Wコラム インタビュー

【個別インタビュー】「A-JAX」、結束を強めた5人で初のシングル「Romeo」を発売! 彼らが思うカッコいい男とは? 「女性に共感してあげる男」

昨年2月に5人体制になってから、初となる日本3枚目のシングル「Romeo」を9月19日(火)にリリースするDSPメディア所属の実力派人気ボーイズグループ「A-JAX」(エージャックス)。
タイトル曲「Romeo」はロックを基盤としたダンスナンバー。「ロミオ」と「ジュリエット」に着眼し、よりカッコよく1人の女性「ジュリエット」のためだけの男になるという内容の歌詞が印象的だ。さらに、メンバー5人の抜群のビジュアルと、中毒性のある息の合ったダンスパフォーマンスは必見! 

【画像】「A-JAX」、個別インタビュー

 すでに8月5日(日)東京・昭島モリタウンを皮切りに、首都圏各地でリリースイベントを展開中であり、8月19日(土)には東京・ヤマハ銀座スタジオで、「A-JAX“Romeo”SHOW CASE」を開催するなど、ファンと触れ合いながら、新曲発売のカウントダウンに入った「A-JAX」。そんな彼らが、今回5年ぶりにリリースする新曲や、日本での活動、今夏の思い出などについて、たっぷり語ってくれた。


―まず自己紹介からお願いします。
ユニョン:皆さん、皆さんの朝陽になりたいユニョンです〜。ボーカルを担当しています。よろしくお願いします! 
スンヨプ:「A-JAX」の王子様、スンヨプです。よろしくお願いします! 
ドウ:初めまして。ラップ担当のカリスマリーダー、ドウです。よろしくお願いします。
スンジン:初めまして。僕は「A-JAX」のダンス担当、明るいスンジンです〜。よろしくお願いします。
ジュンヒ:皆さん、こんにちは。「A-JAX」の末っ子、ボーカル担当のジュンヒです〜。よろしくお願いします。

―9月19日に、日本3rdシングル「Romeo」が発売されましたが、どんな気分ですか? 
ユニョン:5人での初めてのシングルで、ちょっと緊張していますけど、8月からスタートした予約特典会やイベントで、ファンの皆さんが盛り上がってくれているので、発売日が楽しみです。
ドウ:発売後も、まだまだ各地を回りながら、イベントを行う予定なので、これからの活動もすごく楽しみです。「Romeo」のMVフルバージョンも公開されるので、たくさん応援してほしいです! 
スンヨプ:日本では「HOT GAME」(2012年10月発売)以来、久しぶりのシングルなので、新鮮な気分だし、うれしいです。個人的に、「Romeo」という曲が大好きなので、今回の活動はすごく楽しいです。
スンジン:前からずっと新曲をお見せしたいと思っていたので、すごくうれしいんですが、初めて僕たちの曲を聴いたり、MVを見たりする方もいるから、緊張もしています。
ジュンヒ:僕は新曲を発売するのが初めてですから、緊張していますけど、メンバー全員一生懸命頑張っているので、その頑張りを感じてもらえたらうれしいです。

―新曲「Romeo」の注目ポイントを教えてください。
スンジン:やっぱり振付ですね。特に、ギターの音に合わせて、ギターを弾くような振付をする部分がポイントで、ファンの皆さんも簡単にマネできると思います。
ユニョン:あと、同じ事務所の「KARA」先輩の曲を手掛けた磯貝サイモンさんが作詞をしてくださって、映画のような、ドラマチックな歌詞が印象的です。僕たちは1人のジュリエットのために、告白する気持ちで歌っています。

―そのジュリエットをファンだと思いながら、歌っているということですね。
ユニョン:もちろんです! それがポイントです。

―「Romeo」は、「ジュリエットのためだけにカッコいい男になる」という内容の歌詞ですが、皆さんが思うカッコいい男とは? 
ジュンヒ:女性を泣かせない男。
ドウ:よく話を聞き、女性に共感してあげる男。
スンヨプ:女性に苦労をかけない男。
スンジン:全てにおいて責任感のある男。
ユニョン:言葉に出して言わなくても、女性が大変なとき、ただそばにいてあげる男。

―いま5つの答えが出ましたが、あえて選ぶなら、誰の答えが一番カッコいい男だと思いますか? 
スンヨプ:もちろん僕です! 
ジュンヒ:僕も自分です! 
一同:ハハハ。

