全て 俳優 ドラマ 映画 K-POP

≪韓国ドラマNOW≫「サイコだけど大丈夫」7話、キム・スヒョンが髪を切ったソ・イェジに「綺麗だ」

コメント

2020/07/12 00:01配信
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

全1枚

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 ソ・イェジが髪の毛を切った。

 11日に放送されたtvN土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」では、髪の毛を切る童話作家コ・ムンヨン(ソ・イェジ)の姿が描かれた。

 この日、保護士ムン・ガンテ(キム・スヒョン)は悪夢を見たコ・ムンヨンの部屋に入り、コ・ムンヨンはムン・ガンテにぎゅっと掴まって、「逃げて。すぐに消えて」と嗚咽した。これにムン・ガンテはコ・ムンヨンを抱き締めて、「うん、行かないよ」と慰め、泣き疲れて眠るコ・ムンヨンの傍を守っていた。

 目覚めたコ・ムンヨンはムン・ガンテに「なぜここにいるのか。私は間違ったものはない。 あの女がしきりに母のふりをしていたから。母が死んだのが全てだ」と話し、ムン・ガンテは「分かった。兄さんを連れて来て、薬を買ってくる」と言い、部屋を出た。ムン・ガンテは兄ムン・サンテ(オ・ジョンセ)に「今日、お兄さんのアルバイト、私が送ってあげる。私、今日サボるんだ」と微笑えんだ。

 保護士ムン・ガンテは兄ムン・サンテに「兄さん、とても忙しいみたいだね。仕事を少し減らすのはどう?」と聞き、ムン・サンテは「辛ければ夜にでたらめを言う。僕は違うのに。君はでたらめを言う。体は正直なので泣くでしょう。でも、心は辛くても静かでしょう。だから夜に人知れず泣きます」と答えた。これにムン・ガンテは童話作家のコ・ムンヨンを思い出した。

 ムン・ガンテは兄ムン・サンテをチョ・ジェス(カン・キドゥン)の店に連れて行き、薬局に向かった。その時刻、出版社社長イ・サンイン(キム・ジュホン)はムン・ガンテに連絡して「コ・ムンヨンが電話に出ない。何がどうなっているのか言え」と興奮し、出版社職員ユ・スンジェ(パク・ジンジュ)とご飯を食べたが「急ぐ奴が井戸を掘らなければならない」と専属作家コ・ムンヨンの元に向かった。

 家に1人残ったコ・ムンヨンは幼いころ母と共にした姿を思い出し、長い髪の毛を切ったが、「助けて」という幻聴を聞いてハサミを投げつけた。その時、出版社社長イ・サンインが入ってきた。

 作家コ・ムンヨンは「切りたいけど切れない。お母さん」と伝え、社長イ・サンインは「いつからだ?また、その幻影に苦しんでいるのか?」と心配した。さらに、「君がその幻影に遊ばされ始めたら君はどうなるか確かに知っているのに、放っておけない」とし、荷造りを始めた。これに作家コ・ムンヨンは「絶対に行けない。行かない」と抵抗した。

 その時、保護士ムン・ガンテが現れ、「何してるんだ」と声を高め、その隙に作家コ・ムンヨンが社長イ・サンインを押した。幸いムン・ガンテが掴んでイ・サンインは危険から逃れた。イ・サンインは「私はこの子を連れて行くのだ。君も出て行け」と話した。

 これに保護士ムン・ガンテは「嫌だと言う人を無理やり引き出すのは暴力なのに」と言い、社長イ・サンインを外に送り出した。ムン・ガンテは作家コ・ムンヨンに「誰にでもドアを開けてあげたらダメだ。油断は怖いものだって」と話し、薬を渡した。

 しかし、コ・ムンヨンが「こんなの飲んだら私はもう薬物中毒だよ」と答えた。これにムン・ガンテは「それなら風に当たろう」と言って、ドライブに乗り出した。

 2人は一緒に肉を食べ、コ・ムンヨンは「私が辛いのではなく、お腹が減っていたんだね。私は食べることを前にすると制御できない。中が空っぽの缶だからか?」と聞き、ムン・ガンテは「ごめん。あの時、僕がでたらめを言ったよ。君は缶じゃない。ヤクザ」と笑った。

