Wコラム インタビュー

【公演レポ〜ソンジェ(超新星)編】ソンジェ(超新星)、「MYNAME」、「100%」、ハンビョル、豪華共演が実現! 「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」開催

韓国の人気エンターテインメント雑誌「10asia+Star」が2017年1月から日本版の発売をついに開始。その創刊記念ライブとして2月26日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホールにて「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」を開催し、ソンジェ(超新星)、「MYNAME」、「100%」、そして「Ledapple」元メンバーのハンビョルという4組のアーティストの豪華共演が実現した。

【画像】「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」〜ソンジェ(超新星)編

 この日のトリを務めた「超新星」のソンジェがステージに姿を現すと、客席からは割れんばかりの歓声が飛ぶ。得意のダンスで口火を切ると、昨年8月にリリースしたソロアルバムの収録曲「BLIND」ではそのキレのあるダンスに加え甘い歌声でも会場を魅了していく。曲が終わっても熱狂冷めやらぬ客席へ耳をかざして、その歓声に満足そうな笑顔を見せるソンジェ。そのおちゃめな表情は軍隊へ入る前から変わっていない。「YES MAN」で披露されるボーカルは更に糖度を増していくかのようで、大人の色気を会場に響かせた。

 「ユナクと一緒だったら良かったけど、1人だから寂しいですね。『100%』や『MYNAME』のパフォーマンスを見ていて、『超新星』のメンバーに会いたくなりました」と、現在2人で活動中の『超新星』リーダーのユナクと、韓国で軍服務に就いている4人のメンバーたちへの思いを打ち明けるソンジェだったが、「でも! 5人の分まで頑張りますので、皆さんも5人の分まで熱い応援お願いします! 」と頼もしく宣言した。

 そんな思いも込めて、「次の曲は、軍隊に入っている間に日本のファンの皆さんを思って作った曲です。耳じゃなくて、心で聴いてくださいね」と「ありがとう」を披露。ユナクがいない時間を乗り越え、自身もグループを離れる時間を経て、今遠く離れた場所で頑張る弟メンバーたちを思う心が、ファンへの感謝を何よりも大切にしていることが歌を通して伝わってくる。

 次の曲はなんと今回ステージ初披露となる、韓国ドラマ「不夜城」のOST「あの日のように」。「韓国語で歌うのは久しぶりですよね」と自身が話すように、「超新星」の曲ではない韓国語のソロ曲はとても新鮮に耳に残る。

 「去年は除隊してから皆さんのために忙しかったです。皆さんの“おかげで”! “ために”じゃなくて(笑)皆さんの“おかげで”楽しい時間でした」というソンジェは2017年も決して止まらない。

 3月頭からはユナクとソンジェがトリプルキャストとして出演するミュージカル「INTERVIEW〜お願い、誰か僕を助けて〜」が開幕する。「ことしも皆さんにもっともっと会いたいから、皆さん来てくれますよね? 」と日本での活動をアピールした。

 「他のアーティストのファンの皆さんも真似してくださいね」と振付をレクチャーした「A-YO」では客席と一緒にダンスを楽しみ、その会場の盛り上がりに任せて「みんな一緒に叫んでください! 」と始めた「愛を叫ぶ」は曲が終わってから「これが最後の曲だと始めに言うのを忘れました」と告げ、最後までおちゃめな笑顔を見せるソンジェ。「埼玉まで来てくれた『MILKYWAY』(=「超新星」のファン)の皆さんとK-POPのファンの皆さん(笑)。皆さんが楽しい時間を過ごせていればと思います。僕は頑張りました! 」と結ぶも、このままでは終われないとばかりに声を高めるファンの姿を見て、「もともとはアンコール曲なんですけど」とそのままステージにとどまり「皆さんと一緒に歌いたいです。知ってる方は一緒に歌ってください。『愛言葉』」と「超新星」のナンバーを披露。客席からは大合唱が巻き起こり、同イベントは盛況のうちに幕を閉じた。

 ステージを去る前にソンジェは「やっぱり日本のファンの皆さんは僕たちの力です」という言葉を残し、それはまるでこの日のイベント、出演アーティスト全ての思いを代弁するかのように響いた。

2017/03/01 19:48入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.