Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】待望の1stアルバム「Cherry Seeds」発売の「CHERRSEE」、カメレオンのように七変化する姿を見せていきたい

K-POP界No.1プロデューサー「勇敢な兄弟」が総合プロデュースを手掛け、シンクロダンスとキャッチーなメロディが話題の本格派ダンスボーカルグループ「CHERRSEE」(チェルシー)。デビューから1年4か月で、「CHERRSEE」の名前の由来となる「Cherry Seeds」をタイトルに、初のアルバムを11月29日(水)にリリースする! 

【画像】「CHERRSEE」、個別インタビュー

 本作には、現在までにリリースしたシングル収録の6曲に加え、新たに描き下ろした新曲3曲を含む、全12曲を収録。このアルバムを通して、また新たな一面を見せる「CHERRSEE」の5人が、アルバムにかける思いや、これまでの忘れられない思い出、そして、年末に控えた初のワンマンライブへの意気込みなどを和気あいあいと語ってくれた。


―これまで3枚のシングルをリリースされていますが、いよいよ11月29日に1stアルバム「Cherry Seeds」がリリースされます。気分はいかがですか? 
NENE:アルバムが出せるっていうことは、応援してくださる方がいるからこそだと思うので、単純にうれしいし、いままでのシングル、プラス新曲3曲が収録され、今までのことと、これからのことが1枚にまとまったっていうのは、すごく意味深いなって思っています。
HIKARU:これまでのシングルも、今回の新曲も、そこで出会った人とか場所とか、感じたことがそれぞれ違うので、私的には感情がぐちゃぐちゃになるぐらい、この1枚にいろいろ詰まっているんですけど、それだけ「CHERRSEE」が歩んできたということだし、振り返ると、3枚もシングルが出せて、しかもアルバムができるぐらい曲を持てたってことが、シンプルに実感できるアルバムになったなって思いました。
SAYURI:前作のシングル「Cry again」のとき、このままいくと、もう次の曲は出せないっていう危機感さえ抱いていたのに、今回アルバムまで制作できたことが単純にうれしいし、すごい重みがあるなって。いろんな人との出会いもあるし、私個人の想いもあるし、ファンの方からの応援もあるし、いろんな人の想いがギュッと詰まった1枚になっていると思います。
LENA:アルバムがこんなに早く出るとは思っていなかったです。今回、「『CHERRSEE』のアルバムが出たよ」って周りにも自慢できるから、うれしいです。自分の国に帰っても、「シングルじゃなくて、アルバムが出たよ」って自慢できると思います(笑)。
MIYU:アルバム名「Cherry Seeds」が、“多くの人を魅了する花を咲かせる種になりたい”っていうグループ名の由来にもなっているタイトルなので、その名の通り、今いるファンの方に感謝の気持ちで出せるアルバムでもあるし、いろんな方にもっと「CHERRSEE」を知ってもらいたいアルバムになったなって思います。
NENE:グループ名の由来がアルバム名になったので、これから先の活動においても、大きなものになるんじゃないかなって思います。

―では、新曲3曲の聴きどころを教えてほしいんですが、まずはタイトル曲「カメレオン」。
NENE:歌詞は、好きな人を振り向かせるために、女の子が七変化していくっていうのをカメレオンって言葉で表しているんですけど、私たち自身にも“カメレオン”って言葉が当てはまるんじゃないかなっていうのがあって。デビューする前、プロデューサーの「勇敢な兄弟」さんに、「カメレオンのようになってね」って言われたことがあって、今までのシングルでも、いろんな表情、新しい表情をアピールしてきたところもあったので、今回の「カメレオン」は「CHERRSEE」の象徴じゃないですけど、七変化する姿を見せたいという意味が込められているので、そういう部分を感じながら聴いてもらえたらうれしいです。
HIKARU:恋愛の曲なんですけど、NENEが言ったように、「CHERRSEE」っていうグループが、どういうグループなのか答えやすくなったというか。私たちは“カメレオン”だから、K-POPではないけど、K-POPにもなれるし、J-POPにもなれるし。だから、「CHERRSEE」は「CHERRSEE」のまま、コロコロ変われたらいいなと思うので、まさに「CHERRSEE」って曲だなって思います。

