WoW!Koreaコラム WoW!Koreaレポート

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る

コメント

2020/12/28 11:34配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染拡大により低迷している韓国映画界の中で期待されている作品の一つとされる映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」に出演した俳優カン・ドンウォンが、絶えず新たなジャンルやキャラクターに挑戦しつづけている理由などについて語った。

 カン・ドンウォンが演じたジョンソクは、4年前に国を襲った災害でかろうじて脱出した元軍人で、家族と希望を全てなくして無気力に生きてきたなか、孤立した半島に戻らなければならない提案をされて戻ってくる。

 本作は、カン・ドンウォンとヨン・サンホ監督のタッグで製作段階から大きな関心を集めた。カン・ドンウォンがこれまでの韓国映画で見たことのない世界観で、どのような演技を見せてくれるのか期待された。

 カン・ドンウォンはコロナ禍での公開に負担を感じるとしながらも「これまでの作品では公開前に試写を含めて本当にたくさん見てきた。自分の演技をあまりにもたくさん見るので嫌になる時もあったんですが、今回は違いましたね。本作は現場編集版より1分長いんです。監督がとても心配されていたんですが、観客の方が喜んでくださるだろうと言ってくださいました。IMAXで見るのもそれなりに楽しかったです」と作品への愛情を示した。

 また「現実の状況はよく分からない。こうして大きな映画が公開されるのは世界でこれが初めてだ(本インタビューは2020年7月に実施)と聞きました。コロナ禍で初めて公開される作品だから僕も結果が本当に気になりますね」と語った。

 本作はカンヌ

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る(画像提供:wowkorea)

国際映画祭に招待されたが、新型コロナの影響でカンヌのレッドカーペットを歩くことはできなかったことについて、カン・ドンウォンは「カンヌで楽しく見てくださったと聞きました。(カンヌに行くことを)楽しみにしていたんですが、本当に残念ですね。映画祭側も大変でしょう。スタッフもそうですしね」と残念そうにした。

 こういった状況でライバル作がない点について「ライバル作がないというのは、余計ストレスを感じる気がします。さらに夏に公開されるのは、本当にストレスなんです。(韓国では2020年7月15日公開)このような状況で公開されるのは心配ではあるんですが、心を一つにして応援してくれている気がします。劇場に来てくださる方が安全であるよう願っています」と伝えた。

 本作への出演については「日頃、ゾンビものをあまり見ないんです。ホラー映画は好きなんですけど、ゾンビ映画は何か怖いというのかな…僕にはそうなんですよ。でも俳優として好きなジャンルだけをやるわけにいきません。ゾンビものは一度くらいはやってみたかったですね」と明かした。

 続けて「映画を作りながら、どうして人がゾンビものを好むのか分かった気がします。心理的な圧迫が少ないですが、アクション的な側面が強く、さらに商業的な感じもあって好まれるのかなと思いました。僕も実際にゾンビものを撮影しながら好きになりましたしね。ジャンルがホラーの中にあるんだけど、アクションとも言えるし、心理的な圧迫を感じる映画ではないでしょうか。現実の世界とも合っている感じがします」と説明した。

 またヨン・サ

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る(画像提供:wowkorea)

ンホ監督に会った経緯について「監督が僕に会いたがっていることを聞いたんですが、その前に『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編を準備しているという情報も聞いていたので会うことになりました。『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編だというので、どう違うのかが気になりました。似たスタイルなので好奇心はそこまで湧かないですが、違うスタイルだと聞きました。ヨン・サンホ監督についても気になりましたし、いろんな話があるんですが『撮影現場が本当に早く終わる』というのが本当なのかすごく気になりましたね」と笑った。

 さらに「監督に会っていろいろ話したんですが、一番よかったのは『自分が好きな映画を撮りたいが、その映画のために多くの人たち、スタッフたちにつらい思いをさせるのは嫌だ』とおっしゃっていたことです。新鮮で、僕の価値観と似ている点がとても良かったですね。また監督が共有してくださった、本作に対するビジュアルがしっかりしていて、前作とはっきり差別化されたいい作品になりそうだと思いました。そしてシナリオの構造がよかったんですよね。ディテールや主人公の感情といったものに、観客がきちんとついて来られる作品だと思います」と振り返った。

 続けて「続編はさらに良いものを作らなければならないんですが、『新感染 ファイナル・エクスプレス』を喜んでくださった方をどうやって満足させられるか、それが一番大きなプレッシャーでした。でもシナリオを読んだ時、それは解消されました。ビジュアル的なものを共有していきながら、すごくよくなりました」と明かした。

 カン・ドンウォンはこれまで「人狼」、「ゴールデンスランバー」、「1987」、「MASTER マスター」など様々な作品を通じてジャンルやキャラクターに対して果てなき挑戦を見せてきた。

 カン・ドンウォンは「僕は挑戦を楽しむスタイルです。何か新しいことをしなければ耐えられない性格なんですよ。そうする理由が特にあるわけではなく、それが楽しいからなんです。同じようなものばかりだと面白くないので、新しいキャラクターをやってみたくなるんです」と説明。「『MASTER マスター』は、実際の僕にはない側面を持つキャラクターでした。そういうことも打ち壊したいと思っています」とし、「僕は何かキャラクターが入ってきても本当にうまく、他の姿も演じられる俳優になりたいです」と抱負を語った。

 映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」(原題「半島」)は、韓国でことし7月15日に公開され、観客動員数380万人を突破する人気を博した。

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る

<インタビュー>俳優カン・ドンウォン、映画「新感染半島 ファイナル・ステージ」を語る(画像提供:wowkorea)






この記事が気に入ったら



wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.