全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」15話、キム・スヒョンがソ・イェジに切ないキス

コメント

2020/08/09 00:01配信
Copyrights(C)wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 8日に放送されたtvNの土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」第15話ではムン・ガンテ(キム・スヒョン)がコ・ムンヨン(ソ・イェジ)に愛していると告白する姿が描かれた。

この日、ムン・ガンテはムン・サンテを拉致したパク・ヘンジャがいる呪われた城へ向かい、パク・ヘンジャは「君が私の娘を壊したじゃないか。完璧な私の作品が君のせいで壊れた。失敗作は廃棄処分なのに…今まで力を入れたのがもったいなくてそうしたくはない。 どうかお前たち遠くへ逃げろ」と話した。

これにムン・ガンテは「絶対に去らない」と答えた。すると、パク・ヘンジャは「それなら私を殺して。君は恨みを返すことで、ムンヨンと君の仲が遠くなるだろう」と話した。ムン・ガンテは「あなたが夢見た飴のような結末は来ない。僕がムンヨンを諦めないから」と答えた。

すると、パク・ヘンジャは「君たちの母親が死んだのはあの子のせいなのに」と言い、ムン・ガンテの母親と会った瞬間を思い出した。ムン・ガンテの母親はかつてパク・ヘンジャの家で家政婦として働き、翼が折れた鳥を見て「どうせ飛べない鳥だから殺さなきゃ」と言う幼いコ・ムンヨンと向き合った。この事実をムン・ガンテの母親はパク・ヘンジャに知らせ、病院を勧めた。

これに憤怒したパク・ヘンジャがムン・ガンテの母親を殺害した。

ムン・ガンテは「たかだかその一言で母さんを殺した?」と言ってむせび泣き、パク・ヘンジャは「私の娘を精神病者扱いしたから。よくも出しゃばって」と答えた。それに憤怒したムン・ガンテはパク・ヘンジャの首を絞め、パク・ヘンジャは「そう、殺して。絶対くじけるな」と刺激した。

その時、ムン・ガンテはコ・ムンヨンが言った「それでも母親は母親だから」という言葉を思い出して弱まり、その間パク・ヘンジャはカバンの中にあった注射器でムン・ガンテの太ももを刺した。その瞬間、コ・ムンヨンが入って来て「私はあなたのような怪物とは違う」と、ペンを持って突こうとした。

それをムン・ガンテが手で阻止し、ペンで刺されたムン・ガンテはその場に倒れた。驚いたコ・ムンヨンは「お願い起きて」と泣き叫んだ。

パク・ヘンジャはそんなコ・ムンヨンの姿を見て、「だから私の話を聞かなければならなかった」と、ペンでコ・ムンヨンを突こうとした。その瞬間、目を覚ましたムン・サンテが絵本でパク・ヘンジャの後頭部を攻撃した。結局、パク・ヘンジャは警察に連行され、そこに現れたオ・ジワン(キム・チャンワン)に「あの子たちは駄目だ。私がそうした。私が勝った」と話した。

これにオ・ジワンは「それは置いて見なければならない。君はいつ人間になるんだ」と問い詰めた。コ・ムンヨンは倒れたムン・ガンテを看病し、「あなたはいつも私のせいで怪我をするね。私の側にいるとこうなって」と涙を流した。

目覚めたムン・ガンテはコ・ムンヨンに「とても長く寝たみたいだ。悪夢を見たよ」と話し、コ・ムンヨンは「夢じゃない。話すことがある。降りてきて」と、昼にいた現場にムン・ガンテを呼んだ。

コ・ムンヨンは「ここであったことだ。私たちは生きて、あの女は捕まって、真実はすぐ明らかになる。出て行って。ここから出て行って。あなたの言葉通り私は缶ではない。私も感情がある。そして、絶対に忘れられない。私のせいであなたとお兄さんが経験したおぞましい事は一生忘れられない。あなたも私を見る度に辛い」と淡々と述べた。

すると、ムン・ガンテは「乗り越えれば良いじゃないか。ただ、僕たち全て長い悪夢を見たと考えよう。僕はそうする自信がある」と微笑んだ。これにコ・ムンヨンは「演技はやめて。辛いのに辛くないフリ、苦しいのに苦しくないフリ。あなたはもう私の前でそうする。私はそんなあなたを見ながら苦しむだろう。そうして生きたくない。だからお願いするの。明日、お兄さんと出て行って」ときっぱり話した。

ムン・ガンテはその場を離れるコ・ムンヨンを掴んで、「君は本気か」と聞き、コ・ムンヨンは「うん。ただ1人で暮らしたい。以前のように」と答えた。これにムン・ガンテは力なくコ・ムンヨンの手を離した。部屋に戻ってきたコ・ムンヨンは「よくやった、コ・ムンヨン」と独り言を言った。

以降、ムン・ガンテはコ・ムンヨンに「君は本当に1人で生きるのか。君はもう1人で生きられない。あたたかな事を知ったから。だから君も認めて。可愛さを受け取りたい子供の恋人だと」と話した。さらに、「君は僕たち兄弟が嫌いか。超頑固なのはやめてこき使って」と大声を出した。

これにコ・ムンヨンが「今、叫んだのか」と飛び起き、驚いたムン・ガンテは「この部屋では音がより大きく鳴るね。休んで」と慌てて部屋から出た。

コ・ムンヨンはムン・サンテに「ガンテに聞いてみてくれる?明日はまたどんな言い訳に出ないのかと」と聞き、ムン・サンテは「どうにでもして」と答えた。さらに、「僕の宿題を見て欲しい。これを見て。他のパートナーと会って挿絵作家になるか」と言いながらガンテが微笑む顔を見せてあげた。絵を見たコ・ムンヨンは涙を流しながら「これが欲しい。私にこれちょうだい」と話した。

ムン・サンテは「僕は本当に本当に童話の本を出したいのに。童話の本を出してお母さんに自慢したいのに…僕も作家だと。お母さんは病院にいる」と本音を明かした。

これにコ・ムンヨンはムン・ガンテとムン・サンテが植えた木を見つけて、「ごめんなさい」と伝えた。その時、コ・ムンヨンを尾行していたムン・ガンテが現れて、「僕がずっと努力する。僕がどうやっても耐えてうまくやり遂げるから。もう追い出すのはやめて僕を受け止めて」と話した。

しかし、コ・ムンヨンがそっぽを向くと、ムン・ガンテは怪我した手を差し出して「これはどうやって報償するつもり?」と話した。これにコ・ムンヨンは「怪我を負わせたことは申し訳ない」と言って、その場を去った。ムン・ガンテは去るコ・ムンヨンに「愛してる。愛してる。コムンヨン」と叫んだ。

しかし、コ・ムンヨンが前だけ見て行こうとすると「愛してるから。愛してる。愛してるというのにどうして逃げるの」と、前にコ・ムンヨンが愛してると叫んだ姿をそっくり真似た。

家に到着してもムン・ガンテは「愛してる。愛してるから。これは違う」と述べ、コ・ムンヨンが怒ると唇を重ねた。


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら





wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.