Wコラム インタビュー

【公演レポ〜100%編】ソンジェ(超新星)、「MYNAME」、「100%」、ハンビョル、豪華共演が実現! 「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」開催

韓国の人気エンターテインメント雑誌「10asia+Star」が2017年1月から日本版の発売をついに開始。その創刊記念ライブとして2月26日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホールにて「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」を開催し、ソンジェ(超新星)、「MYNAME」、「100%」、そして「Ledapple」元メンバーのハンビョルという4組のアーティストの豪華共演が実現した。

【画像】「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」〜100%編

 最初にステージに登場したのは「100%」の5人。昨年10月に韓国でリリースしたミニアルバムのタイトル曲「Better Day」でライブのスタートをきると、切ない歌詞のダンスナンバーの美しく伸びるハイトーンボイスが魅力のロクヒョンとヒョクジンによる掛け合いで一気に客席の心を掴んでいく。

 「今日は僕たちのことを初めて見る人も多いと思うので、皆さんに僕たち『100%』の魅力をたくさん知ってもらえるように頑張ります! 」とリーダーのミヌがこの日のライブへの意気込みを語った。

 2月22日に韓国でリリースしたばかりの新曲「Sketch U」、日本デビューシングルに収録されている「snow」とバラードでも魅せる「100%」。チャンヨンは「こんな大きな会場は初めてで緊張します」と話していたが、堂々としたステージングからは日本デビューしたばかりとは思えないパワフルさを感じさせる。

 ロクヒョンは「たくさんの人の前で歌えるのが幸せです」と話し、ヒョクジンは「バラードは悲しい曲ですが、歌いながら客席のペンライトの光を見ていたらうれしさで涙が出そうだった」とステージの感想を告げた。

 ジョンファンの「皆さん、汗の準備はいいですか? 」という声を皮切りに、「僕たちのタイトル曲の中で1番爽やかな曲です」と披露されたのは「U Beauty」。曲の途中ではステージから客席へ降りてファンの大歓声が迎える中、とびっきりの愛嬌を振りまいた。

 ことし1月25日にリリースした日本デビューシングル「How to cry」ではシックで情熱的なダンスパフォーマンスを見せつけ、トップバッターとしての役目を見事に完遂した「100%」。3月には韓国のミニアルバム「SKETCHBOOK」のプロモーション活動、そして単独ライブで再び日本へ戻ってくることをファンに告げ、「またね! 」とステージを後にした。

2017/03/08 22:47入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.