韓国 元慰安婦の「寄付金横領疑惑」“尹美香 議員”の初裁判…「控訴事実を全て否認」

コメント

2020/11/30 17:18配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

全1枚

元慰安婦を支援するという名目で寄付金を集め、個人の目的に使ったという容疑を受けている韓国与党“共に民主党”のユン・ミヒャン(尹美香)議員側は、裁判で容疑を「全て否認」した。

ソウル西部地裁は今日(30日)午後2時30分、ユン議員と元慰安婦の支援団体“正義記憶連帯(正義連)”理事の、公判準備手続きを実施した。今回の公判準備手続きは、検察側と弁護人側の神経戦として、約1時間近く行なわれた。

被告人のユン議員と理事は、法廷に出席しなかった。公判準備手続きには、被告人の出席義務はないことになっている。

検察は、補助金管理に関する法律違反および地方財政法違反、詐欺、寄付金品の募集および使用に関する法律違反、業務上背任などの容疑で、ユン議員を起訴したと伝えた。

これに対してユン議員と理事の弁護側は「控訴事実を全て否認する」と伝えた。弁護側は、共通して控訴状に適示された犯行の期間などが特定されておらず、その要件も不明確だと指摘した。

次の公判準備手続きは、2021年1月11日と予定されている。


コメント数ランキング コメント






この記事が気に入ったら