Wコラム インタビュー

【イベントレポ】ユナク(超新星)、平埜生成ら登壇“リアルなアクションシーンに注目”のドラマ「バウンサー」完成披露試写会&トークイベント

BSスカパー!  オリジナル連続ドラマ「バウンサー」の完成披露試写会が4月10日(月)、東京・スペース FS 汐留にて開催され、主演の平埜生成、ユナク(超新星)らが登壇した。

【画像】BSスカパー!  オリジナル連続ドラマ「バウンサー」の完成披露試写会

 男性のみならず、女性からも絶大な支持を集めるアウトロー漫画家、みずたまこと原作の「バウンサー」(秋田書店刊「別冊ヤングチャンピオン」連載中)は、2014 年の別冊ヤングチャンピオン創刊と同時に連載を開始し、単行本わずか 3 巻で早くも50万部を突破した人気作品である。

 夜の街の安定を守る屈強なる用心棒集団を描くアウトロー漫画を、オリジナルストーリーも交えながら実写化に挑んだ連続ドラマ「バウンサー」では、獅子戸丈一郎役を平埜生成、蜂野信也役をユナクが演じることでも、早くから注目を集めていた。

 同イベントでは第1話の上映に加え、トークイベントには主演の平埜生成、ユナク、そして大東駿介、村上淳が登壇し、ドラマのシーンを振り返りながらトークを繰り広げた。

 それぞれ春をテーマした衣装で登場。緑色の模様が入った「どうみても春」なスーツを着ていた大東は、舞台裏で話している時に、ユナクが目の前に緑茶のペットボトルを置いてきて、見比べてきたことを暴露し、「誰が緑茶やねん! 」とツッコミをいれたりと、始まりから和やかな雰囲気で、共演者たちの仲の良さを感じさせた。

 演じた役ついてユナクは、プライドも高くてIQも高くてツンデレなキャラクターだと紹介。クールな見た目などから蜂野と似ていると言われるユナクだが、実際は「プライドも低いし、IQも普通だし、ツンデレでもない(笑)」と役との違いを語った。

 ユナクが平埜を殴るシーンでは、「本当に蹴ったり殴ったりしていて、リアルなんですよ」とし、首を絞めるようなシーンでも、首が真っ赤になる程だったと明かし、会場を驚かせた。


 ユナクが「わかったら返事は“ニャン”だ」とSっ気たっぷりに言い放つシーンがスクリーンに映し出されると、ユナクは自分の演技を見て恥ずかしがっていたが、会場はドSのセリフに胸キュンの様子。このシーンがあってからLINEでのやりとりで、ユナクが「わかったら返事は“ニャン”だ」と送ったら、平埜から「ニャン」と返事が返ってきたことがあると打ち明けると、ドSなユナクと従順な平埜の姿に会場のファンは顔をほころばせた。

 また共演者同士の印象について、平埜はユナクを「8割までは見せてくれる。けど2割は見せない」と分析。役のように他人に厳しい面はなく、一番周りのケアとか気配りをする人だとし、村上も「お菓子くれる良い人だよ(笑)」とユナクの優しい面を明かした。
ユナクは「平埜くんはすごく真面目で、僕が持ってないものをいっぱい持っている人。危険なシーンも全部自分でやっていたし、芝居に情熱を持っている人」と称賛。その言葉に平埜は「チューしていいですか? 」とうれしさを表し、会場を笑わせた。

 また、ユナクは大東と初めて会った時「小栗旬だ! と思って(笑)おぉ! 旬ちゃん! って」と、イケメンで高身長の大東に小栗旬と共通するものを感じたという。そして、「声が素敵なんですよね。話し方が納豆みたい。かっこいいなぁと」と大東の声を独特な表現で褒めた。対して大東は「褒めてもらっているけど、うれしい感情だけじゃない」と笑いながらも、「プライベートな話は楽しかった」と声を合わせた。

 大東から「ユナクを車に押し付けるシーンで、必要以上に身体を触りました」とユナクの知らなかった事実が飛び出したりして、撮影を通して仲が打ち解けた様子の2人だったが、大東は目にも気持ちを入れて演技に挑まないとユナク(の演じる蜂野)には勝てないと感じたとし、またユナクは芝居中の大東の目から殺気が感じられたと、お互いの演技に感心を示した。

 ユナクと平埜が撮影の合間に、照明器具を光剣のようにし遊んでいる映像もあり、「やることなくて茨城で(笑)」と、撮影現場では2人でよく遊んでいたことを明かした。

 最後に平埜は、映画のようなドラマになっていて、各役者の演技が素晴らしいので、ぜひ観てほしいとコメントし、ユナクは「熱い想いを込めて、みんなでひとつになって撮った作品なので、ぜひ観てください」と期待を高めた。


 抽選で選ばれた4名へサイン入りTシャツがプレゼントされたり、ドラマの中の顔だけではなく素顔も垣間見ることができ、仲の良さが伝わる楽しいイベントとなった。

 さらに同日行われた合同記者会見では、ドラマの見どころについて、アクションシーンや男同士の友情があり、映画のような仕上がりだと説明。ハードな撮影だったが、共演者たちは「ストレスは溜まらなかった」と声をそろえ、ユナクは現場で「甘いモノを食べてた。チョコレートを毎日食べてた」と裏話を明かした。

 ユナクは英語のセリフもあるため、アメリカに住んでいる友達にネイティヴな発音を教えてもらっていたことや、撮影後も日本語のイントネーションの勉強をしていたことを語った。

 また体作りのため村上はジムに行ったり、平埜は食事制限をしたりしながら鍛えていたとし、お尻まで出すようなサービスカットもあったユナクは、ホテルの部屋にダンベルや器具を置いて、毎日筋トレしていて、さらにプロテインを摂り体作りに励んでいたという。「何もしていませんでした。近くのラーメン屋を探したり、走ったりするくらいしかしてなかったですよ」という大東に、「羨ましかったです」とユナクが声をもらす場面もあった。

 女性におすすめしたいシーンについて村上は、「8話を見れば1話からの話が繋がる」と、外伝となる過去のシーンをあげ、ユナクは韓国ではスーツ姿を好む人が多いとし、「スーツ姿がキュンと来るんじゃないかな? 」とアピール。個性的な男性たちが揃っているため、大東は「あなたのお好みは誰ですか? 」と問いかけたいと、登場キャラクターの多様さを示し、女性にも楽しめる作品だと語った。

 BSスカパー!  オリジナル連続ドラマ「バウンサー」は4月14日(金)に初回放送を迎え、第1話は無料放送となっている。チームワーク抜群の彼らが送る男同士の友情や、鍛え上げた身体によるアクションシーンに注目だ。

2017/04/11 20:18入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.