―「カメレオン」はどのようなパフォーマンスになるんでしょうか? 
NENE:いま練習中なんですけど、サビの部分もすごくキャッチーで、先生たちもいろんな意味を込めて、振りを作ってくださっていて、単純に一つの意味合いではなくて、いろんな意味を込めているので、ぜひ注目してほしいですね。

―「カメレオン」は、相手を振り向かせるために、自分が変化していくという内容の歌詞ですが、共感できますか? 
NENE:できますね。前、メンバーとも話したことがあって、自分の嫌いな食べ物でも、好きな人がそれを好きだったら食べられるようになる、とかそういう話をしていたので、共感はできるなと思いました。
SAYURI:あと、私たちのパフォーマンスとかでも、やっぱり見られる立場なので、たぶんみんな、きょうはヘアスタイルどうしようか、メイクはどうしたらもっとキレイに見えるか、「これどう? 」ってお互いに聞いたりしているので、そういうこと自体も、この歌詞と一致していると思います。

―メンバーの中では誰が一番カメレオン的な要素を持っていますか? 
NENE:じゃあ、指を指しますか? 
HIKARU:いっせーのーせ! 
(NENE、SAYURI、HIKARUがLENA、LENAがMIYU、MIYUがLENAを指す)
LENA:(3票集まり)えっ、何で!? 
HIKARU:本当にライブを見てください! って感じです。
NENE:はっきりと納得ができるようなカメレオンの姿なので。
HIKARU:さっきまで1番年下みたいな、可愛い顔をしていたと思ったら、最年長みたいなカッコよさでラップするし、愛嬌とガッツリ見せるところの持っていき方が上手すぎて。
SAYURI:それに、私生活もギャップがありすぎるんです。ちっちゃいときに見るようなアニメが本当に好きなんですよ。それなのに、ラップはカッコいいとか。カッコいい要素もあるのに、私生活ではピンクとか可愛いものが好きで。ファッションも、黒ばっかり着るのかなってイメージだったんですけど、遊び心があるし。
NENE:キャラクターの服とかね。
HIKARU:さつまいもとか渋いものも好きだし、なんかカメレオンです。っていうか、ついていけない(笑)。
LENA:あの〜、私も言っていいですか? 私はMIYUちゃんがカメレオンかなと思って。MIYUちゃんはグラビアも撮っていて、セクシーで女性らしいじゃないですか。でも、PVを撮るときは表情が本当にカッコよくて。
NENE:たしかにギャップはあるね。パフォーマンス中も可愛らしいイメージなのに、カッコいい表情をしたり、セクシーな表情をしたり。
MIYU:ありがとうございます〜! 私は、悩んだんですけど、カメレオンだと思うのはNENEさん。
NENE:えっ、私!? 
MIYU:よく一緒にダンス練習をするんですけど、ジャンルの幅が広くて、ロック踊れるんや、と思ったらヒップホップも得意やし、「CHERRSEE」はガールズ系やから、いろんなジャンルを踊れて、カメレオンだって思いました。
NENE:「CHERRSEE」は“ギャップ”っていうのがキーワードとしてあるんじゃないかなって。ライブをしていても、それぞれにギャップがあるのが面白いなって。普段とライブが違うみたいな。そこをもっとアピールしていけたら、私たちの強みになるんじゃないかなって思います。

―続いて、2つめの新曲「Hallo」の聴きどころは? 
HIKARU:歌詞は、自分の彼氏が他の女の子と遊んだりした後、自分のところに帰ってくるんですけど、そんなの許しませんよ、みたいな感じで女の子が反撃していくという内容です。最後のほうでMIYUが「反撃のターン」って言うんですけど、最後の最後に反撃が始まるんです。で、SAYURIとかが「ラララララ〜♪」って。怖いじゃないですか。
一同:ハハハ。
HIKARU:「反撃のターン」って言った後、「ラララララ」ですよ(笑)。普通に歌詞だけを見ていたらホラーなんですけど、「CHERRSEE」が歌ったらそうはいかなくて、ちょっと可愛くなるんですよね。そこもいいところだし、この曲をもらったとき、「どうやって歌うんだろう? 」「むしろLENAしか歌えないんじゃない? 」とCERRSEEには合わないなって思っていたんですけど、いざレコーディングをしてみたら、みんなの良さがあって。MIYUだったら、怒りはあるけど、声がすごく可愛らしくなったり、NENEだったら、それプラス大人の可愛らしさがあって、SAYURIだったら、英語がしゃべれるのを生かして、歌い出しがラップ調の英語の歌詞になっていたり。私とLENAだったら、年上組なので、「Mystery」とかではできなかったこと、苦手だなと思っていたことをこの「Hallo」ではできているから、それぞれの魅力がまとまって、チームワークの良さを見せられる曲だなと思います。
NENE:ノリがいい曲なので、今後ライブとかで披露するときに、盛り上がれる曲になったらいいですね。

