<女子サッカー>韓国代表、4強進出の運命は日豪戦の結果次第

2018/04/13 10:44入力

<拡大写真>

ユン・ドクヨ監督率いる韓国女子サッカー代表チームは13日午後10時45分(日本時間)、ヨルダン・キングアブドラIIスタジアムで、ベトナムとアジアカップB組予選最終3次戦に臨む。

 これを前に、1〜2次戦でそれぞれオーストラリアと日本を相手に0-0のスコアレスドローを記録した韓国は、ベスト4進出のためにはベトナムとの試合で大量得点での勝利が必要。さらに、日本対オーストラリアの結果も大きく影響する。

 現在、B組の順位はオーストラリア−日本−韓国−ベトナムの順。オーストラリアは1次戦で韓国と0-0で引き分けた後、ベトナムに8-0で大勝した。日本はベトナムを4-0で下した後、韓国と0-0で引き分け。2チーム(日本とオーストラリア)共に1勝1分け(勝ち点4)で、得失点差が順位を決めている状態だ。

 なお、今大会は来年フランスで開催される国際サッカー連盟(FIFA)女子ワールドカップ・アジア地域予選を兼ねている。ワールドカップ出場チケットは上位5チームに与えられるため、ベスト4トーナメントに進出する組2位までに入れば、自動的にワールドカップ出場権が与えられ、各組3位のチームは最終的な進出をかけた5−6位決定戦に進む。


この記事が気に入ったら






ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.