Wコラム インタビュー

【公演レポ】「MONSTA X」、「SUMMER SONIC 2017」初出演! 洗練されたスペシャルステージで存在感を放つ

毎年、世界中から名だたるアーティストが集結する「SUMMER SONIC(サマーソニック)」。ことしは8月19日(土)、20日(日)に東京(ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ)と大阪(舞洲スポーツアイランド)にて開催された。

【画像】「SUMMER SONIC 2017」2日目

 SUMMER SONICは“関東・関西の2大都市での同時開催&出演アーティスト総入替”という都市型音楽フェスティバルとなっており、ブレイク必至の若手アーティストから、「BLACK EYED PEAS」、カルヴィン・ハリスなど、世界を代表するトップアーティストも出演。韓国からも「KARD」、「DAY6」、「HYUKOH」、CL(元2NE1)など多様なアーティストが参加する中、19日には大阪会場、そして20日には東京会場のマウンテンステージに、今年初出演となる7人組ボーイズグループ「MONSTA X」が登場し、SUMMER SONICのために準備したという特別なステージで観客の視線を引きつけた。

 オープニングはジュホンとI.Mによるラップステージで、カリスマ溢れるスペシャルなパフォーマンスで幕を開け、観客の期待感を高めた。

 メンバーがステージに揃うと、「Trespass」を力強いダンスとともに披露。ミニョクの「サマソニ、Make some nose! 」の声に続き、「Ready or Not (Japanese ver.)」で会場を盛り上げた。

「こんにちは! 『MONSTA X』です」とそろってあいさつすると、「5月にデビューしました」とI.M。「今日は、僕たちの名前だけでも覚えて帰ってください」とミニョクが言うと、ショヌの「楽しんでいきましょうー! 」の声で次の曲へ。「Put your hands up! 」と会場を煽り雰囲気が高まる中、「Need U」では観客も音楽にノリながら身体を動かし、「Oi」ではさらに一体となり盛り上がりを見せた。

「暑いね〜」、「やばいね〜」とメンバーたちも口々に言い、オーディエンスの熱い反応を実感。続いては「雰囲気を変えていきましょうー! 」と「Amen」が始まった。伸びやかな歌声にのせ、観客も手を左右に振ったりと、「MONSTA X」ファンはもちろん、音楽ファンも身体全体で彼らのステージを楽しんだ。

 「楽しんでますか? 」(キヒョン)、「もっと熱くなりましょう! 」(ミニョク)と、さらに気合いを入れ、ヒョンウォンの紹介のもと、日本デビュー曲「HERO (Japanese ver.)」がスタート。続けて韓国の最新タイトル曲「Shine forever」も披露し、キレのある揃ったダンスと魅力ある歌声で会場を熱くした。

 ラストは、8月23日リリースされる日本2ndシングル「Beautiful (Japanese ver.)」で最後まで魅力溢れるパフォーマンスを披露し、「Thank you サマソニ! 」と感謝を伝え、ファンにもしっかりと手を振り、ステージを後にした。韓国国内に限らず、海外でも絶大な支持を集めている「MONSTA X」ならではの洗練されたパフォーマンスで、SUMMER SONICという初舞台で大きな存在感を放った。



■SUMMER SONIC 2017
8月19日(土) 大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)/ マウンテンステージ
8月20日(日) 東京・ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ / マウンテンステージ

2017/09/01 20:54入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.