バレンシアのイ・ガンイン、新型コロナ感染=スペインメディア報道

コメント

2020/12/08 10:01配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

バレンシアのイ・ガンインが新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

 スペインメディア「deportevalenciano」は7日(以下、日本時間)「バレンシアは新型コロナウイルス陽性と判定されたイ・ガンインとデニス・チェリシェフをエイバルとのアウェー戦に同行させなかった」と報道した。

 イ・ガンインは去る1日、バレンシアの練習場で新型コロナの検査を受けた後、自宅に戻った事実が伝えられた。当時、バレンシアは「1軍選手の中に感染疑いがある者が出た。該当選手との濃厚接触者は自宅隔離に入った」とし「現在、検査結果を待っている」とし、実名を公開しなかった。

 しかし、スペイン現地ではイ・ガンインが練習場を離れた写真と、その後練習場にイ・ガンインが現れなかった状況を勘案し、彼の感染を予測した。

 イ・ガンインは今回、エイバル戦を控えてリストから外れたため、感染が確認された。

 イ・ガンインの感染経路は伝えられていないが、チェリシェフから感染した可能性が高い。チェリシェフは先月29日、アトレティコ・マドリードとの試合を控えて行った新型コロナの検査で感染が判明したため現在、自主隔離中だ。

 新型コロナの感染が確認されたイ・ガンインは8日のエイバル戦はもちろん、来る12日に予定されたアスレティック・ビルバオとのホーム戦も欠場する見通しだ。今後、新型コロナの検査結果で、陰性と出れば試合に出場できる。




コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら