Wコラム インタビュー

【公演レポ〜3組編】「B1A4」、「OH MY GIRL」、パク・サンチョル、ユン・ミンスの4組がシークレットコンサートで多彩なステージ披露!

ことしで9回目を迎える日韓文化交流イベント「日韓交流おまつり2017 in Tokyo」が9月23日(土)〜24日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園で開催された。

 「共に歩もう 心ひとつに」をスローガンに、両国の伝統芸能やK-POPカバーダンスの披露、韓国の伝統文化体験、韓国料理の販売、書籍の紹介コーナーなどには多くの人が詰めかけ、賑わいを見せた。24日(日)には毎回話題を集めるK-POPシークレットコンサートが開催され、今年はB1A4、OH MY GIRL、パク・サンチョル、ユン・ミンスの4組が出演して会場を盛り上げた。

【画像】「日韓交流おまつり2017 in Tokyo」

 トップバッターで登場したのは2015年にデビューしたキュートなガールズグループ「OH MY GIRL」。「Coloring Book」で爽やかなステージを披露し、一気に観客の心を掴んだ。ジホは「このようなすばらしいところで、すばらしい方々とお会いできてうれしいです! 」と、相変わらず流ちょうな日本語であいさつ。そして次の曲は「アリンちゃんの愛嬌がポイントだと思うんです。ちょっと見せてください」とリクエストするとアリンは「アイン」と可愛らしく愛嬌を披露し会場を沸かした。

 ユニークなお魚ダンスが話題となった「私の話を聞いて」のパフォーマンスではキュートでありながらも力強いパフォーマンスで盛り上げた。気になるカムバックについて聞かれるとジホは「新しい姿をお見せできるように今頑張っていますので、ちょっと待っていてください。日本でも近いうちに会えるように頑張ります」と話し期待を高めた。

 またグループの魅力についてミミは「全員が皆違うところだと思います。性格も違うし、そんなメンバーが合わさった時のエナジーが魅力だと思います」と語ると観客の熱い反応に「皆さんのおかげで今日は絶対忘れられない思い出になったと思います! 」と笑顔を見せた。その後ファンの大きなかけ声の中「OH MY GIRL」は独特の音楽性が際立つ「Windy Day」など計4曲を披露、最後まで笑顔いっぱいのステージで会場を明るくした。最後にリーダーのヒョジョンは「これからも頑張るので応援してください! 一日も早く新しいアルバムで皆さんに会いたいです! 」と伝えた。

 続いて登場したのはシンガーソングライター、そして実力派R&Bグループ「Vibe」のボーカルとして知られるユン・ミンス。「泣きたいな」から圧倒的な歌唱力で観客の視線を釘付けにし、ステージの雰囲気をがらりと変えた。ユン・ミンスは「はじめまして、ユン・ミンスです。爽やかな曲の後に憂鬱な曲を聴かせてしまってすみません(笑)」とジョークで観客を笑わせ、次の「昔の愛」について「僕の歌は悲しいものが多いんです。この曲は過去に別れた彼氏、彼女を思い出して聴いてもらえるといいと思います。それは冗談ですが(笑)無伴奏で始まるのですが慌てないでくださいね」と話して歌い始めた。静まり返った会場にユン・ミンスの美しい歌声だけが響き、観客を感動させた。

 続くトークタイムでは息子のユン・フくんがバラエティ番組などを通して韓国で大人気となっていることに話が及び「うらやましいです」とコメントし、再び笑いを誘った。「ぜひ一度会いたい」まで歌い終えるとユン・ミンスは「このような大きくて特別なステージで歌を歌うので、緊張をたくさんしてしまいました。緊張をほぐすのにはお酒が最高でしょう? 」と、「Vibe」の大ヒット曲「酒だ」を予告。「韓国で大ヒットした曲なんです。とっても簡単なので一緒に歌っていただけたらうれしいです。1番は僕が歌って、2番は皆さんも一緒に歌ってくださいね」と声をかけた。観客はユン・ミンスに合わせて手を横に振ってリズムをとり、その圧巻の歌唱力に酔いしれ、2番になるとマイクを向けるユン・ミンスに歌で応えた。

 3番目に登場したのはトロット界の大御所パク・サンチョル。アップテンポで気分が盛り上がるようなメロディに、一曲目の「プップー」から自然と会場から手拍子が沸き起こった。さらにパク・サンチョルと言えばお馴染み、「無条件」を歌うと観客は大歓声で応え、会場は熱くなった。パク・サンチョルは「これまで日本には何度も来ていて、街もキレイですし、秩序の面など、いろいろと学んでいます。日本食は最初は合わないかもしれないと思いましたが、今では日本食が一番好きなんですよ」と笑顔を見せた。

 そして「歌手にとって今はすごく忙しい時期なんです。僕もたくさん歌って喉の調子があまり良くないのですが、最善を尽くします! 」と呼びかけ、「日本は港が多いですよね。次の曲は皆さんにも気に入っていただけると思います。ちょっと演歌っぽい感じもします」と「港の男」を披露。ラストは3曲のメドレーを熱唱し、最後まで会場を盛り上げた。

2017/09/26 22:36入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.