 その後、2人は一緒に道を歩いて、作家コ・ムンヨンは「私たちデートしているのか?」と聞き、違うという保護士ムン・ガンテの言葉に「これは今何なの?友達以上恋人未満なのか?連れて遊んだのか?突いてみたのか?」と話した。

 すると、保護士ムン・ガンテは「消えて」と答え、「消えて。僕がこの言葉を君から何回聞いていたと思っているのか。昨晩にも。ところで昨日の夜には行くなという風に聞こえた。昔だったら逃げたが、今日はなんだか一緒にいてあげなければならないようだから。それが全てだ」と答えた。

 家に帰る途中に作家コ・ムンヨンは、保護士ムン・ガンテ(キム・スヒョン)に「昨日悪夢を見た。いつもその悪夢に母が出て。その夢を見たら気分が最悪だ。ところで今日はなかなか大丈夫だ」と微笑えんだ。

 翌日、院長オ・ジワン(キム・チャンワン)は保護士ムン・ガンテに「コ・ムンヨン先生は恋人がいるのか。私の息子にコ・ムンヨン先生を紹介してあげようかと思うが。してくれるか?してくれないか?君は一緒に暮らしているじゃないか」と尋ねた。さらに、「私が気配りだけして。ところで昨日、カン・ウンジャとなぜ話したか?」と言った。

 これに保護士ムン・ガンテは「コ・ムンヨン先生が本当のお母さんだと考えた。もしかして、その方が生きている可能性もあるのか。それが懐かしさではなく、恐怖の可能性もあるじゃないか?」と答えた。以降、ムン・ガンテは作家コ・ムンヨンのせいで倒れたカン・ウンジャを訪ね、ショックを受けたカン・ウンジャは妄想で再び現実に戻って死んだ娘を回想しながら涙を流した。

 この姿を見守ったムン・ガンテは母親を思い出し、親友チョ・ジェスを訪ね、「ジェス、お母さんもあの上で私に申し訳なく思っているだろうか。胸を打ちながら後悔しているだろうか」と涙を流した。

 親友チョ・ジェスと会ってから城に戻ったムン・ガンテは作家コ・ムンヨンに悪夢人形を渡しながら、「悪夢を見たらこの子に悪夢を入れて楽に寝れる。これは兄さんのだけど。僕が作った」と話した。

 さらに、「実は兄さんもあなたのように悪夢を見る。母が亡くなった日からずっと。兄さんが苦しんでも私ができることが何もなかった。 ただ人形を一つ作ることだけ」と話した。

 ムン・ガンテの言葉にコ・ムンヨンは「これよく見ると良いね。気に入った」と答えた。ムン・ガンテは横になっている兄ムン・サンテに近づいて話を交わして、再び母と共にした記憶を思い出しながら涙を流した。

 担当する授業が取り消されたことを病院で後から確認した作家コ・ムンヨンは怒って院長オ・ジワンを訪ね、オ・ジワンはコ・ムンヨンを見ると慌てて逃げた。その時、患者カン・ウンジャがコ・ムンヨンを見て「申し訳ない。私が迷惑をかけて困ったでしょう」話した。

 これに「困ったというレベルではない。私は首になった。どうやって報償するつもりか」と毛皮のマフラーが欲しいと話して、カン・ウンジャは「持って行きなさい。私は十分に長く使った」とマフラーを与え、コ・ムンヨンはマフラーを担いで席を立った。カン・ウンジャは隣にいたムン・ガンテに「やっと少し軽くなった」と答えた。

 ムン・ガンテは作家コ・ムンヨンに近づき、「よくやった、コ・ムンヨン。君がやめられるように助けてあげたじゃないか」と頭を撫でてあげた。

 作家コ・ムンヨンは病院を出る父コ・デファン(イ・オル)と向かい合っており、コ・デファンは「お前もお前の母親のように抜け出せない」と話した。これにコ・ムンヨンは「私は違う」と述べた後、長い髪をバッサリ切った。

 コ・ムンヨンは保護士ムン・ガンテに「私、首輪を切った」と話して、2人は一緒に笑った。さらに、ムン・ガンテは滅茶苦茶だったコ・ムンヨンの髪をきちんと切ってあげて、コ・ムンヨンの姿に「綺麗だ」と答えた。

最終更新:2020/07/12  19:45


コメント数ランキング コメント










この記事が気に入ったら





wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.