剣と花の最新ニュース

剣と花の作品紹介

<拡大>

剣と花

キム・オクビン7年ぶりのドラマ出演作!悲劇のラブストーリー

剣と花の見どころ

韓国ドラマ「剣と花」は高句麗ヨンリュ王の娘ムヨンが父親を殺した淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)の庶子ヨンチュンと恋に落ち、復讐と愛の狭間で葛藤する内容を描く。女優キム・オクビンが7年ぶりにドラマ復帰作でヨンリョ王の娘ムヨン役を演じる。ムヨンと恋に落ちる淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)の庶子ヨンチュンはオム・テウンが演じる。また「私の娘、ソヨン」で好演し国民の息子と呼ばれ次世代俳優に浮上したバンド「CNBLUE」イ・ジョンシンや「太陽を抱く月」で注目を集めた若手俳優イ・ミノなども出演する。

剣と花のあらすじ

卒本(チョルボン)城に行って来た王女と皇太子の馬車が山中で襲撃に遭う。大混乱の中、王女はかろうじて皇太子を守り、襲撃者を逮捕するが、非常に優れた弓の腕前を持った武士が現れて犯人を殺害し口を封じてしまう。王女と皇太子を狙った者でまず一番先に疑われる人物は高句麗最高の権威であり、王の政敵である淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)だが、これを立証する道が消えてしまったのだ。王女は殺人者を見つけるために探しまわり、殺人に利用された弓矢に西域のみで入手することができる珍しい毒がついていたという情報を得る。そんなある日、市場通りから一人の男が近づいてくる。弓の名手というこの男は面白い妙技を見せるといい、王女を市場の韓服屋に導く。


このページが役に立ったら




wowKoreaのツイッターwowKoreaのフェイスブックwowKoreaのインスタグラムwowKoreaのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ

会社紹介お問い合わせ利用規約
プライバシーポリシー<バイト募集>

Copyright(C) AISE Inc.




n %>