Wコラム インタビュー

【公演レポ〜ハンビョル編】ソンジェ(超新星)、ハンビョル、「MYNAME」「100%」豪華共演が実現! 「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」開催

韓国の人気エンターテインメント雑誌「10asia+Star」が2017年1月から日本版の発売をついに開始。その創刊記念ライブとして2月26日(日)埼玉・大宮ソニックシティ大ホールにて「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」を開催し、「超新星」ソンジェ、「MYNAME」、「100%」、そして「Ledapple」元メンバーのハンビョルという4組のアーティストの豪華共演が実現した。

【画像】「10asiaJAPAN LIVE Vol.1」〜ハンビョル編

 スタンドマイクを手にステージに現れたのは、ハンビョル。チャン・グンソク主演の韓国ドラマ「キレイな男」のOSTから「お前に行く」をアコースティックギターの音色に乗せて爽やかに歌い上げた。

 「Ledapple」というバンドのメインボーカルとして、長く日本で活動していた経験を持つハンビョルは、「皆さんお久しぶりですね。ソロ歌手ハンビョルです。わー本当にお久しぶりですね。初めましての方もいると思います」と感慨深げに最初のあいさつをファンと交わす。

 次の曲もドラマのOSTで「ドラマを思い出しながら聴いてください」と、ユ・スンホ主演の「リメンバー〜記憶の彼方へ〜」から「冬の風」を日本語バージョンで披露。日本で開催されたファンミーティングでは一番人気がある曲だったと紹介した。

 「僕はオーストラリアで生まれて、歌手に憧れて18歳の時に韓国に来ました。パパとママは韓国人ですけど、僕はオーストラリアで生まれたのでオーストラリア人です」と自身の出生について語ると、客席からは驚きの声が上がる。「でも僕はオーストラリアより日本が好きです」と日本への思いを告げながら「今日は『Ledapple』と同じ時期に日本デビューした『MYNAME』をはじめ、『100%』や『超新星』のソンジェさんと一緒にステージに立ててうれしいです」と笑顔で話した。

 ブルーノ・マーズの「When I was your man」のカバーでは、驚くほどソウルフルなボーカルを聴かせ、ネイティブである英語の表現はもちろんのこと、やはりその歌唱力に息をのむ。

 最後の曲は「Ledapple」の「いま、僕の名前を呼んで」。その歌声が紡ぐのは、ソロシンガーとして歩んでいく新たな決意にも感じられる。優しくも力強い歌声は、会場の多様なファンの心に確かに届いた。


2017/03/01 18:53入力



この記事が気に入ったら


ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.