―「Hallo」は歌詞がユニークですよね。彼氏がプリンを買ってきて、彼女の機嫌を取るという内容の歌詞もありますが、皆さんは何があれば機嫌が直りますか? 
HIKARU:(SAYURIと自分を指して)ここかぶっているんで、先に言いますね。せーの! 
HIKARU&SAYURI:アイス! 
HIKARU:私ら、アイスがめっちゃ好きなんですよ。空き時間とかあったら、どこのアイス屋さんに行くか、2人で相談して食べに行きます。
SAYURI:この間も3店舗候補があって、「どうする? 」ってずっと悩んで。最終的に、ソフトクリームを食べに行きましたけど。
HIKARU:最新のもチェックするよね。
SAYURI:ハーゲンダッツとかコンビニのアイスも食べます。ダイエットしなきゃいけないときでも、ご飯食べないから、アイスだけは食べさせてくれっていうぐらい、好きなんです(笑)。
LENA:私は、プリンは100円じゃないですか。だから、プリンを持ってきたらダメだと思います(笑)。
一同:ハハハ。安いから! 
LENA:もっと高いものを持ってきたら、考え直します(笑)。
SAYURI:さすが! 
NENE:私は、ディズニーグッズをもらったら喜びます。特に、プーさんとプリンセスとティンカーベルが好きなので、それだったら幸せに浸ります。いいよ、何でもいいよってなっちゃうかもしれない(笑)。
MIYU:私は、食べ物とか物じゃなくて、明日どこに行こうっていう約束。
一同:可愛い〜! それいいね〜。
MIYU:明日がいいんですよ。行くつもりなかったのに、行けるんや、みたいなうれしさやったら、機嫌が直ると思います。明日の予定の日にちが書かれた遊園地のチケットとか映画のチケットとか。
一同:ステキ〜。
HIKARU:でも、MIYUがそうなったら、「CHERRSEE」のスケジュールを入れよう! 悔しいから(笑)。
一同:ハハハ。

―そして、3つ目の新曲「古いポップソングのように」の聴きどころは? 
SAYURI:歌詞は、別れた彼のことを思い、古いポップソングのようにいつまでも、自分の心に残る色褪せない思い出っていう内容なんですけど、初めはR&Bの洋楽寄りのような、カッコいい感じの楽曲だったんですね。でも、「CHERRSEE」の声に合わせて雰囲気を変えることになって、可愛い曲になったと思います。私たちの声をふわっと乗せた感じ、そよ風みたいなイメージの曲じゃないかなって。
HIKARU:ライブで歌うとアルバムで聴くのとでは雰囲気が変わるんだろうなって思います。

