUNA」についてJ.Dは、「今の僕が存在できるのはメンバーとのきずながあったからこそだと思って、書いた曲です」とメンバーとのこれまでの絆を形にしたことを説明。

 「BANG! BURN! LOVE」については、ヨンウクは「この曲はすごくノリノリな曲で、恋に対する情熱を表現した曲です。また踊りについてもたのしい曲なので聴いても見ても楽しめる曲です」と新曲に込められた思いを自信たっぷりに語った。

 今回シングルのPVにはKIDSと共演するシーンがあり、その時のエピソードについて聞かれると、セヒョンは「めっちゃ朝早くからの撮影で、僕の真似をするシーンの撮影ではこどもが疲れて寝てしまって、撮影は起こすのがたいへんでした、幼稚園の先生はたいへんなんだろうな」と初めてのKIDSとの共演での思い出を振り返った。


 また、マスコミからの質問では、新曲をファンにどんな時に聞いてもらいたいかと聞かれると、ヨンウクは「『BANG! BURN! LOVE』って曲は旅行とかに行く時の車の中です」、ドンファンは「僕の場合は、朝起きて準備する時にお風呂に入るんですが、その時のお風呂の中で目を覚ますのに『BANG! BURN! LOVE』を聞きます」とメンバー独自のおすすめの新曲の聞き方を紹介してくれた。

 新曲「BANG! BURN! LOVE」のダンスのポイントについて、サビの「走っていくぞ! 」という気持ちを存分に表現したダンスに注目してほしいとのことで、ワンチョルは「ファンのみなさんともやりたいポーズもあります」と意気込みたっぷりに語った。

 最後に今回のニューシングルは、メンバー自身も作詞に参加し、メンバーにとってもファンにとっても特別なものとなっているとさらに期待を高めた。

 今後の「Apeace」の活躍に目が離せない。

2017/11/20 19:57入力




※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.