Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】John-Hoon、日本のファンは僕にとって家族のような存在

俳優兼歌手として日本でも絶大な人気を誇るJohn-Hoon(キム・ジョンフン)が11月19日(日)東京・新宿文化センター大ホールにて「2017 John-Hoon年末ライブ&HOONEEs忘年会〜12回目の冬〜」を開催し、日本のファンと共に日本デビュー12周年となる2017年を締めくくる予定。John-Hoonがイベントに先駆けて、インタビューに応じてくれた。イベントへの意気込みやプライベートについて、さらに歌手、そして俳優としてデビュー20周年へ向けての思いなど、真摯に語ってくれた。


―11月19日に「2017 John-Hoon年末ライブ&HOONEEs忘年会〜12回目の冬〜」が開催されます。忘年会というコンセプトだそうですが何か特別に準備されていることは? 
ここしばらく年末にファンのみなさんに会うことができませんでした。11月半ばではありますが、ことし最後の舞台なのでコンサートの後にお疲れ様会を開こうと思っています。

―ライブではことしリリースした「Prologue〜恋を呼ぶ唄〜」やミニアルバム「記憶の香り」の曲も予定されていますか? 
そうですね〜。ことしは本当にたくさん日本で活動が出来ました。シングルアルバムもリリース出来たし、本当久しぶりにミニアルバムもリリース出来ました。ファンの皆様がどの曲も好きっと言ってくれているので嬉しく、今回も歌いたいと思います。

―イベントタイトル「12回目の冬」にちなみ、日本の冬の思い出は? 
日本の冬は韓国の冬ほど寒くはないですが、湿気のせいか風が冷たく感じます。でも空気がいいし、空が綺麗なので好きです。

―日本デビュー12周年を迎え、改めて、日本のファンはJohn-Hoonさんにとってどんな存在ですか? 例えるなら何でしょう? 
日本のファンの皆さんは本当に真心で僕を応援してくれています。最近僕のファンになった方もいますが、12年前や少なくとも10年にはなっているファンが多く、もう家族みたいなそんな気がします。

―John-Hoonさんが、日本に来たら必ず訪れるお気に入りの場所やお気に入りのものはありますか? 
ありますよ! 食べ物屋がほとんどですが、ハンバーグ屋さんとカレー屋さんとラーメン屋さんは必ず行きます。ラーメンはどこ行っても美味しいからその時見えるお店に行きますが、ハンバーグ屋さんとカレー屋さんは決まって行くところがあります。あっ! そうだ。しゃぶしゃぶ店も行きます。食べ放題コースでいつも豚しゃぶを食べます。

―前回のインタビューでは「『脳セク男』というイメージからハイクラスなイメージの役のキャスティングが多いので、色々な役を演じてみたい」とおっしゃっていましたが、一番演じてみたい役はどんな役ですか? 
そうですね、だめ男ですかね〜。引きこもりとか詐欺師とかギャンブル中毒とか…。
そういう普通じゃ経験できない役を演じてみたいです。でもファンの皆さんはそんな役を演じる僕をあまり好きじゃないかも知れませんね。

―日本の映画「RUN60-GAME OVER-」では悪役を演じられましたが悪役にも挑戦したいですか? 
悪役大好きです! 頭脳派悪役をやってみたいですね。誰も悪いひとと思わないのにものすごく悪いひとだったとか…

―中国ドラマ「三国志 〜趙雲伝〜」やハリウッド映画「パシフィック・リム2」といった海外での作品に出演されて俳優として何か変化はありますか? 
違う国の現場を経験することは素晴らしいことだと思います。中国では3か月以上もほぼ合宿みたいな生活環境でドラマの撮影をしました。韓国の現場も荒々しいですが、中国も大変な現場でしたね。ハリウッド映画はさすがハリウッドって感じでした。ひとつのシーンに向き合う現場のみんなに集中力に圧倒されましたね。ものすごい緊張感ある現場で僕も引き締まって演じるように自然になっていきました。また経験してみたいですね。

