Wコラム インタビュー

【公演レポ】D-LITE (from BIGBANG)、「iKON」、「BLACKPINK」、暑さを吹き飛ばす情熱ステージで「a-nation 2017」(27日)の観客を魅了

ことしで16年目を迎え、これまで延べ560万人以上を魅了してきた国内最大級夏フェス「a-nation stadium fes. 2017」が東京・味の素スタジアムにて、8月26日(土)、27日(日)の2日間開催された。浜崎あゆみがベッドライナーをつとめる27日の公演には、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」、「Happiness」、「TRF」、「VAMPS」などと人気アーティストが出演する中、YG ENTERTAINMENTの韓国アーティストから、「BLACKPINK」、「iKON」、D-LITE (from BIGBANG)の3組が登場した。

【画像】「a-nation stadium fes. 2017」2日目

 トップバッターとして登場したのは、“次世代ガールクラッシュ”グループとして人気を博す、a-nation初出場の「BLACKPINK」。カラフルな衣装のメンバーたちがステージに登場すると、1曲目は「BOOMBAYAH」、続けて「PLAYING WITH FIRE」を披露。開幕にふさわしいエネルギッシュなステージで、会場を沸かせた。

 「はじめまして、私たちは『BLACKPINK』です! 」と声を合わせ、1人ずつあいさつを済ますと、「みなさん、こんにちは! 今日はa-nationにようこそいらっしゃいましたー! 」とJENNIE。ROSEは「私たちはまだまだ新人ですが、こんなに大きなステージでライブができて感激してます! 」と、LISAは「a-nationに参加できて、とっても光栄です。ありがとうございます! 」とうれしさを表した。「今日はみなさんと一緒に盛り上がりたいです! よろしくお願いします」(JISOO)と意気込むと、「それでは次の曲聴いてください! 」(JENNIE)と次の曲へ。「WHISTLE」ではJENNIEとLISAの力強いラップと、ROSEとJISOOの異なる魅力あるボーカルで、ガールクラッシュなステージで観客を引き込んだ。

 「みなさん、楽しんでますか? 今日は暑い中来てくださって本当にありがとうございます! 」(JENNIE)、「本当に楽しくて、とても短く感じます」(LISA)、「今日この後も、素敵なアーティストの方々がたくさん出演されますので、たくさん楽しんでくださいネ! 」(ROSE)とコメントすると、「私たち『BLACKPINK』は、8月30日に日本デビューアルバムをリリースします! これから日本での活動頑張りますので、みなさん応援よろしくお願いします! 」と、これからの活動に期待を持たせた。

 愛嬌のある日本語で、可愛らしい姿を見せたかと思うと、曲がかかれば表情は一変。「AS IF IT‘S YOUR LAST」が始まると、キレのあるパフォーマンスで会場を魅了。そして最後はメンバーたちも笑顔を見せながら、観客とともにステージを楽しんだ。

 夕方登場したのは、「BIGBANG」の系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ「iKON」(アイコン)。VCRが始まると大歓声が響き、会場はファンたちのペンライトで一気に赤く染まった。
デニムスタイルでカジュアルな服装のメンバーたちがステージに登場すると、「BLING BLING」がスタート。続いて「RHYTHM TA」と、会場は瞬く間に熱い盛り上がりを見せた。

 「こんばんは、僕たちは『iKON』です! 」とあいさつし、丁寧にお辞儀をすると、「a-nationにようこそいらっしゃいました! 『iKON』のリーダー、B. Iです。1年ぶりのエイネですが、僕たちのこと覚えてますか? 今日楽しみましょう! 」、「僕は『iKON』の夏にぴったりのボイスJU-NEです。去年も出演して、ことしも出演しました。去年緊張してあまり日本語上手くしゃべれなかったんですけど、ことしは僕の日本語の実力がかっこよくなりましたよ、みなさん! 今日の公演を良くやるために、昨日寿司食べました。今日みなさん遊びましょう。」
「a-nation What‘s up〜? 僕はiKONの長男だけどジナンです。2回目の出演で楽しみにしてました。みなさんに会えて本当にうれしいです。最後まで一緒に遊ぼうよ! ありがとうございます」(JAY)、「はい、みなさーん! 『iKON』の情熱マン、SONGでーす! こんな暑い中来てくれて本当にありがとうね。みんなに“情熱”会いたかったよ! “情熱”楽しもうな! 」、「こんにちはー『iKON』のイケメン末っ子、CHANです! 僕たちをa-nationに呼んでくださった方々に感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございます! よろしくお願いします」、「みなさん会いたかったです。『iKON』のボーカルDKです。本当に久しぶりですね。今日一緒にテンションMAXで盛り上がっていきましょう」、「2階3階のみなさん、What’s up〜! 僕の名前はBOBBYです。よろしく」とそれぞれあいさつ。「a-nationすごいよ〜! みなさん、準備はいいですか? よし行こっか! 『MY TYPE』Let‘s go! 」と始まったデビュー曲「MY TYPE」では、メンバーたちがステージ端まで移動しながら、笑顔で客席に手を振ったりと、自然な姿で歌い上げた。続く「#WYD」では、甘い歌声を聴かせた。

