Wコラム インタビュー

【公演レポ】「MYNAME」インス、最高の笑顔と涙と愛にあふれた初ソロライブ! 「いまの気持ちを忘れずに、2年間頑張って戻ってくるから待っていて! 」

9月6日(水)に初のソロ・ミニアルバム「NAKED」をリリースし、発売週には東京・大阪・名古屋でリリースイベントを実施した「MYNAME」のインスが、9月23日(土)東京・Zepp Tokyoにて、ソロでは初となるライブ「IN SOO,S 1st SOLO LIVE〜NAKED〜」を昼夜2公演開催。

【画像】「IN SOO,S 1st SOLO LIVE〜NAKED〜」

 日本ではこれが入隊前最後のライブとなり、歌、ダンス、トークに加え、DJ、生着替えまでさまざまな魅力を発揮。さらに、「MYNAME」の曲ではラップ部分も歌ったり、「ヤッホー」、「聴いて聴いて〜」などコヌやセヨンの口癖を盛り込み、他のメンバーの存在をちらつかせながら、グループ愛も見せつつ、最初から最後まで全力を出し切り、会場を埋め尽くした「MYgirl」(=「MYNAME」のファン)の心に忘れられない思い出を刻んだ。

 この夜公演をもって、しばらく見納めとなるだけに、場内はワクワク感や期待と共に、どこか寂しさも漂っていたが、「NAKED」のリード曲「NAKED LOVE」で幕を開けると、一瞬で熱気に変わった。ダンサーと共にキレのある華やかなパフォーマンスを繰り広げるインスは、続く「GIGA FIRE」、「Guilty As Charged」でもカッコよさ全開で、ファンを熱狂させた。

 「インス〜! 」と叫ぶファンの大歓声が飛び交うと、「ヤッホー! 」と満面の笑み。客席も「ヤッホー! 」とレスポンスすると、「いいね〜」とうれしそうなインス。「1人だけどMYgirlが一緒だから、誰のファンとか関係なく、インスの公演だけだから、死んでもいいぐらい、本当は死んじゃダメだけどね(笑)。頑張っていきたいと思います! 」と気合を入れ、「この前、リリイベの初日は問題があったけど、あれはきょうのために神様がくれたプレゼントだと思います。きょうはみんな一緒の気持ちで、最後までみんなの声も俺の声も、最高な“キャー”でいきたいです」とファンの心に火を付けると、その熱気のまま次の曲へ。

 「Hot Thing‘s feat.JUN Q」では、バスケのゴールに向けてシュートするような動きを見せるなど、楽しい雰囲気を作り、「Everlastin’Luv」ではキュートさを振りまき、ラップパートの流れから「『MYgirl』大好きだよ〜! 」とアドリブを入れてファンを胸キュンさせたインス。「Crazy Crazy」では、骨盤を左右に動かして腰を回したり、インスとダンサーが肩を組んで横に揺れるのをファンもマネして、隣の人と肩を組み、会場が一体となって盛り上がった。そして、「Morning(IN SOO feat.JUN Q)」で客席に降りたインスは、会場の隅々まで駆け回りながらファンとハイタッチをし、会場中を笑顔でいっぱいにした。

 ステージ上のスクリーンに、「NAKED」のリリースイベントのメイキングや、今回のソロライブの練習風景を収めた映像が流れた後は、雰囲気がガラリ。インスはピアノとギターの生演奏をバックに、アコースティックな雰囲気の中、抜群の歌唱力で魅せていく。「ささくれ」に続いて、ナ・ユンゴンが手掛けた「Love Letter」では、インスが感情移入をしすぎて涙がこみあげ、途中で歌えなくなる一幕も。すると、ファンが歌いつないで支え、会場中がジーンとなった。

 「ゴメンね、泣いちゃった(笑)。泣かないって約束したのにね。でも、みんな歌ってくれてありがとうね」と客席に語りかけ、「ちゃんと聴かせたかったんだけど…。2年後ね(笑)。ひどいでしょ!? 」と茶目っ気たっぷりに切り返し、会場をクスッとさせたが、再びエモーショナルな雰囲気でバラードメドレーへ。

 まずは日本のカバー曲から。尾崎豊の「OH MY LITTLE GIRL」、「I LOVE YOU」、徳永英明の「Rainy Blue」を3曲続けて、情感たっぷりに歌い上げた。日本語の歌詞の意味を理解しながら歌っているから悲しくなって、涙を我慢したというインスは「デビューして日本では6年が経ちましたが、みんなの前で、1人でこうやって歌えることに、すごい感謝しています。ちゃんとあいさつしたいから」と突然イスから立ち上がると、「みんな本当に感謝しています。ありがとうございます」と一礼し、客席からは大きな拍手が送られた。

