韓国映画

紙の花の最新ニュース

紙の花の作品紹介

<拡大>

紙の花

希望を失っていた父子が明るい母子と出会って再び希望を抱き始める様子を描いた作品。「第53回ヒューストン国際映画祭」で最優秀外国語映画賞、アン・ソンギが男優主演賞を獲得する快挙を成し遂げて話題に。

  • ・原題:종이꽃
  • ・原題訳:紙の花
  • ・監督:コ・フン
  • ・キャスト:アン・ソンギ、ユジン、キム・ヘソン、チャン・ジェヒ、イ・ソク
  • ・公開日:2020年10月22日(韓国)
  • ・ジャンル:ドラマ
  • ・観覧等級:12歳以上観覧可
  • ・上映時間:103分
  • ・関連リンク: アン・ソンギ キム・ヘソン ユジン
紙の花の見どころ

韓国映画「紙の花」は、希望を失っていた父子が明るい母子と出会って再び希望を抱き始める様子を描いた作品。
「第53回ヒューストン国際映画祭」で最優秀外国語映画賞、アン・ソンギが男優主演賞を獲得する快挙を成し遂げた。
ユジンが11年ぶりに映画出演することでも話題に。


紙の花のあらすじ

生涯“紙の花”を折って死者の魂を弔う葬儀屋ソンギル(アン・ソンギ)は、事故で体が不自由になって人生に対する意思を失った息子ジヒョク(キム・ヘソン)と特別な事情のため大規模な互助会で新たに仕事を始めることになる。
そんなある日、向かいの家に引っ越してきたウンスク(ユジン)と娘ノウル(チャン・ジェヒ)が、ソンギルとジヒョクの人生にふとかかわることになり、明るい母娘の姿を見て二人は忘れていた希望を再び抱き始める…。


紙の花の関連外部サイト

このページが役に立ったら




wowKoreaのyoutubewowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<ライター募集>

Copyright(C) AISE Inc.