インタビュー WoW!Koreaレポート

<WKコラム>「I-LAND」、Part.2進出の6人が一足先に決定! そしてついに「BTS(防弾少年団)」が14日出演を予告!

2020/08/01 18:18配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

グローバル投票が始まり、本格的なデビューサバイバルPart.2に進出する12人は誰なのか、世界中から関心を集めている「I-LAND」(Mnet、tvN)。7月31日(金)第6話の放送では、グローバル投票の中間結果(7月25~31日)が公開されたほか、最後のテストを経て、いち早くPart.2への進出を決めた6人が発表された。

 まずは番組冒頭で、グローバル投票の国別ランキングトップ5が公開に。なんと171カ国が投票に参加しており、韓国ではテレビ視聴率が低調続きで、いまいち盛り上がりに欠ける印象だったが、それがそのまま数字に表れ5位。4位アメリカ、3位フィリピン、2位日本、1位インドネシアの順だった。

 さらに、グローバル投票の国別1位も発表され、韓国はキム・ソンウ、日本はニキ、中国はパク・ソンフン、ベトナムはハンビン、インドはイ・ヒスン、インドネシアはジェイク、アメリカはダニエルという結果だった。

 現在、GROUNDにいる練習生たちはこのグローバル投票によって6人が選出されるため、この段階でキム・ソンウ、ニキ、ハンビン、ダニエルにとって、この結果はうれしい知らせだろうが気は抜けない。これはあくまで国別順位であって、全体的な順位ではない。しかも、投票参加率が比較的高い3位のフィリピンの結果も公開されていないので、最終的にどうなるのか? 

 番組では続いて、「覚醒」をテーマにしたPart.1の最終テスト「最後の12人」の結果が発表された。課題曲は「I&credible」で、注目のパートは5番パート。前回の放送で、I-LANDの5番パートはヤン・ジョンウォンに決定していたが、プロデューサーZICOらの中間評価で、ヤン・ジョンウォンはインパクトの強い、カリスマ性を見せなければいけないこのパートに合っていないという指摘があり、最終的にイ・ヒスンとチェンジ。結果的にヤン・ジョンウォンはそれが功を奏し、本番に強いところも見せ、テスト結果1位(83点)の評価を受けた。

 これまで4つのテストを通し、それぞれ成長する姿を見せてきた練習生たち。あとは結果を待つのみとなったが、まずはI-LANDER12人の投票により、イ・ヨンビン(11票)、チョ・ギョンミン(11票)、チョン・ジェボム(10票)の放出が決定。

 続いて、プロデューサーたちの選択により、ピョン・ウィジュ、チェ・セオン、イ・ゴンウの放出が決定した。特に、プロデューサーたちの話し合いの中で、Rain(ピ)から「キャラクターが似ている」とチェ・セオン、パク・ソンフン、ピョン・ウィジュの名前が挙がったが、特にこれと言って目を引く部分がなかったという理由でチェ・セオンとピョン・ウィジュが放出に。そして、最終テストでケイがセンターパートだったにもかかわらず、コンディションが悪く、11位(61点)の結果で、ZICOからも「可能性は十分あるのに、毎回コンディションが最悪なときに大事な舞台本番を迎えている」と放出者候補に挙がったが、ギリギリのところで免れた。

 こうして、一足先にPart.2進出を決めたのが最終テスト1位のヤン・ジョンウォン、2位(81点)のパク・ソンフン、3位(76点)のジェイ、4位(75点)のジェイク、5位(70点)のイ・ヒスン、11位のケイだ。番組スタート時より、注目されている練習生たちが順当に勝ち上がった。

 Part.2に進出する残りの6人は、8月2日昼12時で締め切られるグローバル投票によって決定。そのため、GROUNDにいた10人に、放出された6人が加わり、パート分けをし直して、合計16人による課題曲「I&credible」のパフォーマンスが披露された。

 「I-LAND」Part.2への切符を手にするのは誰なのか? グローバル投票の結果も気になるところだが、それに加え、次回予告では「BTS 08.14」の文字が映し出され、ついに練習生たちのロールモデルである「BTS(防弾少年団)」の出演が予告された。8月14日(金)、「BTS」がどのような形で出演するのかまだ分からないが、早くも大きな期待を集めている。


この記事が気に入ったら



wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.