―「古いポップソングのように」の歌詞にちなんで、皆さんにとっての消えない記憶、思い出を教えてください。
SAYURI:この1年だったら、「CHERRSEE」の1周年のとき、メンバーの顔写真入りケーキをファンの方にいただいたことです。ずっと、自分の顔入りケーキが食べたかったので。だから、めっちゃ感動しました! 
HIKARU:メンバーとスタッフさんでそのケーキをいただいて、自分の顔は責任を持って、自分で食べましたね。
NENE:懐かしい〜。
LENA:私は3年前、韓国に留学したとき、風邪を引いてしまったのに、お金もなくて、韓国語もしゃべれなくて、本当にどうしようかなと思っていたとき、寮のおばちゃんが薬をくれて、おかゆも作ってくれて、いろいろと世話をしてくれたことです。あのときは、本当に涙が出るぐらい、感謝しました。おばちゃんがいなかったら、どうなっていたか分からなかったです。
HIKARU:いろんな経験してるね〜。
MIYU:私は、高校受験の前日、福岡でダンスのお仕事があって、明日受験があるのに、終電に間に合わないかもしれない、って危機に迫られたことがあって。結局、新幹線には間に合ったんですけど、新幹線の中で勉強したっていう苦い思い出があります。その間に合わないかもしれない、っていうドキドキ感は今でも忘れられないです。
NENE:すご〜い。恐ろしいね。私は、忘れられない思い出っていうと、小学生のとき、何も考えずピュアな気持ちで遊んで、楽しんでいたことですね。今思っても、キュンキュンするぐらいピュアだったなって(笑)。あの頃のああいう時間って、今はほとんどないから、大事だなっていうのをふと思います。
HIKARU:私は、昔大阪のスタジアムで大きなフェスがあって、それに出たくてダンスを始めたんですね。それで、運良くあるアーティストさんのバックダンサーで出ることができて、私的には夢が叶ったと思ったんですけど、本番が終わった後に何か違うなって感じて。私は別にバックダンサーになりたいんじゃなくて、自分が歌って踊りたいんだってことに気付くことができたんです。だから、そのステージに立っていなかったら、私は今ここにいないなって。今思うと、自分の本当の夢に気付かせてもらった、いいタイミングだったなって。あの景色は忘れられないですね。

―きょうも、「Cherry Seeds」通常盤のジャケット写真で着ている衣装を身に着けていますが。
NENE:「Cherry Seeds」って感じがよく出ていて、等身大の「CHERRSEE」らしさも出せている衣装なんじゃないかなと思います。

―もう1つの初回限定盤のジャケット写真は、派手なタンクトップに迷彩カーゴパンツという衣装で、ガールクラッシュのイメージですよね。
NENE:逆にそのカッコいいのがあるからこそ、このピンクの衣装が引き立つんじゃないかなと思うので、けっこう気に入っています。
MIYU:このピンクの衣装は私服に近くて、もう1つのほうが、普段の格好とはかけ離れているので、最初は着こなせるかなと思ったんですけど、新しい自分を発見したっていうか、すごい新鮮な感じでした。だから私は、もう1つのほうが気に入っていますね。
SAYURI:私も。ズボンがすごい下がっていて、ダボッっとなっている服を1度着てみたいなと思っていたので。トップスは女性らしく、ボトムスは男性っぽいフォルムなので、すごい好きです。
NENE:今までにないよね。
SAYURI:みんなもズボンを履くとき、キャーキャーしてたし(笑)。

―花畑をバックに撮影されていますが。
LENA:キレイでした。それに、私たち、外ロケが初めてだったので楽しかったです。
HIKARU:PVもスタジオの中ばっかりだったので、太陽と共に撮るっていうのがあんまりなくて。
LENA:夜もすごいキレイだったね〜。
NENE:この日は、すごく晴れて、青空だったんです。その前後は天気がよくなかったのに、ステキなロケ日和になって。個人的に、私はお花と緑と青空っていう景色が大好きで、そういうところで撮影してみたいなと思っていたんですけど、まさかそれがアルバムで叶うとは。だから、すごくうれしかったです。

―グループの中に雨女はいないってことですね。
HIKARU:私、めっちゃ雨女なんですけど(笑)。運動会の前日とかに、めっちゃ雨降るんですけど、当日小雨になって、やれるかやれないかみたいな。結局、やれるんですけど、いつもそうなんですよ、私。瀬戸際を彷徨う人なんです。で、SAYURIがめっちゃ晴れ女を発揮してくれて。
SAYURI:私、死ぬほど晴れ女なんです(笑)。でも、唯一人生で初めてじゃないか、っていうぐらい負けたのがMIYUちゃんの誕生日の台湾ライブなんですよ。それまで、イベントとかで雨になったことはないんですけど、台湾の日だけ土砂降りになって。でも、中止にならなかったからね。
HIKARU:土砂降りは私のせいじゃないよ。私は小雨だから(笑)。本番直前になると小雨になって、終わったら土砂降りになるんです。
一同:ハハハ。

