俳優・女優 ドラマ 映画 歌手 スポーツ選手

暗数殺人の最新ニュース

暗数殺人の作品紹介

<拡大>

暗数殺人

収監された殺人犯がある刑事に別の殺人を自白し展開する、実際の事件をもとにした物語

  • ・タイトル:暗数殺人(アンスウサツジン)
  • ・ハングル表記:암수살인
  • ・監督:キム・テギュン
  • ・キャスト:キム・ユンソク、チュ・ジフン、ムン・ジョンヒ、チン・ソンギュ
  • ・公開年度:2018年10月3日 韓国公開
  • ・ジャンル:犯罪、ドラマ
  • ・上映時間:110分
  • ・関連リンク: チュ・ジフン

暗数殺人の見どころ

韓国映画「暗数殺人」は収監された殺人犯がある刑事に別の殺人を自白し、刑事は殺人犯が書いた7つの殺人リストを信じて捜査に入って起きる出来事を描いた作品。釜山(プサン)で起きた実際の事件をもとにしている。 公開前には事件の被害者遺族が映画に対して裁判所に上映禁止仮処分申請を提出した。遺族側は劇中の事件が実際の事件と同一に描写され、映画化する前に遺族の同意を求めなかったと主張。制作会社側は後から謝罪し、その後、遺族らは仮処分申請を取り消した。

暗数殺人のあらすじ

「7、計7人です。私が殺した人たちは」。収監された殺人犯カン・テオ(チュ・ジフン)は刑事キム・ヒョンミン(キム・ユンソク)に追加殺人を自白する。 刑事の直感で自白が真実であると確信したヒョンミンはテオが記した7つの殺人リストを信じ捜査に入る。 「これを信じられなければ捜査できない。まず無条件に信じ、最後まで疑おう」。テオの追加殺人は世に知られていない暗数事件。ヒョンミンはテオが嘘と真実を巧妙に操っていると知るが、捜査を諦めない。 だが、近づく控訴時効と不足する証拠により捜査は難航するのだが…。


このページが役に立ったら



ワウコリアのツイッターワウコリアのフェイスブックワウコリアのインスタグラムワウコリアのタンブラー
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介お問い合わせ
利用規約プライバシーポリシー

Copyright(C) AISE Inc.