 JAYは「a-nationはいつもあっという間ですね。今日最後まで僕たちの先輩もいるし楽しんでください」と言い、JU-NEは8月16日に発売されたミニアルバム 「NEW KIDS : BEGIN」がオリコンウィークリーチャート1位を獲得したことについて、感謝を伝えた。また、「9月からドームツアー追加公演をやります。みなさん、遊びに来てください! 」とJAYが今後の活動もアピール。「今からパーティだよ。遊ぼうぜ! 」と煽ると、「DUMB & DUMBER」が始まり、再び会場はヒートアップ。ラストの「B-DAY-KR Ver.」では会場が一体となって沸き上がり、最高潮の盛り上がりを見せた。熱いステージを見せた彼らは、「最後まで楽しんでください! ありがとうございます。以上『iKON』でした! 」と、次のステージにつなげた。

 すっかり暗くなった会場に、うちわの青い光と、黄色や赤のペンライトの光が浮かぶ中登場したのは、アジアが世界に誇るモンスターグループ「BIGBANG」のボーカリスト、D-LITE。

 ジャケット姿のD-LITEは、「こんばんは! 」と元気にあいさつしながらステージに姿を現した。1曲目「D-Day」では、さわやかなメロディーにのせ伸びやかな歌声を披露した。「もっといきましょう〜」と始まった「VENUS」では、客席に向かいハートを送ったりと、ファンサービスも満載で、熱いステージを披露した。

 「みなさん、こんばんは。自己紹介をします。『BIGBANG』のD-LITEでーす! 楽しんでますか? 僕たちBIGBANGでa-nation出た時、すごい雨だったと思います。だからことしも心配したんですが、いい天気になりましたよね。みなさんのおかげです! みなさんの力です。ありがとうございます」と感謝を伝えると、「次の曲いってみたいと思います。みんなで飛んでみましょう! 『WINGS』」と呼びかけ、イントロが流れると会場にテソンコールが響き渡った。「WINGS」を歌い上げると続いては、「いきものがかり」のカバー楽曲「じょいふる」。歌の途中で難易度の高いコールアンドレスポンスが繰り広げられ、観客は一体となり、最高潮の盛り上がりを見せた。

 また、自身のホールツアーと、11月から始まる「BIGBANG」のドームツアーも告知し、「今年の年末も僕たちとみなさんと一緒に素敵な思い出を作りたいと思います」とコメント。そして、「力残ってますか? まだまだ行けますかー? みんなで行きたいと思います、拍手お願いします! 」と盛り上げ、会場の手拍子が揃う中、ラストはトロット(演歌)調の「ナルバキスン」で大盛り上がり。
抜群の歌唱力と、D-LITEの魅力が溢れるステージで、最後までファンはもちろん、観客を楽しませた。



「a-nation 2017」
開演日時:2017年 8月27日(日)開場13:00 / 開演14:30
会場:東京・味の素スタジアム
ヘッドライナー:浜崎あゆみ
BLACKPINK / D-LITE (from BIGBANG) / ET-KING / GENERATIONS from EXILE TRIBE / Happiness / iKON / MY FIRST STORY / TRF / VAMPS
シューティングアウト:Beverly / 感覚ピエロ / SWANKY DANK
オープニングアクト:GIRLFRIEND / RICKEY & RABBIE

2017/08/31 21:08入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.