WoW!Koreaコラム WoW!Koreaレポート

<インタビュー>女優ハン・ソヒ、話題のNetflixドラマ「マイネーム: 偽りと復讐」について語る…意見分かれたベッドシーンの解釈とは?

コメント

2021/10/22 17:09配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

<インタビュー>女優ハン・ソヒ、話題のNetflixドラマ「マイネーム: 偽りと復讐」について語る…意見分かれたベッドシーンの解釈とは?(画像提供:wowkorea)

韓国女優ハン・ソヒが、Netflixで話題のドラマ「マイネーム: 偽りと復讐」出演の感想を語った。

 ハン・ソヒは、今月15日に公開されたNetflixオリジナルシリーズ「マイネーム: 偽りと復讐」で世界中の視聴者を魅了している。

 「マイネーム: 偽りと復讐」は、父親を殺した犯人を見つけるために組織に入ったジウがオ・ヘジンという新たな名前で警察に潜入し、そこで向き合う冷酷な真実と復讐を描いた作品。今月開催された「第26回釜山国際映画祭」のオンスクリーンセクションの公式招待作品にも選ばれた。

 ハン・ソヒは本作で初めてアクションに挑戦。これまで見たことがない破格的な変身を試み、話題になった。ドラマ「夫婦の世界」、「わかっていても」で大衆の心をわしづかみにした彼女が、大胆なイメージチェンジで驚かせた。


ドラマ「夫婦の世界」、「わかっていても」で大衆の心をわしづかみにしたハン・ソヒが、大胆なイメージチェンジで驚かせた。(画像提供:wowkorea)

 ハン・ソヒが演じるジウは、復讐のために組織に入る人物で、獣の世界とも言える場所で生き残るために自分を磨き続ける。俳優パク・ヒスン演じるムジンの勧めでオ・ヘジンという新たな名前で警察に潜入し、父親の死に絡む秘密を見つけるために奮闘する。ハン・ソヒは強烈なアクションはもちろん、ジウの感情を細かく表現。体重も10kgも増量してキャラクター作りにも情熱を注いだ。

 ハン・ソヒは「撮影が終わって1年が過ぎましたが、やっと公開されて、まるで今撮影しているかのように気持ちがぽわっとして、日常生活が不可能なほどです。あの時、大変だったことが一つずつ思い出されて、うれしくもあり緊張もあり、そんな気持ちで時間を過ごしています」と感激した様子を見せた。


「あの時、大変だったことが一つずつ思い出されて、うれしくもあり緊張もあり、そんな気持ちで時間を過ごしています」と感激するハン・ソヒ(画像提供:wowkorea)

 本作に出演を決めた理由について「実は私、運動の“う”の字も知らない人間なんです。だけどこの作品はアクションのジャンルに特化したものではなく、私が常にやってみたいと思っていた一人の女性が主体的に引っ張っていく出来事と結合した台本なので引かれました。またノアールが好きなジャンルの一つでもあるので」と答えた。

 続けて「本作を通じて私がこれまで演じて感じた感情の中で、最大値の快楽を得た気がします。歯を食いしばって挑戦したというより、楽しみながら臨みました。何かに一度のめりこんだら、とにかく進めていくという私の性格が作品によく反映されたと思います」と強調した。


<インタビュー>女優ハン・ソヒ、話題のNetflixドラマ「マイネーム: 偽りと復讐」について語る…意見分かれたベッドシーンの解釈とは?

「このベッドシーン自体はジウが唯一、人間の感情を初めて受け入れるシーンだと解釈できました」と語るハン・ソヒ(画像提供:wowkorea)


 また俳優アン・ジェヒョンとのベッドシーンが視聴者から意見が分かれたことについて、「ベッドシーンは撮影中に話を聞いたのですが、初めは私も大丈夫かなと思いました。ジウは明白な目的があったので、それを何か妨害する要素になるではないかと思ったんです。だけど監督と話をした結果、このベッドシーン自体はジウが唯一、人間の感情を初めて受け入れるシーンだと解釈できました」と説明。

 続けて「ピルドとジウが愛し合ってこのようなシーンに至ったいうよりは、ジウが初めて人間らしくなれた瞬間だったと思っています。『人らしく生きたかった』というジウのセリフがありますが、そんな気持ちを持つようになったきっかけであり、ジウの復讐や信念を覆すシーンではなかったと思っています」と語った。





※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。

この記事が気に入ったら