韓国統一相「北に今年 “食糧不足分130万トン”を適時に支援せねば」

コメント

2021/02/18 17:12配信
Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp

全1枚

韓国のイ・イニョン(李仁栄)統一相は今日(18日)、今年 北朝鮮内の食糧が昨年の水害と台風などの影響で、120万トンから130万トンほど不足するだろうということから、適時に支援することが望ましいという立場を明らかにした。

イ統一相は、政治・経済・安保問題とは別途に人道主義の次元で、対北支援の意志を繰り返し示唆した。

イ統一相はこの日、韓国外交統一委員会の業務報告で「およそ昨年基準で 夏の水害・台風により減産したものが20万トンから30万トンだと推定される」とし「だいたい一年に約100万トンほど不足していることから 昨年の減産分を加えると、今年 北朝鮮にとって必要な食糧の不足分は約130万トンほどだと算出される」と付け加えた。

また「(対北支援は)政治・経済・安保問題とは別のトラックで、一貫して推進するのが望ましいというのが、党派を越えた共通認識の領域だ」とし「必要な時 適時に協力できるなら、そのような方法を探し出すのが望ましいことだ」と強調した。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら