韓国映画

麻薬王の最新ニュース

麻薬王の作品紹介

<拡大>

麻薬王

1970年代を舞台に主人公が密輸人から伝説の麻薬王にのし上がる過程を描く作品

  • ・原題:마약왕
  • ・原題訳:麻薬王
  • ・邦題:麻薬王
  • ・監督:ウ・ミンホ
  • ・キャスト:ソン・ガンホ、チョ・ジョンソク、ペ・ドゥナ、キム・デミョン
  • ・公開日:2018年12月19日(韓国)
  • ・ジャンル:犯罪
  • ・観覧等級:青少年観覧不可
  • ・上映時間:139分
  • ・関連リンク: ソン・ガンホ チョ・ジョンソク ペ・ドゥナ
麻薬王の見どころ

韓国映画「麻薬王」は1970年代を舞台に、ソン・ガンホ演じる主人公イ・ドゥサムが密輸人から伝説の麻薬王にのし上がる過程を描く。「インサイダーズ 内部者たち」を手掛けたウ・ミンホ監督の作品。


麻薬王のあらすじ

「愛国は特別ではない!」。
麻薬も輸出すれば愛国になった1970年代の大韓民国。下級密輸業者だったイ・ドゥサム(ソン・ガンホ)偶然、麻薬密輸に加担し、麻薬製造と流通事業に本能的に目を開くことになり事業に飛び込む。
事業的な手腕が優れたロビイスト、キム・ジョンア(ペ・ドゥナ)が合流し、彼女が作った麻薬は「メイド・イン・コリア」というブランドを付けることになる。
ついにイ・ドゥサムは大韓民国を越えてアジアにまで勢力を伸ばし、白色黄金の時代を開くことになる。
一方、麻薬により世の中はますます不安になり始め、常勝疾走するイ・ドゥサムを注目する人物キム・イング(チョ・ジョンソク)が動き始めるのだが…。


麻薬王の関連外部サイト

このページが役に立ったら