―ジャケット写真での皆さんの表情もカッコいいですよね。
NENE:でもコレ、裏話をすると、太陽光との勝負だったんです。みんな眩しくて眩しくて、どうやったら目が開くんだろうって中での撮影だったんです(笑)。
SAYURI:涙が出るぐらい眩しくて。
NENE:だから、よく見てみると、“あ〜、眩しいんだな”っていうのが分かるかもしれませんね(笑)。

―「CHERRSEE」の皆さんは10月6日にデビュー500日を迎えたそうですが、実感はありますか? 
NENE:500日っていうのは、ファンの方が言ってくださったんです。私たち、怒涛の毎日だったので、正直そういう話が出てなかったぐらい、あんまり感覚がなかったんですよ。だから500日って言われたとき、500日も経っているんだって。
MIYU:本当にあっという間でした。もう500日なんやって。「白いシャツ」のときは、そんなにあっという間って感じはなかったんですけど、今はすごいスピードで。
SAYURI:特にこの2か月ぐらいは、“秒”で過ぎたって感じるぐらい。

―ニューアルバムを引っさげて、各地でリリースイベントなども始まりますよね。
NENE:リリイベは無料なので、それこそ地方の普段会いに来られない方とかにもお見せできるステージなので、リリイベは大事にしながら、やっていけたらいいなと思います。
HIKARU:新曲を聴いたときの、ファンの皆さんの反応が楽しみですね。新しいものをバンバン見せられるっていうことがうれしいし、私たちが体力をつけてもっともっと頑張らないとなって。

―良いステージを見せていくには、やはり体調管理は大事ですよね。
NENE:頑張ります! 
SAYURI:私は自炊を頑張っています。ここ半年は、自分で作ったら、外食していたときより、倍食べても変わらないとか、それぐらい自炊と外食が違うってことに気付いたので、できるだけ自分で作るように心掛けています。

―他のメンバーはSAYURIさんが作ったものを食べたことはあるんですか? 
HIKARU:お弁当をつまみ食いしたりします(笑)。私、SAYURIとよくオシャ活するんですけど、オシャレなカフェに行って、そこで食べたものを再現して、食べさせてくれるんです。
MIYU:体の中からキレイになりそうなものを使っているから、味もおいしいし、健康にいいなって感じがしますね。

―そして、12月30日には初のワンマンライブが控えていますが。
NENE:念願だったので。すごいうれしいし、いままで応援してくださったファンの方、支えてくれた家族に感謝したいので、来てほしいって気持ちもあって、とにかくいろんな方に見てもらえたらうれしいです。新たな一面をワンマンライブで披露できたらいいなと思っています。

―新しくリーダーとなったNENEさんから、今後「CHERRSEE」はどんなグループになっていきたいか、抱負をお願いします。
NENE:私が特別賢いわけでもなく、しっかりしているわけでもないんですが、1つの変化ということで、私がリーダーとなりましたが、「CHERRSEE」が少しでも前向きに、プラスの方向に進んでいけるように、私なりのことができればいいなと。リーダーとして、何ができるか自分でも分からないんですけど、前向きに頑張って、メンバーみんなで、いい方向に持っていけるようなグループになれたらいいなと思っています。


 これまで「CHERRSEE」には、シングルをリリースするたびにインタビューしてきたが、今回は初のアルバムということで、改めて個人の魅力を聞いてみると、「うるさいってよく言われます」(NENE)、「よく食べます」(SAYURI)、「よく怒ります」(HIKARU)、「日本語がヘンです」(LENA)との答え。さすがに「私たち自虐的すぎない? 」とケラケラ笑い、最年少のMIYUが「よく笑います」とニッコリしながら締めくくる、という楽しい雰囲気で始まり、終始笑いが絶えず、仲の良さを見せていたメンバーたち。
これまでの苦労を糧に、チームワークを高め、さらなる飛躍を目指す彼女たちだが、1stアルバム「Cherry Seeds」はそんな5人の魅力や良さをたっぷり感じることができるだろう。

2017/11/06 21:35入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.