全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

【全文】女優の校内暴力を暴露したA氏、「パク・ヘスではない、本当の加害者から連絡が届いた」と説明

コメント

2021/02/22 22:41配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全3枚

女優のパク・ヘスが校内暴力に加害者に名指しされた中、最初の暴露者A氏が事実を修正した。パク・ヘスではないということだ。

22日午後、A氏は有名オンラインコミュニティに「事を解決する間、掲示板を詳細に見ることができなかったが、こんなに大騒ぎになるとは思わなかった。コメントに何度も名前が挙がる方ではありません。本文に誰だと指定してもいなかったが、なぜその方がしきりに取り上げられるのかよく分かりません」と、パク・ヘスではないことを明らかにした。

これに先立ちA氏は、今月20日に同じオンラインコミュニティに「今は清純なイメージで人気の女優から校内暴力を受けた経験がある」とし、「母が作ってくれた弁当を10階の高さの建物から投げ捨てられ、めちゃくちゃになったがそれを見てげらげら笑い、髪の毛を引きずり教卓の前ではさみで髪を切られ笑いものにされた。海苔に入っている防腐剤を口に入れて飲み込むようにと言って髪を掴まれもした」と主張した。

その後、関連文にはこの文の中の加害者がパク・ヘスではないかという推測が続き、無分別な暴露文が相次いだ。さらに論議が高まると、パク・ヘス側は事実無根だと立場を表明した。

パク・ヘスの所属事務所側は、「当社はこの投稿の内容の真偽かどうかに対する具体的な調査を実施した。その結果、この投稿の数々が校内暴力に関する社会的雰囲気を悪用し、ひとえに俳優パク・ヘスを悪意的に害し、誹謗するための虚偽事実だということを確認した」と明らかにした。

そして、「パク・ヘスに対する悪意的な攻撃、誹謗する書き込みなどを掲載、転送、流布する一切の違法行為に対し、幅広く強硬な法的対応を予告する。刑事告訴はもちろん、民事上の損害賠償責任請求など法律が許す限度内で最大限強硬対応を取る予定であるため、これ以上の無分別な虚偽投稿の掲載、流布行為を直ちに中断してくださることを願う」と強調した。

また、パク・ヘスは23日に予定されていたKBS Cool FM「チョン・ウンジの歌謡広場」の出演もキャンセルした。これに最初の暴露者であるA氏がパク・ヘスではないと述べながら、事件は一段落するものと見られる。結局、突拍子もない暴露文に何の関係もないパク・ヘスだけが大きな打撃を受けたわけだ。

以下、A氏の投稿全文

弁当を台無しにして防腐剤を食べた校内暴力の内容を書いた投稿者です。これ以上追加文を書きたくないと思いましたが、しきりに私の文を引用した記事が出てきて、コミュニティで推測性のある文がどんどん大きくなったので改めて掲載します。

私が受けた校内暴力の内容がとてもひどく、しきりに私の文を引用なさる記者の方々がいらっしゃるのですが、追加文にも書きましたが、パク・ヘスではないと言ったにもかかわらず、その方の写真と私の文がしきりに一緒に掲載されるので、もう一度明示いたします。

1.

私が「一人ひとり応援してくださって感謝する」と追加の文を掲載したことは、文字通り勇気のない私に証人を探せ、頑張れ、とこのようにコメントを残してくださった方々に感謝を表しただけです。

感謝の表現をしたことがそれとなくパク俳優を名指ししたという文が多く、修正をしたかったのです。原文でどんな主語のヒントも与えず、コメントも残したことがなく、追加の文で違うと明示しましたが、すでに世論が一方に過度に傾き、私ではないと言ったので、これ以上おかしく変質するようで、初めから文を削除するに至りました。

2.

