文大統領、「慰安婦合意否定できない…被害者の名誉を回復」

2018/01/10 11:15入力

<拡大写真>

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、新年の記者会見を通じて、慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復すると述べた。

 先立って政府は2015年に妥結した慰安婦合意と関連し、再交渉はしないとしながらも当時の日本政府が拠出した10億円を政府の予算で負担するという立場を発表した。

 文大統領は「韓日両国間の公式的な合意をした事実は否定できない」とし「誤った結び目は解かなければならない」と述べた。

 彼は「真実を無視した席で道をつくることはできない」とし「真実と正義という原則へ立ち戻る」と述べた。

 続けて歴史を正しく立て直すことは二度とこのような残酷なことが起きないように人類社会に教訓を残し、共に努力していくことだとし、「大統領として私に与えられた歴史的な責務だと思う」と付け加えた。

 文大統領は被害者の心の傷を治癒できる措置をとっていくとし「すべての過程で被害者の声を聞く」と強調した。

 文大統領は「日本と心が通じ合う真の友人になることを望む」と述べ、日韓関係改善の意思を示した。彼はまた「両国が共に努力して共同繁栄と発展を遂げていかなければならない」とし、「歴史問題と両国間の未来志向的な協力を切り離して努力していく」と説明した。

 また、日韓関係が未来に向けて進むとき、北朝鮮の核問題はもちろん、多様かつ実質的な分野で緊密に協力していくことができると信じていると述べた。


この記事が気に入ったら








ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.