―アーティストとして、また俳優として、John-Hoonさんが憧れている方、目標にされている方はいますか? 
アーティストは「クイーン」です! とにかく好きで尊敬しています。全ての曲の完成度が完ぺきであの時代にあのレベルの曲を作り、歌ったなんて凄いと思います。
俳優は「ジョージ・クルーニー」さんが大好きです。目元って言いましょうか目力っていいましょうか、スクリーンで観ると引き込まれる魅力を感じます。そしてセクシーで洒落た演技が大好きですね。品のある姿勢や声も…

―今後プライベートを含め、挑戦してみたいものは? 
ある機会でボクシングを少し習ってみたんですが、ボクシングの魅力っていいな〜と思いました。ボクシングをもう少し習ってみたいですね。そして大好きなビリヤードをもっとうまくなりたいです! 僕がするビリヤードはスリークッションと言いましてボールが3つしかなく、中々難しいですが、これがめっちゃくちゃ面白いです。自分のオリジナルキューも欲しいし、益々はまって来ました。

―最近よく聞く音楽は何ですか? 
車の中では自分の日本の曲をよく聴きます(笑)自分大好きとかではなく、このときこうして歌ったらもっとよかったのに…とか後から気付くことも多いので。ことし出した曲をよく聴きます。

―休暇があったらやりたいことは? 
ビリヤードとゲームですかね(笑)家にいることが好きなんで…。でも日本の事務所の社長からモンゴル一緒に行ってみない? っいて誘われたので一度行ってみたいですね。タイにトムヤムクン食べにも行きたいです。

―ことしデビュー17周年を迎えたJohn-Hoonさんですが、2020年にはデビュー20周年を迎えますね。デビュー20周年に向けて、何か計画されていることはありますか? 
20周年ってすごいですね。日本でもう一度全国ツアーをしたいですね。「宮」のようなもうひとつの代表作をそれまでには出したいですね。演技と歌両方できていたらいいです。でもオジサンだから大丈夫ですかね…。

―2017年は「Prologue〜恋を呼ぶ唄〜」のリリースに始まり、7月にはミニアルバム「記憶の香り」のリリース、さらに10月に済州島でのファンイベントと日本での活動が多かったですね。少し早いですが2017年を振り返って、どんな年でしたか? 
除隊した2011年から日本のファンのみなさんと会う時間を度々作っていましたが、今年が一番充実した1年ではなかったかなと思います。これまでは年に1〜2回しか来られなかった年も多かったんです。2015年と2016年が確かにそうでしたね。でもことしはたくさん来られて嬉しかったし楽しかったです。ファンの皆さんの応援があったからこそなんで本当に感謝しています。

―2018年はどんな1年になりそうですか? 
来年は韓国での活動も頑張るつもりです。ドラマやバラエティー番組など頑張って活動をするつもりです。そして日本でもコンサートもしたいし、何か記憶に残るファンとのイベントもやりたいですね。もう1回運動会でもやろうかな(笑)

―最後にファンの方にメッセージをお願いします。
日本デビューして12年間、変わらぬ愛と応援心より感謝しています。性格上、中々口では言えませんが本当に感謝しています。
ファンの皆さんはありがたく大切な存在なんです。これからも頑張りますので応援してください。

これからもずっとよろしくお願いします。





【公演概要】
◆公 演 名: 2017 John-Hoon年末ライブ&HOONEEs忘年会「12回目の冬」
◆公 演 日: 2017年11月19日(日)
◆会   場 : 新宿文化センター大ホール(東京都新宿区新宿6丁目14−1)
◆開   場 : 開場 15:00 / 開演 16:00
◆チケット代: 全席指定 16,800円(税込)★オリジナル特別応援グッズ付き★
主催・企画: MEPLUS
制作・運営: ライズコミュニケーション
【公演に関するお問合せ】
ライズコミュニケーション 03-5790-2661(平日13:00-17:00)
▲イベント公式ページ:http://meplusent.com/event/johnhoon/

2017/10/26 20:25入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.