なぜコメントでパク俳優の名前が挙がった時に違うと早く言わなかったのかとおっしゃったが、コメント数百件掲載されているのを見ると、あらゆる推測性のあるコメントが飛び交っていました。ハン・ヒョジュさんから歌手のソリョン(AOA)さんまで…(当然何の関係もありません)。

ありとあらゆる初声を見たようです。そして私は、パク俳優を最初から知りません。なのでしきりに「コ・ヒョンジョンに似た子」というコメントや、名字がパク氏だというコメントのようなものたちが見られても、それがみんな一人を指すとは知らず、数百件のコメントをすべて読むこともありませんでした。

また元々の投稿に「誰なのかと聞かずに、具体的な方法を教えてほしい」と言ったように、私は方法を教えてくれるコメントだけを意味深く見て、推測する初声のコメントはあまり気にしませんでした。

3.

話が広まった後、本当の加害者から連絡が来て、私はその人と1対1で話をし、今も私の苦痛を紛らわす方法を探してあげたい、と連絡を取り続けています。お金の話もまったくなく、所属事務所が介入してもいません。参考までに証人を捜し出したい気持ちはやまやまでしたが、私に連絡が来た同級生は一人もいません。今も連絡がありません。

そして後でコミュニティに出回る写真を見て、私の同窓生だとコメントを書いたという方もいらっしゃるようですが…。たぶん同じようなことをされた校内暴力の事件とこんがらがったのではと思います。私とは年齢も違うのに、私のようにひどい目に会った人が他にもいるという事実に心が痛く衝撃を受けました。 私が手伝えることがあれば、助けたいです。

私が原文を掲載した理由はタイトルの通り、「物質的証拠なしに、校内暴力の告発になるのか」についての具体的な案が聞きたいからです。もしコメントでよい案が分かれば、私はきちんと弁護士を雇い、私の実名や加害者の実名をはっきり公開し、真っ向から告発したいつもりだったので、わざとなんらヒントも与えず、まさか、コメントから誰かを推測し、捕まえることなどないだろうと思い、慎重に原文を掲載しました。

途中で「証人がいればいい」というコメントを見て、「そう、アクセス数も多くなったので証人を探してみよう」とアップし、証人は見つかりませんでしたが、意外にも加害者と連絡が取れました。加害者との連絡を取っている間、取り返しのつかない誤ったデマをすぐに正したかったのですが、私の追加文が不十分なため、さらに大きな疑惑が生じ、話せば話すほど迷宮に陥るような気がして、書き込みを削除するに至りました。

後でコミュニティに広がった文を見たら、私が追加文(応援ありがとうございます)を載せた時間が曖昧だったし、パク俳優でないと書いた文がとても遅くなったという意見を見ましたが、本当に申し訳なかったのです。私が素早く「違う」と言うべきだったのに、まさか望んでもいないのに、あれが公論化されるかと思ったことが、本当に公論化され私も恐ろしく驚きました。

その頃、加害者と連絡を取り合う行為そのものにも手が震え、悪夢が蘇る思いでした。その中で、コメントと世論を私が本気でコントロールする気にならなくて、今からでも手遅れになる前に長文の追加文を送ります。

これ以上、推測はやめてください。お願いいたします。中盤に初声の書き込みが相次いで掲載された時、私が書いた文なので、責任を負って「違う」という書き込みを一つひとつ書かないといけなかったのに…。今も後悔しています。

しかし、私が誰かではないと述べ、誰かのコメントには間違ってでも書けない場合が、人に殺到するのではないかと思い、介入したくなかったのです。私の不十分さ、コメントを読まない怠惰のため、愚かな人が指摘されたことに申し訳なく思い、私の感情が整理されるやいなや、この長文の追加文を掲載いたします。

さらに、私が見舞われたことを一緒に憤り、応援し、方法を一緒に考えてくださった方々に、いまだ感謝しています。私はいまだに加害者を許しておらず、加害者を許していないことを知らせました。相手側もそれを承知しており、継続して連絡をして方法を模索しようと言っていました。

前の追加文にも書きましたが、私が望むのはあの子が没落することよりも、心からの謝罪を受けて私の心を癒したかったです。だから私は、こんなふうに治癒過程を選択しました。もし謝罪もせずに知らん振りをしたのなら、方法を模索した後、さきほど言った通り実名を公開するつもりでしたが、その前に加害者と連絡がつくようになったのです。勧善懲悪らしい後記ではなく申し訳ありませんでした…

ありがとうございます。

最終更新:2021/02/24  1:48


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら