金正恩氏の肩書 英語表記を「プレジデント」に変更=北朝鮮

コメント

2021/02/17 12:35配信
Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.

全2枚

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の肩書の英語表記が、議長や委員長などを意味する「Chairman」から大統領、主席を指す「President」に変更された。北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、金総書記が父の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日(光明星節、16日)に平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝したというニュースを英語で報じる際、呼称を「president of the State Affairs」とした。

 

 中央通信は先月22日まで、「chairman of the State Affairs Commission」を用いていた。

 これに関し韓国の情報機関、国家情報院は今月16日の国会情報委員会で、金総書記の英語表記が国際的に通用するPresidentに変更されたと説明した。

 金総書記の祖父、故金日成(キム・イルソン)主席も生前、英語ではPresidentの呼称を用いている。

 今回の変化は、多くの国が対外的に、国家元首、政府首班をPresidentと称していることを踏まえたとみられる。

 このところ北朝鮮は、国際社会で一般的な表現を取り入れる傾向がある。韓国の国防部にあたる「人民武力省」を「国防省」に改称したことが一例。国際社会に対し、一般的な国のイメージを与える狙いといえそうだ。

最終更新:2021/02/17  16:25


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら







wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
無料ゲーム | 무료게임 | キッズゲーム | 脱出ゲーム | 着せ替えゲーム | オンラインゲーム | 脳トレゲーム | 韓国ドラマ・韓流ドラマ | KPOP | kpopプロフィール | 新大久保 | 韓国語 | 韓国旅行 | 韓流プロフィール | ワウネタ海外生活
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.