Wコラム インタビュー

【会見レポ】「超新星」ユナク&「CODE-V」ナロ、村井良大、堂珍嘉邦らと共にミュージカル「RENT」制作発表会で意気込み語る

1996年にアメリカ・ニューヨークの小さな劇場で誕生したミュージカル「RENT」。公開後わずか2か月後にブロードウェイに進出し、トニー賞4部門、ピューリッツアー賞、オーピー賞などを受賞した、世界的に有名なミュージカルだ。20世紀末のニューヨークを舞台に、当時の若者の生き方や世相がドラマチックに描かれている。

 若き芸術家、音楽家たちが、貧困、エイズ、ドラッグ、同性愛といった死と隣り合わせの生々しい問題に直面しながらも、愛や友情を信じ、夢に向かって輝き続けようとする姿が、多彩なミュージカルナンバーによって生き生きと描き出されている作品で、日本でも高い人気を得ている。

 このほど約2年ぶりとなる日本上演が決定、4月5日(水)に都内某所にて制作発表会が開かれた。2015年の同ミュージカルに出演した村井良大、ユナク(超新星)、堂珍嘉邦らと共に今回カンパニーに新たに合流したナロ(CODE-V)など、出演者18人が登場し意気込みを語った。

 制作発表会は出演者による歌唱披露で始まった。18人による「RENT」の代表曲「Seasons of Love」では、エネルギーみなぎる圧倒的な歌唱力を見せた。

【画像】「超新星」ユナク&「CODE-V」ナロら登壇ミュージカル「RENT」制作発表会

 堂珍嘉邦、ユナク、青野沙穂の3人による「Another Day」では、互いに目を合わせながら力強いステージを作り上げた。再度の出演ということもあってか、ユナクは堂々と、自信に溢れる余裕のある姿で魅了。また「I’ll Cover You Reprise」では16人のキャストが見事なハーモニーを作り上げ、美声を披露した。

 堂珍嘉邦、ユナク、青野沙穂の3人による「Another Day」では、互いに目を合わせながら力強いステージを作り上げた。再度の出演ということもあってか、ユナクは堂々と、自信に溢れる余裕のある姿で魅了。また「I’ll Cover You Reprise」では16人のキャストが見事なハーモニーを作り上げ、美声を披露した。

 またロジャー・デイヴィス役を再び務めることとなったユナクは「2年前にこのミュージカルに出演した時はすごく緊張して、何が何だか分からないという感じだったんです。今回は新しいキャストを含め、また再び堂珍さんらと地方公演まで共にできることをうれしく思っています。2年前とは違う、もっと良いロジャーを見せることを約束します! 」と自信たっぷりに話すと、ユナクとWキャストでロジャーを演じる堂珍嘉邦も「再びロジャーを演じることになり非常に光栄です。素晴らしいカンパニーと一つになることが観客への恩返しになると思うので、しっかりやっていきたいと思います」と語った。


 今回初めてベンジャミン・ベニー・コフィン三世役で合流したナロは「日本での舞台は初挑戦になります。素晴らしい方々と出演ができてすごくうれしいです。まだまだ足りない部分もたくさんあるので、いろんなことを学んでいきたいと思っています。そしてユナクさんがいらっしゃって本当に心強いです。いろいろ教えてください」とユナクと見て笑顔。そして「悪役として大勢の方に嫌われるようにがんばります」と続けると、他のキャストから「え〜!? 」との声が。するとナロは「そういう嫌われるということが好かれるということもありますよね? 」と少し動揺した様子を見せると会場からは笑いが。

 それを受けナロが「僕も分かんないです、何を言ってるのか(笑)」と話すとキャストたちは爆笑。「外国人チーム頑張らないとね」という声がかかり、「はい、外国人としてがんばります! ユナクさんと一緒にがんばります、よろしくお願いします! 」と会場を盛り上げるとユナクも笑顔を見せた。

 「超新星」として、そしてソロアーティストとして曲作りもしているユナクは「歌手という面では役に共感できる部分があります。今年もがんばって、皆さんに素晴らしい曲を残せるように演じたいです」と抱負を語った。

 ナロは出演が決まってから初めて「RENT」を映画、ミュージカルで見たと明かし、「いろんなことを感じました。こんなにすばらしい作品に出演できることがすごく光栄だと思いました」と明かした。さらに「関係ない話にはなるんですが」と前置きをした上で、前日に公式発表された「CODE-V」のメンバーウシクが4月末をもってグループを脱退することにも言及。「脱退で落ち込んでいるファンの皆さんに、まだまだ続きますよ、歌いますよというメッセージも伝えたいです」とファンへ温かいメッセージも伝えた。

 最後に村井良大は「人生を変える素敵な作品だと思います。初めての方も何度か観ている方も、何度見ても楽しめる作品だと思います。魂の歌を聴きに来てください! 」と呼びかけた。制作発表会はキャスト一人ひとりがあいさつする度に周りから掛け声があがったりツッコんだり、すでにチームワークもバッチリな様子がうかがわれた。


 また、この作品にかけるキャストの強い思いも語られ、より公演に期待が高まった時間だった。ミュージカル「RENT」は7月2日(日)より日比谷シアタークリエにて上映され、その後名古屋、大阪、福岡での公演へと続く。

2017/04/07 22:06入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.