“メジャー2年目”キム・グァンヒョン「フルタイム目標、体力と制球力向上に努めた」

コメント

2021/02/18 15:29配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

セントルイス・カージナルスのキム・グァンヒョン投手が、今季フルタイム先発として活躍するための準備を終えた。

 キム・グァンヒョンは18日(以下、日本時間)、現地メディアとのテレビインタビューで「昨年、救援登板より先発登板の成績が良かった。先発でプレーすれば準備する時間が長くて、続けてきた姿通りにするのが、自分にはより楽だろう」と語った。

 また「韓国より試合数が多いので、先発ローテーションを欠かさないために体力的な部分できちんと準備した」とし、ストレッチ、下半身の強化など制球力向上のために頑張ってきた」と付け加えた。

 キム・グァンヒョンはメジャーリーグデビューの年に頼もしいサポート役をしたアダム・ウェインライトの再契約に対する話が出ると喜んでいた。

 彼は「ウェインライトの再契約のニュースを心からお祝いしたかった。おそらく一番うれしかったのは僕だった」とし、「ウェインライトともう1年一緒にできることになり本当にうれしいし、今シーズンの成績をよく維持して来年も野球を続けたい」と話した。

 キム・グァンヒョンは「今年、新型コロナウイルスの状況が好転すれば、家族が夏休みに米国に来るのではないかと思う」と米国で一緒に過ごすことを期待した。


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら