Wコラム インタビュー

【イベントレポ】知英(ジヨン)、「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」で声優に

世界的ヒーロー、ジャスティス・リーグとのコラボで話題の『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』が、10月21日(土)より全国ロードショー。鷹の爪とは、2006年テレビ朝日系列で放送したテレビアニメ番組「THE FROGMAN SHOW」にて完全新作アニメシリーズとして作られ、人気を博し以降シリーズ化。CGクリエーターである、FROGMAN(本名:小野 亮)が監督、作画、声優(女性キャラ以外すべて)をほとんど一人で制作を行っているフラッシュアニメーションである。「鷹の爪」劇場版として9作目となる本作は、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンを始めとするハリウッド屈指のDCスーパーヒーローたちと鷹の爪団がまさかのコラボレーション!! ゲスト声優として山田孝之、知英(ジヨン)、安田顕らを迎え、主題歌にはGLIM SPANKY、挿入歌KenKenなど、世界征服に向け、豪華メンバーが勢ぞろい! 

【画像】「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」完成報告会見

 公開に向け、『DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団』完成報告会見をおこなった。会見には、予算が崩壊するほどの豪華キャストも揃い、完成した本作の見どころなどを語った!  メディアからの質問の際には、本作にも出演している週刊文春のキャラクター“文春”(ふみはる)君が乱入に登壇者一同答えずらい質問を投げかける場面も。最後は「鷹の爪団」監督を長く続けるFROGMANらしい締めの言葉で会見を締めくくった。


―本作が完成した感想
監督:「鷹の爪」史上最もマスコミの方が多くて、こんなに多いと戸惑ってしまうんですけど、イメチェンで眼鏡を外したりしたんで、撮ってください!! 一応、映画も完成してます…! まだ修正したい点もあって、これからプロデューサーと相談します(笑)

―危ぶまれていた予算は大丈夫だったのか
監督: 予算は大丈夫だと思います。その分、我々が頑張って制作しましたので。いつも夜7時に帰社してることにして、朝まで仕事していました! 取締役なので残業代つかないんですけど、頑張りました…! 

―DCとのコラボについて
監督:去年が(アニメ鷹の爪)10周年だったんで、何か大きなことをやりたいと思って、世界中の大きなコンテンツに声をかけたら、全部断られまして…。 そんな頃に、絶対ダメだろうと思ってオファーをしていた“DC“から「ちょっと話が聞きたい」と連絡があって、それからトントントンとコラボが決まりました。それでも足掛け3年くらい掛かって、「鷹の爪」としては最長プロジェクトになってしまいましたね。

―本作の感想
山田:面白かったです。(絵がない状態で声をつけたので)畳一畳くらいの部屋に、監督と紙を持って、文字だけを読んでやらせていただきました…。でも、なんとかなりました! 

―オファーが来たときの感想
山田:「鷹の爪」に参加できることができて嬉しかったです。ただバットマンはずっと同じテンションのキャラクターなので、正直そこだけだと面白くないんですけど、遊べるか所があって、そういう所はやっていて楽しかったです。「鷹の爪」ならではの遊び心があって、僕的には映画の見所だと思ってます! とにかく声を落として、ガサガサさせてました。

―本作の感想
知英:声優をやるのは今回が2回目なんですけど、セリフが多い役は初めてでした。監督が横にいて、なんでも付き合ってくださったので、私も楽しくできました! 鷹の爪の特徴がある面白さと、今回「予算」がテーマということで、(映画の)途中にCMが出てきたり、コラボがさりげなく出ていて面白かったです。すごく笑いましたよ〜!  (笑)

―鷹の爪初挑戦での役作りについて
オカダ:オカダ・カズチカでいるために、インタビューDVDをたくさん見て勉強をしました。本人だったんで意味なかったんですけど(笑) 一畳の部屋で音を録ったのですが、僕みたいな大柄な人が監督と一緒に部屋にいて、狭い部屋が余計狭くなってしまったんじゃないかと思います…! 最初オファーが来たとき、バットマンかと思ったんですけど、本人役で安心しました。

―監督からの要望
GLIMSPANKY:「予算」というテーマで、本当は人間は「お金」と「愛」の何を求めるのかっていうところを訴えたいと聞き、曲を作りました。そこにヒーローが飛んでいくようなイメージも反映させました! アメリカのコミックとのコラボもしているので、僕らがやってるロックミュージックと相性が良くて、イメージが湧きやすかったです。私たちが本気で伝えたいと思うテーマも、監督と通じ合うことができたので安心して参加できました。

KenKen:セリフは2行しかなかったのですが、最初の作品から鷹の爪のファンだったので夢のようで、感動しました! 『スーサイド・スクワッド』のジャパン・プレミアで監督にお会いしたとき、DCコミックが猛烈に好きなことを話したら、今回お話をいただきました。鷹の爪なので、どこまでカッコ良く作っていいのかわからなかったんですけど、カッコいいところとポップなところを別けて、曲を作りました。絵が出来上がる前に曲を作ったんですが、ほぼ編集なしに曲の尺が絵に合ったんですよ! 良い作品の証拠だと思います。

―本作の感想
DOTAMA:こんなに豪華な出演者の方の中に混ぜていただいて、本当にうれしいです! (自分の声を聞いて)変なやつだな〜って思いました。ヒーローは声がカッコいいのに、僕のところだけ素っ頓狂な奴がいるなって…(本業がラッパーということでラップを披露)

―いつもと違うたくさんの声優を起用について
監督:僕も声優として十年数年やってきてるんですけど、プロを交えるとそのたびに感動します! 今回はDCとのコラボでたくさんのキャラクターが出演するということで、日本の凄い人を集めました! 僕の中で、日米決戦って感じです〜最高にぴったりなキャスティングとアートになったんじゃないかなと思います。

<メディアからの質問>

―いちばんお気に入りのセリフ
山田:(某大統領のパートでバットマンが昼食を中華にするために)「中国持ってこい! 」というセリフです。過激なシーンではないです。

―『ジャスティス・リーグ』の宣伝で鳥取砂丘にサンドアートの登場に対抗し、鷹の爪は島根の平和を守るのか
監督:『ジャスティス・リーグ』のヒーローが島根も守ってくれると思うので、彼らに任せます。鷹の爪は東京を今まで通り守ります! 

―今後も声優や俳優を引き受けるか
オカダ:いつもオカダカズチカの役なので、次はオカダカズチカじゃない役をやられていただきたいです!! (笑)

―週刊文春の文春君(キャラクター)が登場し、(監督がDCというだいぶ大きな相手とコラボをしているので)経歴詐称はなかったのか
監督:(経歴詐称)するわけないじゃないですか! 盛ったのは、日本で大ヒットする監督は漢字3文字ってことです。宮崎駿とか。僕も3文字なんで(笑)

―締めの一言
監督:鷹の爪の劇場映画1本目の公開からことしで10周年。勘違いしてたんですけど、映画は11本目作ってるんですね。長く続けられたのは、ファンの皆様と関係者の皆様のおかげだと思っております。ハリウッドの大型コンテンツとのコラボでかなり難しいだろうなと考えていたのですが、本当に楽しんで作らせていただきました! 作る側ががすごく楽しかった作品で、僕が前から出てもらいたかった人に出ていただいで、僕自身もやりたいことをやり尽くしてます!! かなり攻めた作品です! 言いにくいいことも言えない世の中で、ここまでやれるのは鷹の爪しかないのかな〜と思ってます! 公開時期に衆議院選が重なりそうで、「これも政府の陰謀か! 」って感じですが、どうぞよろしくお願いします!! 

2017/09/22 21:29入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.