LG電子スマホ部門 昨年760億円の赤字か=巻き取り式に期待

コメント

2021/01/08 18:24配信
Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.

全1枚

【ソウル聯合ニュース】韓国・LG電子が昨年、過去最大となる3兆1918億ウォン(約3040億円)の年間営業利益を出したものの、モバイル部門は依然として不振だった。

 LG電子が8日発表した2020年10~12月期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は6470億ウォンだった。

 部門ごとの業績は公開されなかったが、スマートフォン(スマホ)事業を担当するモバイル・コミュニケーションズ(MC)本部は2500億ウォン前後の営業損失を出したとみられる。

 MC本部は昨年1~3月期に2380億ウォン、4~6月期に2070億ウォン、7~9月期に1480億ウォン程度の赤字を記録した。10~12月期に2000億ウォン台の損失を出したとすれば、年間で約8000億ウォン(約760億円)の赤字を計上したことになる。

 LG電子は今年、巻き取り式(ローラブル)スマホの発売を機に業績回復を狙う計画だ。

 LG電子は1月11日(米現地時間)から14日まで開催される世界最大級のデジタル技術見本市「CES」でローラブルスマホの試作品を公開し、上半期中に正式公開・発売する予定だ。


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら







wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.