米朝会談の実現に元NBA選手ロッドマン氏が号泣 「金正恩は大きな子ども。しかし、バカな男ではない」

2018/06/12 14:18入力

<拡大写真>

12日午前、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで歴史的な瞬間が世界の視線を集中させた。

 米国のドナルド・トランプ大統領、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が史上初めて米朝首脳として対面。固い握手を交わした。

 この瞬間を見た元プロバスケットボール選手のデニス・ロッドマン氏は、思わず号泣したと伝えられている。

 米国メディアによると、CNNのインタビューに応じたロッドマン氏は涙を流しながら「金正恩は大きな子ども。しかし、バカな男ではない」とし、「米国にも来たがっているし、良い人生を送りたいと話している」と明かしたという。

 一方、ロッドマン氏は”バスケ好き”な金委員長と親交があり、これまでにも数回、北朝鮮を訪問している。


この記事が気に入ったら






ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.