―歌詞には、「生まれ変わった僕を」というフレーズがありますが、皆さんも5人組に生まれ変わりました。5人になって、どんな魅力のあるグループになったと思いますか? 
ドウ:リーダーとして、一番上の兄貴として見ると、7人から5人へと人数が減ったので、その分結束が強くなったし、仲良くなったと思います。7人のときは、お互い忙しくて、細かく気を遣ってあげられない部分があったんですが、いまは5人となって、前よりもっと「A-JAX」として頑張っていこうという気持ちが強いので、パワーアップしたと思います。
ジュンヒ:僕は「A-JAX」が7人だったときは、練習生でした。7人のときもカッコいいと思っていましたけど、僕が入った5人の「A-JAX」がもっとカッコいいと思います! 
一同:ハハハ。

―そんな頼もしい末っ子が入り、5人になってから、何か変化はありましたか? 
スンジン:もっとラクになりました。車で移動するとき、7人のときは席が狭かったけど、いまは広くなりました(笑)。

―先ほどドウさんが、「仲良くなった」と言っていましたが、どういうとき仲良くなったと感じますか? 
スンジン:ライブのときですね。トークになると、みんなすごく自然なんです。普段と同じように話しているから、話している姿を見ると、みんな仲良しだなって思います。
ドウ:あと、7人のときは新人だったので、けっこう制約があったし、仕事に集中していたから、寮と仕事場の行き来だけで、メンバー同士で遊びに行ったり、食事に行ったりする時間がなかったんです。でも、5人になってからは、自分たちだけで出来ることも増えたし、それで仲良くなったと思います。
スンジン:5人で一緒にゲームをすることもあります。
スンヨプ:それと、末っ子のジュンヒをほかの4人でからかうのが楽しいですね(笑)。
一同:(拍手しながら大爆笑)
ユニョン:それが一番面白い! 
スンヨプ:でも、そうやってふざけ合ったりしながら、ジュンヒも僕たちと仲良くなっていったから。
ジュンヒ:人それぞれ感じることは違いますから(笑)。

―ジュンヒさんは誰からの攻撃が強いなと感じていますか? 
ジュンヒ:ドウ兄さんとユニョン兄さん。
ユニョン:なんで!? 違うじゃん! 
ジュンヒ:いつもつらいな〜と思っています(笑)。冗談ですけど。
ユニョン:ジュンヒ君、正直スンジンでしょ! 面倒くさいのは! 
ジュンヒ:たしかに(スンジンは)面倒くさいですけど(笑)。
ドウ:こうなってくると、もはやリーダーはジュンヒなんじゃない!? 
ジュンヒ:(笑いながら)ハイ、以上です! 

―「Romeo」の活動では、ジャケット写真もそうですが、ピンクのスーツ姿が印象的でした。なかなかピンクの服は着ることが少ないと思いますが、着てみていかがですか? 
ドウ:なんか魚肉ソーセージっぽい(笑)。
ユニョン:それでファンの皆さんは“ソーセージルック”って。5人ソーセージ(笑)。
ドウ:ピンクピッグ(豚)っぽいファッション!? 

―まさか、ソーセージという答えが返ってくるとは(笑)。ジュンヒさんはネクタイまでピンクでしたが。
ジュンヒ:僕が主人公だなと思いました(笑)。
スンジン:お〜、カッコいい〜! 
ジュンヒ:ハハハ、冗談です。
スンジン:冗談じゃないでしょ? 
ジュンヒ:恥ずかしかったです〜。
ユニョン:でもピンクの衣装は、曲と似合っていると思います。
スンジン:ただ、暑かったですね〜。
ドウ:ピンクの衣装を着ると、少年っぽくてキュートで、明るいイメージを与えることができるから、気分がよかったです。

―8月5日の昭島から、日本でのプロモーション活動がスタートしましたが、ファンとの触れ合いで印象的だったことがあれば教えてください。
ユニョン:ハグ会では、僕たちもドキドキしました。それから、ファンの方の頭をポンポンする特典会のときは、僕より年上のお母さんみたいな方には、頭をポンポンするのが申し訳ない気持ちになり、肩をポンポンしました。ファンの皆さんは頭をポンポンしてほしかったと思いますが、僕は失礼かなと思って。顔は知っているんですけど、やっぱりファンの方ですから。だから、ハグのほうが気分的にはよかったです。
ドウ:ハグ会は、恥ずかしかったです。本当はもっと、ファンの方をギュッと抱きしめてあげたかったんですが、むしろファンの方のほうが恥ずかしがって、後ずさりするような雰囲気だったので、そういうときは、ちょっと寂しかったです(笑)。