 そして、「また2年後も、『MYNAME』はもちろん、1人(のコンサート)でも『MYgirl』は来てくれますよね? 」と確認し、「いま1人でこんなにたくさんの『MYgirl』の前で歌えているのが、ありえないことだと思っています。まず両親に感謝しているし、次はメンバーのコヌ、セヨン、ジュンQ、チェジンに感謝しているし、『MYgirl』のみんなに一番感謝しているから、その気持ちを絶対忘れずに頑張って行ってくるから、絶対待っていてください! 」と礼儀正しいインスらしい言葉で約束した。

 次に韓国のカバー曲を3曲披露。インスタグラムにアップした映像でも歌っていたソン・シギョンの「僕が君のそばに少しいたということ」、練習生のときから歌っていたという映画「猟奇的な彼女」の主題歌にもなったシン・スンフンの「I Believe」、大ヒットドラマ「トッケビ(原題)」のOSTとなったCrushの「Beautiful」を熱唱し、ファンをうっとりさせた。

 そして、「MYNAME」の4thアルバムに収録されたインス作詞・作曲の「RAIN」で、韓国語と日本語を混ぜて歌った後は、ダンサーの紹介を挟み、素肌にスパンコールのキラキラジャケットを羽織ったインスが、DJブースと共に現れ、DJタイムに。DJプレイで会場をひとしきり盛り上げると、「Crank Up」ではファンの掛け声「Hey! 」がバッチリそろい、インスと客席のコール&レスポンスも息ぴったり。キャップをかぶったインスが「Burn」でパワフルかつセクシーなダンスを見せると、会場のボルテージはさらにアップした。

 そうしてクールなカッコよさを見せつけたインスだったが、「みんなが見ると、この衣装ピカピカでしょ? でも、すごく肌が痛いんだよ(笑)」と会場を爆笑の渦に。ファンから「脱いで! 」という声が上がると、「次の曲でみんなの反応が良かったら脱ぐ。反応が悪かったらボタン閉めるよ(笑)」とイタズラな表情を浮かべたが、ライブも最後に差し掛かり、真剣な顔つきになったインスは「メンバーがいないステージでの立ち位置はすごく広い。歌ってみると、寂しいけど、みんながそれ以上の力、元気をくれるから、まだまだいけるんじゃない? という気になります。こんなにみんなの幸せな顔を見ると、すごいうれしいし、すごい感謝しているし、また戻ってきて、絶対やりたいなという気持ちが強いです! 」と伝えた。

 次の曲は「みんなの声が聞きたい」というインスの指導で、ファンが歌う練習をした後、「ジヌン(2AM)からもらった曲です」と「One last time」を。練習した通り、ファンも大きな声で一緒に歌いノリノリになると、インスは宣言通り、ジャケットを脱ぎ、鍛え抜かれた肉体美を披露! この日一番の「キャー! 」という黄色い歓声が上がった。

 「笑顔で最後まで行きたいと思います! 最後は今回のアルバムの中で、一番みんなの反応が良かった曲です。聴いて聴いて〜! 」と「You Don‘t Know Me」をしなやかな筋肉をまとい、踊るインスに、最後までファンの目はくぎ付けだった。

 本編が終わると、サプライズイベントとして、ファンがアンコールの掛け声の代わりに、「雪道」を大合唱。さらに、スマイルマークのファン特製ペンライトを点灯させ、インスを大きな歓声、拍手で迎えた。再び登場したインスは客席にマイクを向けながら、「Promise Land」をファンと一緒に1番まで歌い終えると、曲は流れたまま、いまの心境を語り出した。「みんなに本当に本当に感謝しています。きょうのことを本当に心の一番大事なところに入れて、この気持ちを忘れずに2年間頑張って、戻ってくるので、みんなも笑顔で約束守って。2年後、また笑顔で会いましょう! 」と呼び掛け、それに応えるファンに「最後にみんなともう1回サビを歌いたいと思います! 」とファンと一緒に曲の続きを歌って締めくくった。

 アンコール最後はインスが作詞・作曲した「忘れないで」。歌詞がステージ両サイドに映し出され、中央のスクリーンには、これまでの「MYNAME」5人の活動を振り返るような映像が流れた。それを優しいまなざしで、愛おしそうに眺めていたインスが感極まり、泣いて歌えなくなると、ファンが代わりに歌う感動的なラストとなった。

 余韻が残る会場は、すぐに大きな「カン・インス」コールが巻き起こり、「最後のあいさつをちゃんとしたくて」とステージに戻ってきたインス。「泣いちゃったね〜(笑)」と一呼吸置き、「きょうのことを忘れずに、笑顔で行ってきますんで。最後の最後に、みんなのインスマイルを聞きたいけど、いける? 最後にみんなでインスマイルしてからバイバイしよう! 」と呼び掛け、インスの合図で、「インスマイル〜! 」が会場中に響き渡ると、インスは「ありがとう! 」と声の限り叫んだ。

 充実した最高の笑顔を向けるインスに、最高の盛り上がりで応えたファン。改めて絆を確かめ合い、2年後にまた会うことを約束し、インスの入隊前最後のソロライブは幕を下ろした。

2017/10/04 20:11入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.