WoW!Koreaコラム WoW!Koreaレポート

<個別インタビュー>「WEi」、新譜リリース&オンラインサイン会で日本本格進出!日本のファンに聞きたいことは?人生で最大のチャレンジは?

コメント

2021/03/03 16:47配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

<個別インタビュー>「WEi」、新譜リリース&オンラインサイン会で日本本格進出! 日本のファンに聞きたいことは? 人生で最大のチャレンジは? (画像提供:wowkorea)

2020年10月5日に1stミニアルバム「IDENTITY:FirstSight」でデビューした6人組ボーイズグループ「WEi」(ウィーアイ)。グループ名には「WE(僕たち)はi(私=ひとつ)になって歌う」というメッセージが込められており、メンバーはオーディション番組「PRODUCE X 101」で1位となり、「X1」出身のキム・ヨハンをはじめ、全メンバーがオーディション番組出身者という実力派揃い。韓国デビュー以来、“怪物新人”、“スーパールーキー”と呼ばれ、“完成型マルチアイドル”として大活躍を繰り広げているが、そんな彼らがついに日本に本格進出! 

デビューアルバム「IDENTITY」シリーズの第2幕として韓国で2月24日(水)にリリースされた2ndミニアルバム「IDENTITY : Challenge」が日本でも3月5日(金)にリリースされ、CD購入者特典として日本初となるオンラインサイン会も開催される。そこで、書面インタビューにてメンバーたちにグループの魅力やニューアルバムのおすすめポイントなどを聞くと共に、日本のファンに向けてのメッセージももらった。

【画像】「WEi」、個別インタビュー


Q.まずは自己紹介からお願いします! 

チャン・デヒョン(以下、デヒョン):こんにちは。「WEi」のリーダー、デヒョンです! 
キム・ドンハン(以下、ドンハン):こんにちは。振り付け担当のキム・ドンハンです。
ユ・ヨンハ(以下、ヨンハ):こんにちは。「WEi」でボーカルとラップをしているヨンハです。
キム・ヨハン(以下、ヨハン):僕は「WEi」でオールラウンダーを担当しているキム・ヨハンです。
カン・ソクファ(以下、ソクファ):僕は「WEi」のメインボーカル、ソクファです。グループで声のセンターを担当しています! 
キム・ジュンソ(以下、ジュンソ):こんにちは。「WEi」の可愛い末っ子ジュンソです。


Q.「WEi」の皆さんは“怪物新人”、“スーパールーキー”と呼ばれ、大きな注目を浴びながらデビューされましたが、グループの魅力、強みというと? 

ドンハン:コミュニケーション能力が大きな強みだと思います。
デヒョン:メンバーたちのケミストリー(コンビネーション)が本当に良くて、ラップ、ボーカルパフォーマンスが上手く調和しています。
ヨンハ:それから、僕たちはステージ経験が多いから、パフォーマンスに余裕や遊び心があるのが、魅力につながっているんじゃないかと思います。
ヨハン:経験からくるパフォーマンスのパワー! 
ソクファ:やっぱり認められた実力とチームワークが魅力で強みだと思います。
ジュンソ:本当に仲が良いので、そこから生まれるチームワークは最強だと思います。


Q.そんなチームワーク抜群の皆さんですが、良いチーム作りをするためにお互いに心掛けていることなどはありますか? 

デヒョン:実際に仲が良い分、その良いケミストリーを練習やステージに上手く生かそうと心掛けています。
ドンハン:フィードバックするとき、できる限り気分を害さないように伝えよう、とみんなで約束しました。
ソクファ:お互いに思いやりを持って、気を遣って、誰よりも友達のような関係を保つようにしています。
ジュンソ:メンバー同士リスペクトする部分があるので、お互いに尊重し合っていて、度を超えることはないですね。
ヨハン:本当に仲が良いので、特に心掛けていることはないんですけど…。
ヨンハ:みんな性格が良くて、相性が良すぎるのが問題だと思います(笑)。


Q.コロナ禍でのデビューとなり、思うような活動ができずに残念な部分はあったと思いますが、これまでの活動を振り返り、嬉しかった瞬間を挙げるとすると? 

デヒョン:本当にとても残念で、力が出ない瞬間もあったけれど、デビューしたということだけでも力が湧いたし、嬉しい瞬間でした。
ドンハン:やっぱりデビューした日はすごく変な気分で幸せでした。
ソクファ:僕たち「WEi」が初めて(音楽番組で)1位候補に挙がった瞬間が嬉しかったです。
ヨンハ:「RUi」(=「WEi」のファンネーム)という僕のパートナーができたときです。
ジュンソ:初めて対面のファンサイン会をしたとき、すごくドキドキしました。
ヨハン:今回の2ndアルバムのリード曲「一か八か(Prod.チャン・デヒョン)」が決まったときです。


Q.そのリード曲「一か八か」はリーダーのチャン・デヒョンさんが作詞、作曲、編曲、プロデュースをされていますが、どのような想いを込めて作った曲でしょうか? 

デヒョン:メンバーたちが自信を持って、自信のあるステージを繰り広げてほしいという気持ちで作業しました。


Q.「一か八か」のダンスのポイントは? 