―9月9日には韓国・仁川で開催された「仁川K-POPコンサート(INKコンサート)」に出演され、「Romeo」を韓国語で歌ったそうですが、大きなステージに立っていかがでしたか? 
スンヨプ:「仁川K-POPコンサート」には4年ぶりに出演したんですが、なんかぎこちなくもあったし、新人グループもたくさんいたから、僕たちがデビューしてけっこう経つんだなと感慨深いものがありました。「Romeo」は日本語バージョンで歌うのに慣れているんですけど、韓国語バージョンは、やっぱり韓国人だからか、歌詞の理解がスムーズにできました。

―日本語バージョンと韓国語バージョンの違いはあるんですか? 
ジュンヒ:歌詞の意味が違います。
ユニョン:韓国語バージョンはクールな男性なんですけど、日本語バージョンはロマンチックな男性なんです。

―へぇ〜、そうなんですね。振付は同じですよね? 
ユニョン:ハイ、同じです。でもジェスチャーはちょっと違います。僕は歌詞に合わせて、個人的に変えています。
ドウ:だから、僕は日本語バージョンの歌詞のほうが、優しい感じがして好きです。韓国語バージョンはクールな男だから、女性が逃げてしまいそうです(笑)。

―今夏はとても充実した活動を送ってきたと思いますが、それぞれ夏の思い出を教えてください。
スンジン:静岡・浜松での「24時間テレビ」のイベントに出演したんですが、番組の趣旨を聞いてから、意義深い番組だと分かり、ミニライブではたくさんの方がいてビックリしたんですが、すごく頑張りました。
ユニョン:その浜松から帰るとき、新幹線に乗る前、うなぎ丼を食べに行ったんですよ。でも、注文してからうなぎ丼が出てくるのが遅くて、そうしているうちに新幹線の時間が迫ってきてしまい、流し込むように食べました。
スンジン:せっかくのうなぎ丼なのに、急いで食べたから、味の記憶がないんです(笑)。
ユニョン:まだちょっとだけ夏が残っているから、「Romeo」の活動で思い出を作りたいです! 
スンヨプ:映像の撮影で、伊豆熱川に行ったとき、海と景色がすごくキレイでしたね。撮影だけをして、海で遊ぶことはなかったんですが、いい思い出を作りました。
ユニョン:あっ、それ歌詞だ! 「きれいだ」の歌詞に、(歌いながら)「二人だけど、思い出を作りたい」という歌詞があるんです。急に思い出しました! 
ジュンヒ:僕は今回の活動に入る前に、家族と一緒に3泊4日で、釜山(プサン)に行ってきました。僕のお父さんとお母さんが旅行好きなんです。釜山ではアクアリウムに行ったり、刺身を食べたり。ホテルでゆっくり休むこともできたし、すごく楽しかったです。
ドウ:僕も韓国で、友達と一緒に海に行きました。江原道(カンウォンド)の江陵(カンヌン)にある海なんですが、水に入るのがあまり好きじゃないし、冷たかったから、水着を着たけど、海には入りませんでした(笑)。友達と刺身とかおいしいものを食べて、砂浜でビールも飲んで、楽しく過ごしました。

―今後に活動に向けて、ファンにメッセージをお願いします! 
ジュンヒ:新曲で、僕たちのいろんな魅力をお見せするので、楽しみにしてください! 
スンジン:「Romeo」を楽しく聴いてもらいたいです。あと、カップリング曲「きれいだ」も違うコンセプトで、可愛い曲だからぜひチェックしてください。魅力が違います。
スンヨプ:僕たちも「Romeo」の発売日を待ちわびていたので、ファンの皆さんにもたくさん愛してほしいです。そして、「きれいだ」も好きになってもらえたらうれしいです。今回の活動を通して、自分たちのポジションを確立し、成長できるよう頑張ります。
ドウ:アドトラックとアドビジョンも展開されるので、写真を撮って、ぜひ僕たちにも見せてください! 
ユニョン:ファンの皆さんがたくさん応援してくれる分、一生懸命頑張るので、熱い応援よろしくお願いします! 愛してます〜。


 5人組になって、もっと仲良くなったと話していた「A-JAX」。撮影の短い待ち時間の間も、最近の日本ドラマ、韓国ドラマの話になり、和気あいあいとおしゃべりをしている姿がほほ笑ましかった。
また、取材を終え、取材班が部屋を出ようとすると、メンバー全員が礼儀正しくあいさつをしてくれたが、特にユニョンは「また会いましょう。気を付けてお帰りください」と見送ってくれた。その後、取材班がエレベーター前で待っていると、ユニョンが「コレ忘れていませんか? 」とカメラのレンズキャップを持ってきてくれる気遣いまで見せ、人柄の良さを感じさせた。

 一段と結束を固め、新曲「Romeo」で新たな魅力を発揮している「A-JAX」に要注目だ! 

2017/09/22 23:06入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.