Wコラム インタビュー

【公演レポ】ジェジュン / JAEJOONG、「テレ朝ドリームフェス」で「GENERATIONS from EXILE TRIBE」、三浦大知とともに“スペシャルナイト”を開催

ことし7周年を迎えたテレビ朝日が贈る夢の音楽祭「テレビ朝日ドリームフェスティバル 2017」が、10月26日(木)・ 28日(土)・29日(日)に埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開催。初日となる10月26 日(木)は GENERATIONS from EXILE TRIBE、三浦大知、そしてジェジュン/ JAEJOONGがソロ出演し、3 組による“スペシャルナイト”で、イベントの幕を華々しく開けた。

【画像】「テレビ朝日ドリームフェスティバル 2017」

 トップバッターとして登場したのは、カジュアルな服装に身を包んだ三浦大知。「(RE)PLAY」で1曲目からキレのあるダンスで会場を沸かせた。続けて、「Right Now」、「music」と、さらに会場は一体となって盛り上げた。ドリームフェスティバル初参加だという三浦大知は、「素晴らしいアーティストの方々がいらっしゃるこの日のトップバッター、そしてイベントのトップバッターということで、緊張でガチガチですけども、温かい方がたくさんの集まってくれてるなと感じました。今日は音楽の垣根を越えて1つになれたらなと思います! 」と意気込むと、次の曲「U」へ。そして、「ダンスナンバーが続きましたので、ここで1曲バラードを」と、アカペラで「ふれあうだけで〜Always with you〜」を歌い始めた。マイクを通さずともダイレクトに伝わってくる歌声に、観客は一気に引き込まれ、その圧倒的な歌唱力に大きな拍手が巻き起こった。

 「SING OUT LOUD」、「EXCITE」では、サビを一緒に歌ったり、タオルを回したりなど、会場のテンションは最高潮。ラストは「Cry & Fight」を披露し、最後まで圧巻のパフォーマンスを見せ、次のステージへと繋げた。

 続いて、大歓声に迎えられて登場したのはジェジュン。黒を基調とした衣装のジェジュンは、1曲目に「One Kiss」を披露。そのまま「Mine」を熱唱し、瞬く間に会場は熱い盛り上がりをみせた。

 「みなさん、こんばんは〜! ジェジュンと申します。すごい久しぶりにさいたまスーパーアリーナのステージに立ったんですけど、元気でしたか? 今日はいろんなアーティストさんたちと一緒に公演ができてうれしいと思います。最後までみなさんと楽しんでいきたいと思います! 」と気持ちを伝えた。

 ステージ花道へと移動し、美しくも力強い歌声で「RunAway」を聴かせると、次は中島みゆきの「化粧」を感情的な歌声で披露した。

 トークでは「さっきの『化粧』という曲が、どうやってのこの曲に感情込めればいいかな? とずっと考えてて。でも歌うとどんどん歌詞の意味もわかるようになって、この曲歌うと、ちょっとさみしい気持ちになっちゃうんですね」とジェジュンらしい感性を感じさせた。

 そして「次の曲はみなさんと一緒に楽しめるような曲を準備したんですけど、盛り上がる準備OKですか? 」と、「Good Morning Night」がスタート。 ジェジュンのファンを筆頭にサビの掛け声も大きく揃い、ジェジュンも笑顔を見せながらステージを楽しみ、そのまま「Just another girl」を歌い上げた。

 「本当に楽しい時間をありがとうございます。みなさんのおかげで、日本でこ〜んな楽しい時間が作れて感謝しています」と感謝を伝えるジェジュン。残すところあと1曲となり惜しむファンに「また近くに日本に来て、みなさんとの幸せな時間を過ごしたいと思います。なかなか会えないですよね。でも12月に来るじゃん! えっ!! これ発表してないんだっけ!? (みんな)知ってた? 僕だけ知ってた? 」と突然のうれしいお知らせに、ファンから歓喜の声が上がる場面も。

 最後は「守ってあげる」を気持ちのこもった歌声で披露。歌もラストに差し掛かった頃「ここらからアカペラで」とジェジュンがサビをアカペラで歌うと、それに続きファンが大合唱。綺麗に揃うファンの歌声が会場に響き、特別なステージを作り上げた。ジェジュンは最後まで大歓声を浴びながら、ステージを後にした。

 イベントラストを飾ったのは、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」。「PIERROT」、「Hard knock days」、「Togetherness」と立て続けに披露し、会場を熱く盛り上げた。トリとして登場した「GENERATIONS」は、「さっきの2組も最高に盛り上がっていたので、僕たちも裏でワクワクしていました! 僕たちのパフォーマンスを初めてご覧になるみなさんにも、日頃から応援してくださるみなさんにとっても楽しんでいただけるライブにしたいと思っていましので、最後までよろしくお願いします! 」とあいさつ。次のステージでは「太陽も月も」「RUN THIS TOWN」とダイナミックなダンスで観客を沸かすと、雰囲気は一変し、バラード曲「空」をしっとりと聴かせた。

 イベント前日に発売したばかりの新曲「BIG CITY RODEO」も披露し、曲中の”ピーカーブーダンス”を観客とともに踊り一体感を作り上げた。「Y.M.C.A.」、「AGEHA」と会場のテンションはマックスとなり、最高潮の盛り上がりを見せた。イベントの幕開けにふさわしい豪華な3組によるステージは、大盛況となった。

2017/10/27 22:21入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.