デヒョン:“さあ、棒(ユッ/韓国の伝統ゲーム「ユンノリ」の棒)を投げろ”と棒を投げるダンスがポイントです。


Q.今回のミニアルバム「IDENTITY : Challenge」で、他にも思い入れの強い曲や、注目して聴いてほしい部分などがあれば教えてください。

デヒョン:「冬、花」です。ダンス曲や他の明るく力強い曲とは違って、感動を与えるバラード曲だからです。
ドンハン:僕も「冬、花」。甘い歌なので、寝る前に聴くといいと思います。
ソクファ:僕も「冬、花」が好きです。季節が自然と移り変わるように、「当然のように僕の心の中に入ってきた」という歌詞が気に入っています。
ヨンハ:僕は「Dancing In The Dark」が好きです。この曲ならではの雰囲気が気に入っています! 
ヨハン:僕の好みは「Diffuser」という曲です! 
ジュンソ:僕も「Diffuser」です。自分も作詞に参加しましたし、 リズミカルな旋律に甘い歌詞が、本当に最高の組み合わせだと思います。


Q.今回のアルバムのコンセプトカットに、記者会見のようにマイクが6本向けられている写真がありましたが、実際に弁の立つメンバー、おしゃべりなメンバーというと? 

デヒョン:普段は僕が主によくしゃべっている気がします(笑)。
ヨハン:デヒョン兄さんは機転が利いて、話上手です。
ソクファ:弁の立つメンバーはデヒョン兄さんで、おしゃべりなメンバーもデヒョン兄さんです。
ヨンハ:デヒョン兄さんは状況対応能力が高くて、僕が一番口下手だと思います。僕が上手く話せないと、メンバーたちが助けてくれます。
ジュンソ:おしゃべりというと、ソクファ兄さん。ハードスケジュールでも止まりません。
ドンハン:ソクファはおしゃべりで、デヒョン兄さんは弁が立ちます(笑)。


Q.日本のファンに対して、気になることや聞いてみたいことなどはありますか? 
デヒョン:すごく会いたいし、待っていてくれてありがとうと伝えたいです。
ドンハン:日本の最新の流行語が気になります。
ヨンハ:「WEi」にどんな姿を期待しているか気になります! 
ヨハン:「WEi」にハマったきっかけが気になります。
ソクファ:日本のファンの皆さんは、僕たちが日本でどんなことを一番先にしてほしいのか知りたいです。
ジュンソ:日本のRUiの皆さんはどうやって「WEi」のファンになったのか知りたいです! 


Q.「IDENTITY : Challenge」にちなんで、今まで生きてきた中で、自分にとって一番大きなチャレンジだったと思うことは何でしょうか? 

デヒョン:芸能人に挑戦することそのものです。
ドンハン:ソウルに一人で上京したことです。
ヨンハ:最近大きなチャレンジをしましたが、「OUI GO UP! 偉人伝2」(「WEi」のYouTubeチャンネルで配信されている番組)を通じて、近いうちにご確認いただけます。
ヨハン:テコンドーをやめた瞬間です。
ソクファ:サバイバルが終わるや、また違うサバイバルに出たのが最大の挑戦だったし、大変な時期でした。
ジュンソ:勉強ばかりしていた学生でしたが、芸能界に挑戦したことが一番大きなチャレンジでした。


Q.キム・ヨハンさんは「美しかった私たちへ」などドラマにも出演されていますが、演技をやってみていかがですか? 

ヨハン:至らないところだらけでしたが大きな愛をいただいて、より全力で取り組めた気がします。


Q.他のメンバーの皆さんは、ヨハンさんの出演ドラマをどうご覧になっていましたか? 

デヒョン:家族のようなメンバーなので、お互い少し照れくさかったですね。
ドンハン:初めてだけど、上手だったと思います。
ヨンハ:最初はからかおうと思って見たら、演技がすごく上手いので、いつの間にかドラマに没頭していました(笑)。
ソクファ:僕たちのメンバー、キム・ヨハンではなく、ドラマの中のチャ・ホン(「美しかった私たちへ」のキム・ヨハンの役)に感情移入して見ていました。
ジュンソ:ヨハン兄さんの甘い魅力が印象的でした。


Q.「WEi」として、今後どんなグループになっていきたいですか? 目標や夢を教えてください。

デヒョン:「RUi」の皆さんにとって、誇らしい歌手になりたいです。
ドンハン:長く愛されるグループになりたいです。
ヨンハ:多くの人に、記憶に残る歌の思い出を作ってあげたいです。
ヨハン:グローバルな実力派アイドルグループです。
ソクファ:音楽的にもっと近付いて、K-POPを全世界に知らせることに力を注いで、広く愛されるアーティストになりたいです。
ジュンソ:本当に実力のある実力派グループになりたいですね。


Q.3月20日(土)と26日(金)に日本向けのオンラインイベントが予定されています。日本のファンに向けメッセージをお願いします。

デヒョン:本当に会いたかったですし、こうしてオンラインサイン会という形でもお会いできるので嬉しいです。愛しています。
ドンハン:早く実際に会いたいです。
ヨンハ:「RUi」の皆さん、早く会いましょう。とても会いたいです。一日一日時間が経つのが遅いです。 早く会いましょう! 
ヨハン:直接会うことは今は難しいですが、画面を通じてでも話をしたかったから、そういう時間が持てて幸せです。
ソクファ:直接会えないのは残念だけれど、画面越しのファンサイン会でお話しましょう! 
ジュンソ:日本の「RUi」!  もう少しだけ待ってくだされば、僕たちが会いに行きます。アイシテル! 






この記事が気に入ったら